映画三昧: ”遠い空のむこうに”

いやはや、昨日は一日テレビ見まくってました。本当は、朝に図書館と買い物行ってから、午後はスポーツクラブに行くはずだったんだけど、急にどうでもええわという気分になって、テレビ三昧することにしました。

1) http://www.wowow.co.jp/extra/ewan/
まずは、ユアン・マクレガー大陸横断バイク旅のビデオ。”Long Way Round”というのがオリジナルタイトル。これをWow Wowでやってたのをビデオに撮ったのを全部見ました。4時間ぐらいかかっちゃったなぁ。ロンドンからユーラシア大陸を走ってNYに至るまでの旅なんだけど、これは面白いよ。毎回、想像もしないトラブルに巻き込まれるんだけどちゃんと解決しちゃうんだよね。ユアンって人間的にも魅力ありますね。

2) そして、前回のアカデミー授賞式。これは、例年ほどは面白くなかったな。まじめな作品ばかりがノミネートされてたし、出てくる人も目新しいひともいないし。Gerryも当然でてきやしないし、司会のギャグもすべりまくってたし、構成もつまんなかった。ビデオを早送り飛ばしながら見てましたが、名誉賞のロバート・アルトマン監督を見られたのは良かった。彼の、”ゴスフォードパーク”は、人間模様を書いた映画としては秀作!おすすめです。

3)そのあと、たまたまテレビをつけたら野球やってるから、アンチ野球派なんだけど、燃えましたねぇ。にわかファンです。みんなえらい!!!イチロー、かっこいいぞ。もっといやなやつかと思ったら、人間味があるじゃないか。王監督もすごい。ほかのみんなも、はじめてみる人が多いけど(すまぬ、にわかなので)、みんな爽やかだった。日本人に生まれてよかったなんて思っちゃいました。いやはや、諦めなければ何でもできるんだなぁ。自分自身に反省。

b0021101_174352.jpg4)野球も買ったし、まだ映画見る時間がある。アカデミーをのがした”ブロークバックマウンテン”にでていた、ジェイク・ギレンホール(私の嫌いなキルスティン・ダンストとまたヨリを戻したらしい)の作品は一度もみてない。ジェイクくんの作品、"遠い空の向こうに”というのをテレビ録画していたの思い出した。若いジェイクくん発見。1999年の作品だから、彼が18歳ぐらいのころになるのかな。かなり幼く見えました。恐ろしいお父さん役をやらせたら天下一品の”クリス・クーパー”さんは当時からいい味出しています。これは、base on a true storyなので、見ているほうも気持ちが入ります。ジェイクくん自身は、すごくインパクトがあるわけではなかったけど、この映画はなかなか良い映画であった。夢を持ちつづけていれば、必ずかなうというありがちなお話ではあるが、事実なので、説得力がある。自分からは絶対見ないお話(ロケットをつくる少年たちの話)だったから少し得した気分。今日の野球じゃないけど、人間、がんばればなんでもできるんだなぁ。映画は5点満天で★★★1/2。

5)ラストは撮りだめビデオの山から”眺めのいい部屋”。何十本とあるので、見ては捨てていかないとね。しかし、久々にみたこの映画は新鮮だった。今見ると恐ろしく現実離れしたお話なのでありました。これって20年以上前の映画だったのだ。ジュディ・デンチもマギー・スミスも見た当時はすごいおばさんに見えたのに、今見ると意外に若かったんだなと。宝生舞(いまどうしている)みたな生意気そうなヘレン・ボナム・カーターも、今のチャーリーに出ている彼女とは別人だ。”モーリス”にでていたにいちゃんが、主役の弟役ででていたのも懐かしい。

いやはや充実の一日でした。しかし、映画見るのは時間がかかる。休みがつぶれちゃうね。平日に睡眠減らして見るか・・・。
[PR]
by the_big_blue | 2006-03-22 15:04 | Entertainment