"銀河ヒッチハイクガイド”はめちゃめちゃ変な世界!

b0021101_9454437.jpg銀河ヒッチハイクガイドをやっと読みました。こんなにおバカで、馬鹿げて、ふざけて、むちゃくちゃで、へんちくりんな話があるだろうか!?久々に読んだ超越的娯楽作品です。あたしはこのわけわかんない世界がとってもツボに入ってしまったよ。好き嫌いは真っ二つだとおもいますが、私は好き。

映画もぜひ見たいですね。ちなみに、イギリスの作品です。ちょっと前に公開された映画のDVDが、3月半ばに発売になるみたいだし。それにしても、この本の翻訳は、ベーオウルフ並に(文学者さまに失礼ですね)大変だったろうなと思います。言葉遊びや造語が多いし、超真面目に不真面目なことが書いてあったり、支離滅裂だし。この変な世界の雰囲気がイマイチ雰囲気が分からない方の為に、抜き書きしてみます。余計わかんなくなったら、ごめんなさい。

「子供の頃におふくろの言ってたことを聞いときゃよかったと本気で後悔してるよ」
「へえ、なんて言ってたんだ?」
「だから聞いてなかったんだよ!」

とか

「きみ、ペンギンになりかけてるよ、何とかしろよ」

とか

「もしそんな機械が事実上不可能だとすれば、論理的に言って、その不可能性は有限のはずだ。。とすれば、それがどのくらい不可能なのか正確に計算し、その数値を有限不可能性生成機械に入力し、火傷しそうに熱いお茶をいれてやれば・・・あとはスイッチをいれるたけでいいのではないか?」

b0021101_9463381.jpgとう、むちゃくちゃでしょ?さて、この次は”宇宙の果てのレストラン”をでございます。名前しかしらない”モンティ・パイソン”の世界もちょっと見てみたいなぁとおもう今日この頃。
[PR]
by the_big_blue | 2006-02-16 09:47 | Entertainment