悩ませてくれるぜ、”ふじもと”のベーグル

最近は、このまえ楽天で21個ふじもとのベーグルを買ったので、それを中心に食べてます。パンパンだった冷凍庫の残りもあと少しになってきました。21個も一度に手に入れてしまうと、なんだかありがたみがなくなっちゃうのですよ。ほら、3つしか買ってないと、大切に食べるじゃないですか。しかし、これだけあると、朝と晩と夜に食べてみたり、家族にもおすそ分けして食べたりと、ベーグルの無駄食いをしてしまうのです。そのため、ますますありがたみが薄くなり、ふじもとの評価も低くなってたりするわけです。

先日、ベーグルKのハードとセミハードの評価でも悩まされました。しかし、2度実験をして、自分はセミハードが好きという結果がでて納得したわけですが、今度は”ふじもと”に悩んでいます。味の好みは個人差があるとは思うのですけどね、ふじもとは評判が良いのに、私はいまいちぴぴっとこないのですよ。

・ふじもとの am/pmは、何度も食べてみたけど、絶対まずいとしか思えない。
・ふじもとのらしい Tully'sのベーグルも2回食べたけど、特に感動がない。
・ふじもとのらしい HOKUOのブルーベリーベーグルは大好き。

と、純正ふじもと(?)でないベーグルの好みがばっくり分かれています。そして、通販で買ったアメリカン、カナディアン、クーペルズも悩ましい。ベーグルの種類、ベーグルのフレーバー、食べ方(焼く、焼かない、自然解凍、レンチン、トースター)、サンドイッチの具、時間(すぐ食べる、時間がたってから食べる)等、天文学的パターンの組み合わせがあり、毎回印象が変わります。

基本的に、クーペルズは、ハードでけっこう好きです。
カナディアンは、いまいちどういうベーグルなのか良くわからなかった。
アメリカンはやわらかくて、つまらんと思ったのですが、今日、ランチにクリチサーモンサンドにしたら(ごまベーグル)、とっても、もっちりしていて素晴らしく美味しかったのです。これはアメリカンが美味しかったせいなのか、それとも黄金の具であるクリチ&サーモンが良かったのかは分かりません。だって、この組み合わせで食べたら、どのベーグルでも美味しくなる気がするんですもん。

ということで、ふじもとは、未だミステリアスな存在です。

☆追記します(2月21日)☆

いつもランチに持っていくときは、前の日に冷凍庫から冷蔵庫に移しておいたベーグルを二つに割って、軽くトーストして、具をはさむだけの超シンプル工程で作っています。今日のランチは、カナディアン(プレーン)にクリームチーズとスモークサーモン。この黄金コンビをはさんで、ブラックペッパーをごりごりして完成。昨日は同じ中身をアメリカンで作りましたが、これを上回る美味しさ。若干アメリカンよりは歯ごたえは増しますが、セミハードと呼ぶにはすこしやわらかい。軽さのあるアメリカンより、どっしりして、ねとねと感がぐっと増えます。このぬっちゃり感は、歯についてかなり食べにくかったりしますが、これかなり好きです。

ということで、ふじもとはますますミステリアスな存在です。私の中で、評価が急に上がってきました。

☆追記します(3月3日)☆

今日はふじもとのクラシック、シナモンレーズンを食べました。かなり評判がよいようなのですけど、やっぱり私には特に美味しいとか、特にもちもちとかも感じることが出来ず終わっちゃいました。少しハードになったアメリカンという感じかなぁ。でも、”クーペルズ”は結構好きです。あとは、店舗に買いに行って、イートインもしてみたい。

☆追記します(3月5日)☆
通販したふじもとの最後にとってあった、クーペルズのゴールディーブルーベリー。沢山のブルーベリー(小粒)がごろごろ入ってて、生地も歯ごたえがあってなかなかいける。クーペルズだったらリピートしたいな。さて、いつお店に行ってみようかな。
[PR]
by the_big_blue | 2006-02-20 16:32 | carrot cake, bagels