レミゼラブル 10周年コンサートを堪能!

b0021101_1936253.jpg今日は、映画デイだぜ。イギリス密林でゲットしたDVD、 Les Miserables -- Two Disc Collector's Edition を見たよん。

"オペラ座の怪人”に関しては結構詳しいですが(笑)、レミゼについては、バリバリ初心者です。レミゼに興味を持ったのは、元ロンドンファントムの John Owen Jonesがファントムの後にバルジャンを演じると知ったから。でも、今年の6月位で終わっちゃうような話もある(未確認)。辞めるみたい。ミュージカルは一年前に、帝国劇場の今井さんバージョンを見ました。元ファントムの今井さんの声が好きなので、生で見られて大感動したなぁ!

ロンドンオリジナルキャストであるコルム・ウイルキンソン(バルジャン)は意外と伸びのある、若々しい声。元ラウール役のマイケル・ボール(マリウス)も出ています。彼の安心できる温かい声と、ほっぺのえくぼが好きです。アルン・アームストロング(テナルディエ)も再演。

ブロードウェイからは、ミスサイゴンで有名になった、アラジンのジャスミン姫もやっていたリー・サロンガ(エポニーヌ)。彼女は上手いし、すごい迫力。ジュディ・キューン(コゼット)とマイケル・マグワイア(アンジョルラス)もアメリカから参加。後のロンドン・キャストからルーシー・ヘンシャル(ファンテーヌ)。フィリップ・クォスト(ジャベール)が上手い。オージーらしいよ。映画”マスター&コマンダー”のシンデレラマン(誰のこっちゃ)に似てる気がする。

バックコーラス(Choir)でJohn Owen Jonesも出ていたそう。探してたけど、見つからず。さすが世界のレミゼ、キャスト全員の歌唱力は抜群。日本の密林でこのDVDを買うと、6300円(字幕付き)もするだけど、英国密林だったら、ディスク2枚のコレクターズエディションが半額(字幕はないが)だよん。150分の本編と、57分の特典付き。買ってソンはなし!

アマゾン(日本)の説明より一部抜粋します:

世界中にセンセーションを巻き起こしたミュージカル『レ・ミゼラブル』の10周年記念コンサートビデオである。1995年の本作は夢の競演とも言うべきそうそうたる顔ぶれなのである。ロンドンからオリジナルキャストのコルム・ウィルキンソン(バルジャン)、マイケル・ボール(マリウス)、アルン・アームストロング(テナルディエ)らが再演を果たし、ブロードウェイからはジュディ・キューン(コゼット)、リア・サロンガ(エポニーヌ)、マイケル・マグワイア(アンジョルラス)らが参加。後のロンドン・キャストからルーシー・ヘンシャル(ファンテーヌ)、オーストラリアからフィリップ・クォスト(ジャベール)も名を連ねている。このコンサートの形式は、いわゆる舞台劇というよりは劇仕立てのカンタータ、といった趣で、スタンドマイクの前で歌う役者のバックにコーラスとオーケストラを配している。役者たちは衣装を身につけており、ちょっとした演技も披露するし、クライマックスのバリケード・シーンに代表される要所要所では劇中の場面にも切り替わる。ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団の演奏は素晴らしく、200名のコーラス員(ロゴ入りTシャツを着用)が立ち上がって歌う「One Day More(ワン・デイ・モア)」などの全員コーラスは感動で身の毛もよだつほど。

PS
Disk 1の最後に世界のバルジャンが集まって合唱するシーンがあるんだけど、日本からは鹿賀丈史さんが出ています。アジア唯一のバルジャンです。真ん中で歌わせてもらってて、立派に歌手間した。なんか、感動しちゃって胸が一杯になったわ。
[PR]
by the_big_blue | 2006-02-25 20:00 | Entertainment