映画: ショーン・コネリー祭り  ”ザ・ロック”

b0021101_16463149.jpgこの手の映画は自分から選んでは見ないジャンルですが、ショーンコネリーが出ていうという理由で借りてきました。ニコラス・ケイジとのハゲ対決~~~(笑)。ハゲの似合う人は好きなんですよ。竹中直人も結構好き。

ザ・ロックというのは、監獄のあるアルカトラズ島のこと。ここにテロリストとして民間人を人質にとり立てこもったエド・ハリス演じる准将が最新化学兵器をたてにお金を要求します。ザ・ロックに入り込むため、唯一の脱獄者であるショーン・コネリー演じるメイソンと、文系で研究者というタイプを上手く演じていたFBIの化学の専門家グッドースピードを演じるニコラス・ケイジが海兵隊員と共に乗り込みます。

映画は、文句なしに面白かった。エド・ハリスもいい。完全に娯楽映画ですが、アクションも見ごたえあるし、ほろりとするところもあってストーリーも悪くない。元英国情報部部員役というのはまさにショーン・コネリーのために作ったようなもの。ご老体ながら、びしっとアクションこなしています。体が本当に大きくて、しっかりしているのですね。いつも強い役が多いニコラス・ケイジが弱弱しい内勤FBI部員から、どうどうとした男に代わっていくところは見もの。しかし、ショーン・コネリーは渋くてかっこよすぎる。ジェラルド・バトラーなんて、彼から比べたらまだひよこのよう。タイトルさえ知らなかった映画ですが、これはめっけもんでした。あ~、すかっとした。

5点満点の★★★★
[PR]
by the_big_blue | 2005-07-02 16:47 | Entertainment