すでに シャープ禁断症状

借りていた”炎の英雄シャープ”のビデオ3話分を見終わってしまい、すでに禁断症状。友達に探りを入れたけど、すぐには続きを借りられそうにも無いみたい・・・。やばいっす、禁断症状が。仕方ないから、原作でも読もうかと探したけど、もう売ってないみたい。図書館を調べたらあったので、早速予約(ネットで予約ができるのだぁ)”炎の英雄シャープ 奇跡の秘宝”が一作目だそうです。 古本で探せば買えるかな?

b0021101_148412.jpg炎の英雄シャープを見ていてめちゃめちゃ気になった俳優さんがいるのですよ。まだ、3作しか見てませんが、1話、2話に出ていて静かだけど凄くインパクトのあるおじさん(ホーガン大尉)。これまた、話し方が恐ろしくやわらかく美しいのです。全然聞き取れているわけじゃないんだけど、英語が凄く綺麗にきこえるんです。どんな人かと調べたら、ブライアン・コックスさんという人で、なんとスコットランド出身でした。一見、ヒスパニック系かと思われる濃ゆいルックスだったのですが、あれはスコットランドの濃さだったのですね。

トロイでアガメムノン役をやってたらしいし、ボーンスプレマシーにも出ていたらしい。どちらも見てるけど思い出せない。でも、初めて見たという気がしないのは残像がのこっているのかしら。恐るべしScots。そして、スコットランド人だからといってみんななまっているわけではなさそうです。Gerryがんばれよ~~、といいつつ、Gerryのあのアクセントがセクシーなのである。

といいながらも、最近は心はビーン寄り。つうか、レオニダス大王は撮影に忙しいようなので、あまり情報が入らないんだもんね。そういえば、”The Game of their lives”が密林米で販売になったらしらせるぜサービスが始まったようです。これはB級のようだから、安いほうを買おうかと考え中。もち、フランキーは買うよん。
[PR]
by the_big_blue | 2006-01-10 14:11 | Entertainment