映画: クローサー

b0021101_0421513.jpgさて、今は夜の1時。今から”クローサー”を見ることにします。見ようと思いつつ、行けず終わった映画の一つ。2人のイギリス男と2人のアメリカ女の四角関係の話らしいのですが・・・。
       *映画鑑賞中*
イギリスの時代劇や、健全で心温まる映画ばかり見続けていたので(苦笑)、この手の映画には頭と心が付いていかなくなってしまったようだ。うりゃ~~~、めんどくさい奴らの映画だ。くっついたり分かれたり、まだくっついて分かれたり。なんだ、このうじゃうじゃしたイギリス男たちは!

そもそも、でも、この4人のキャスティングが合ってたのかなぁ?わざとギャップを狙っているのかな。クライブさんは、ただのスケベなおっさんだし、ジュリア・ロバーツはやつれてるし、ジュードロウは辛気臭いし。とにかく、ジュード・ロウが昔から好きになれないのよね。なんで、美形と呼ばれてもてはやされているのかが分からん。唯一がんばってたと思うのは、ナタリー・ポートマン。

はっきり言って中身がない。1時間40分で終わってくれてほっとした。それでも退屈した。理屈っぽい会話、お互いの言葉遊びを楽しんでるみたい。頭にあるのは、寝たか、寝ないか、相手がどうだったのか?そればっか。彼らの会話は面と向かったチャットのようだ。これを都会的とか、スタイリッシュな映画というのかしらね。

ごめん、あたしにゃ分からんこの世界。5点満点で★。(マシュー・マコノヒーとペネロペちゃんの”サハラ”にも★一つでしたが、それと一緒だよ)おっと、もう3時半。寝なくっちゃ!
[PR]
by the_big_blue | 2006-01-22 00:56 | Entertainment