試写会: キャプテンウルフ (かなりオススメ!)

b0021101_026511.jpg今日は、3連休の初日。
今日は友達が当たった試写会に便乗してきmさひた。前回の試写会は”アイランド”だったけど、不完全燃焼。先日見た”シンシティ”も悪くは無かったが、楽しみ切れなかった。

”キャプテンウルフ”という映画は、ディズニーのコメディだということと、主演している人が、絶対金を払って見ることはありえない映画にでてる"ウィン・ディーゼル”という人が出ている程度の認識しかありませんでした。昼間、エアロビとヨガのクラスにでてから(えらいなぁ、私)、シャワーを浴びて爽やかに有楽町へ。

まずは、予告編を楽しみます。映画の予告編大好きです。
”チキン・リトル”もおこちゃま映画だけどよさそう。このキャラ、めちゃんこ可愛いではありませんか!ちょっと予告でぽろりと涙が出てしまったぞ。

”ナルニア物語”の予告もやってました。ふぉふぉふぉ、なかなか面白そうじゃないのよ。とりあえず、これは見に行くでしょう。来年の3月は先だな。"馬と少年”で止まっている私。

”フライトプラン”は、久々のジョディー・フォスター。彼女も年をとったなぁ。"アイランド”にも出演、最近でまくりの"ショーン・ビーン”が出ていて、なかなかドキドキ系で面白そう。でも招待券もらえば見に行くかな程度。

”SAYURI”は、見てて嘆かわしかった。日本の女性の話なのに、中国人だらけだ。チャン・ツィー、ミシェル・ヨー、そしてコン・リー。工藤夕貴もでてるけど、確かにこれらの面子にはかなわない。西洋人から見たら、中国人も日本人も同じなんだろうなぁと、ちょっと複雑な気分です。ミシェル・ヨーは、たしかミスマレーシアだったけど、中国系ですよね。彼女、好きなんですよ。グリーン デスティニーの彼女は、りりしくて、控えめで、光ってた。


さて、本編。出始めはシリアスな軍隊もの。初めてちゃんと姿を見るディーゼル君は、つるっぱげのいかつい男にしか見えない。といいながら、話にぐんぐん引き込まれていく。まじめに任務に励んでいた筈だったのに、なぜか一転ベビーシッターという重要任務につく事に(笑)。

~中略~

ネタバレという内容はないけど、お楽しみに内容は書きませんが、すげ~楽しいよこの映画。もう、涙流して笑いまくりです。さすがネズミーさん、笑いのツボを心得ております。笑い、感動、ホロリあり。出てくる子供も可愛いし、DVDが出たら買ってしまうかも。

字幕だったんだけど、見に来ていた子供たちが映画見てるあいだバカウケしてました。普通ならうるさいとか思うんだけど、逆に受けている声を聞くとこっちまで楽しくなる位、健全に楽しかった。しかし、子供が受けるところって微妙に大人と違うのね。ぬいぐるみ踏んずけただけでバカ受けしてたよ。

b0021101_130451.jpgしかし、予想外の掘り出し物が!意外にも、主演のディーゼルさんに惚れそうになってしまった。この人って、今までコミカルな役はやったことないそうです。あの優しい目と、逞しい腕、そして広くて頼れそうな背中に、くらり~~。一緒に行った友達も同じ発言をしていたので、たぶん今夜、多くの女性がディーゼル君のことをぐぐってる事でしょう。ここ最近はずっと、ヨーロッパ系の屈折した香りにクラクラきてましたが、彼のような直線で分かりやすい、いかにもアメリカ的な逞しさもやっぱいいわ~なんて思ってしまった。

おいおい、いままでの映画、何でてるのさ?
"リディック”、”ワイルドスピード” ”トリプルX”。どれも予告で皆みたことあるけど、こんなあほな映画みねぇよ~とスルーしまくってたのばかり。ちょっとTSUTAYAに通わなくてはならないかも。ちなみに、監督さんは"ウエディング・プランナー"の人だったのね。この映画、夢があって地味に好きでした。マコノヒーくんと、J. Loがなかなかいい味だしてたんだけどね。最近のマコノヒーはどっかいっちゃった感じですけど。

エンターテイメントとはこれだぜという感じの、心から純粋に楽しめる娯楽作品です。この単純な潔さに評価は、5点満点で★★★★1/2。
最後の1/2は、ヴィン・ディーゼル君にあげます。よくがんばった!「( ̄ー ̄)
[PR]
by the_big_blue | 2005-10-09 00:29 | Entertainment