絶対みたい映画が見つかった: シンシティ

b0021101_22305844.jpg夏だってぇのに、イマイチ見たい映画がなくて腐ってたところ。”アイランド”も悪くは無かったが、インパクト弱し。SWシリーズは面白いのだろうけど、新シリーズになじめずまだ手を出していなし。エピソードIで懲りたから。ダダ券なら”妖怪大戦争”なら見てもいい。。

しかし、じゃじゃ~~ん、見たい映画が出てきた!Gerryの次回作はフランク・ミラーの"300"だそうですが、そのフランク・ミラーの最新作”シンシティ”(Frank Miller's Sin City)が10月上旬公開です!とにかく、出てる面子を見ただけでそそられちゃいます。ちなみにアメリカでは3月に公開済みでDVDもビデオも出ています。アメリカのサイトはココをクリック

ハゲの似合う男          ブルース ウィルス
整形して顔面土砂崩れのネコパンチ男        ミッキー ローク
エゲレスの正統派重い感じのいい男          クライヴ オーウェン
セクシーオーラは誰にも負けない         ベニチオ・デル・トロ
大人になってほしくないかわいい          イライジャ・ウッド
超意地顔は見かけアジアン中身米人         デヴォン・青木
パールハーバー&ブラックホーク以来駄作続き   ジョシュ・ハートネット
レザボアドッグスではハンサムだった          マイケル・マドセン

特別監督に天才なのか鬼才なのか不明の クエンティン・タランティーノ

監督はフランク・ミラーとタランティーノと良く組んで仕事をしているロバート・ロドリゲスの2人。ちょっと前まえ大好きだったジョッシュ君の出てる”パラサイト”は面白かったです。W監督を許さない全米監督組合をロドリゲスはこの作品でフランク・ミラーと共に監督するために脱退したそうです。すごい意気込み。

Sin(罪)の町というだけあって、ハードボイルドの暴力バリバリのすごいコミックのようです。1992年に一作目が出たそうな。多分、コミックを読んでさっぱりわからないでしょうね。スラングバリバリだろうし。映画も、なんだかわかんないうちにがんがん進んで、終わっちゃうのだろうけど、見たい!映画のエピソードは3つに分かれています。コミック版がそれぞれ対応しているようです。映画になっていない他のSin Cityもまだまだありますよ。アマゾンでポチッとしたいところですが、誰かアメリカに旅行にいかないかなぁ。

b0021101_19284953.jpgFrank Miller's Sin City: The Hard Goodbye (Frank Miller's Sin City)
はミッキーロークが演じているエピソード。



b0021101_1929897.jpgFrank Miller's Sin City: The Big Fat Kill (Frank Miller's Sin City)はクライヴ・オーウエンが演じるエピソード。



b0021101_19292214.jpgFrank Miller's Sin City: That Yellow Bastard 2nd Editionはブルース・ウィルスが演じるエピソード。
[PR]
by the_big_blue | 2005-08-21 19:28 | Entertainment