映画: リーグ・オブ・レジェンド と レイダース

b0021101_23325784.jpgリーグ・オブ・レジェンドを見る前に、久々に 冒険活劇の名作 ”レイダース 失われた聖櫃”を見てしまったので、時間がずれ込んでしまい、リーグ・・・まで行き着きませんでした。レイダースについて書く予定は無かったのですが、ついでなんで書かせてください。この映画は、いまさら語るまでもないですが、今見てもワクワクドキドキの、私の中の娯楽映画ナンバー1です。映画の時間は115分。当時にしては長いほうでしたが、あれだけのいろいろなシーンを盛り込んでも2時間以内にちゃんと収まっています。(さっき見た、”コレア大尉のマンドリン”に対する嫌味??)。インディ・ジョーンズを演じるハリソン・フォードはこの時まさに油の乗りはじめた旬の時代だったと思います。映画の中で、一番好きなシーンは、船の中で、マリオンに”痛くないところはないの?”と聞かれて、いたずらっ子みたいな顔して、自分の唇を指差すシーン。きゃ~~~、このシーンはなんかこっちが赤面しちゃうわ。あのシーンをみて、マリオンになりたいと真剣に思ったもんね。アクションとSweetな役もできる稀有な役者だった(なぜか過去形・・・)のになぁ。この映画、今は単品で購入することができず、インディ・ジョーンズ3部作のセット販売のみ。これはほしいですねぇ。セットには沢山の特典映像がついているようなので、密林のウィッシュリストイン入ったままです。ついでに書きますと、マイ娯楽映画ベスト2は”スパイダーマン”です。

*********************************

b0021101_23331680.jpgさてと、やっと映画見ましたよ。もう、夜中の1時半近くです。英国の超人達の集まり(リーグ)が、女王陛下の依頼のもと団結して世界制服をたくらんファントムと戦います。メンバーは下記の通り。
”ソロモン王の洞窟”のアラン・クォーターメイン
”ドリアングレイの肖像”の ドリアン・グレイ
”海底二万里”のネモ船長
”吸血鬼ドラキュラ”のミナ・ハーカー
"透明人間”のロドニー・スキナー
"ジキル博士とハイド氏”のジキル博士とハイド氏
”トム・ソーヤーの冒険”のソム・ソーヤー(アメリカから参加)

話はアクション満載、CGを駆使してて、なんだか豪華。出てくるノーチラス号(船)はなかなかスタイリッシュ。意外とお金かかってそうな映画ですが、ストーリーが全然わからないのよぉ!

でも、マントきて、仮面をつけた”ファントム”が出てきたり、墓場でショーンコネリーと戦うシーンがあったり、仮面舞踏会のシーンに花火が出てきたり、ベニスの水路など、なぜか”オペラ座の怪人”を彷彿とさせるシーンがあって、ちょっと勝手に楽しんでたりしました〔映画に全く集中していない)。

ショーン・コネリーは年は取ったけど、アクションにはまだキレがあります。この映画では executive producerに名前が出ていましたね。映画では、彼のよさはあまり出ていなかったな。とにかく、なんかさっぱり分からない話でしたよ。でも、なんか不思議でごちゃまぜな映画でした。最後に出てくるMの正体が、個人的に面白かったので、星を一つ増やしました。それでも、5点満点で★★だけどね。イギリス文学満載ですね(笑)。
[PR]
by the_big_blue | 2005-11-06 16:30 | Entertainment