ロンドンの ”レ・ミゼラブル” ベストキャスト投票

b0021101_1126622.jpg先日に引き続き、 John Owen-Jonesネタが続きます。非公式サイトのようですが、ロンドンのレミゼラブルのキャストのベスト投票が行われ、JOJがベスト ジャン・バルジャン(コルム・ウィルキンソンを差し置いて)に選ばれました。そして、the Best Ever performerにも選ばれております。素晴らしい!(*^。^*)

詳細はこちら → 
"Best London Les Misérables Performer ... Ever!"

そのほかには、ベスト マリウスには、マイケル・ボール。彼は、ALWの”オペラ座の怪人”で、ロンドンでサラ・ブライトマンとともに、ラウル役を演じたイギリスの国民的歌手です。

ベストエポニーヌには、リー・サロンガ。彼女は、ディズニーの映画でアラジンのジャズミンと、ムーランでムーラン役(fine dayさん、ムーランだよん)の吹き替えをやっている女優さんです。もともとは、ミスサイゴンの主役に抜擢されて有名になった人です。アラジンは大好きな映画です!

そして、エンジョルラスは、ラミン・カリムロー。ちょっと前まで、ウエストエンドのオペラ座の怪人でラウルをやってた人です。私がいって去年のロンドンの公演には出ていませんでしたが、パンフレットの写真は彼になっています。甘いマスクで、ラウルにぴったり。

来年の夏、来年の夏、JOJのバルジャンを見るなら、来年のなつまで(ぶつぶつ)
[PR]
by the_big_blue | 2005-10-09 11:26 | Entertainment