これぞB級グルメの華:安くて美味しい ホワイト餃子

B級グルメ: ホワイト餃子ってしってますか?でブログを書いて依頼、オペラ座の怪人とダイエットの次にわたしの心を占めるもの、それは”ホワイト餃子”でっす。

私は食いしん坊です。高級で美味しいものは好きですが、それは当たり前!一番、価値があるとおもうのは、そうです、安くておいしいものなのです。素敵なレストランでのお食事も大好きだけど、こういうB級グルメも捨てがたし。

さてさて、”安くて美味しいもの”のまさに権化!に会うべくして会ってきました。ずっとずっと行きたくて仕方なかった、”ホワイト餃子”へやっと昨日行ったぞぉ。私が行ったのは、千葉県の柏店。隣の野田市に本店があります。”ホットヨガ”で毒素を排出したすぐあとに、駈け込んだぜ(すぐ近所なのだ)。餃子なんか食べて、プラスマイナスで-じゃないのかというお声もあると思いますが、そんなのじぇんじぇんきになりましぇ~~ん。

小心者のわたしは、お店に入る勇気が無くて、お持ち帰りを2度ほどして、がまんしていました。もう、憧れのまととなっていた餃子の店。家で一度、焼き餃子。そのあとは、水餃子にして食べてましたが、皮が厚くて美味しいのですよん。お店で焼いたやつ(焼き方が特別なのです)だったらどうなろうのだろうと、憧ればかりが先に立つ。ファストフードやさんと、立ち食い蕎麦屋には1人でも入れるようになりましたが、さすがにひとりでちゃんとしたお店や、こういうちょっと庶民的なお店はまだ勇気がないのです。

わざわざ千葉市から友人を、”ホットヨガ”で釣って、そのまま餃子まで引っ張ってきました。雨のせいか、お客さんはまだ並んでなくて相席ではいれました。見た感じ、常連さんが多い。ひたすら、餃子とのサシの勝負って感じ。

まずは、水餃子。これは普通の餃子とちがって、ワンタンみたいに小さいのだ。これに酢醤油とレモンをかけるとつるつるっと入っちゃう。1人前8つを二人で食べたら一瞬で消えた。じりじりと待つ事10分弱。やっと餃子10個が来た。これで一人前。結構大きいですよ。368円という今どこ考えられない値段。見かけは、小さいお稲荷さんというべきか、小さい揚げドーナツと言うべきか。まるくてかわいいのだ。これを一つづつ引き離し、まるい餃子をたれにつける。皮は揚げた状態になっているので結構固い。ぷすっと穴をあけて、つぶしてたれを付ける。皮がパンのようで、固めで厚いので食べ応えがある。そして、種はほのかにシナモンの味がする。好き嫌いが真っ二つに分かれると思うが、わたしはとっても気に入ったぞゾ。またお土産を買いにいくだろうし、お店にも来たい.いかん、こんなお店とであったのは運のつきだ。ダイエットとの折り合いをどう付けて行くかが問題だわね。月に1度、餃子の日を設けようかしら(苦笑)。

二人で水餃子8つと焼き10個じゃ当然足りなくて、あと10個追加した。1人550円チョイだった。多分、焼き餃子を20個食べたら苦しくてパンパン(でも食べれると思う)。15個だったら、ちょっと満腹という感じだろう。わたしはビール飲まないけど、飲む人はさぞかしうまいだろうなぁと想像します。

家に帰って、冷凍庫にはいってた冷凍の”ホワイト餃子”を水餃子にして、トウバンジャン、香酢、しょうゆ入りのたれでたべたら激うまだった。あ~~~、やっぱりおいしいもんって、人があつまっていくんだよね。今度は、野田の本店で食べてみたいものです。
[PR]
by the_big_blue | 2005-12-05 12:55 | Gourmet