肩の力を抜いて生きたいな~: 読書 かもめ食堂 by 群ようこ作

b0021101_9181563.jpg映画が大好評の"かもめ食堂”。その原作本を読みました。書き下ろしだそうで、読んでいるそばから、主演の三人(小林聡美さん、片桐はいりさん、もたいまさこさん)の姿が生き生きと目に浮かびます。

多分、映画を想定して書かれたのでしょう。展開やセリフや出演者像もほぼ同じ。多少、映画では語られなかった背景や話があるので、ふむふむと一気によんじゃいました。本だけで読んでも十分面白いし、映画をみた後でもおすすめです。

作者の群ようこは昔から好き。ユーモラスで、洞察がするどくて、文章も上手い。沢山本を読んでて、書評もうまい。その昔、私は椎名誠の大ファンで、彼が編集長をしていた"本の雑誌"が大好きだった。この雑誌、昔はいつ発売かも毎回不明で、なかなか置いてあるところもなく、ミニコミ誌みたいに怪しく、手作り感覚のある楽しい雑誌だったんですよ。今も好きだけど、ちゃんとしちゃってます。群ようこさんは、この"本の雑誌"で事務していたんですよ!それを知って、さらに好きになりました。淡々とした熱意が素敵な作家さんです。もたいさんとは、実生活でも猫でのつながりがあり、お隣にお住まいだと記憶しています。

なんか自分の姿と重なる部分がある映画の三人。世間の"年だから"、"結婚しなきゃ"みたいな枠ぐみをものともしない姿勢が羨ましい!毎日毎日、満員電車で痛勤して、有給休暇はたくさんあまってるのに休みもとらせてもらえず、理不尽な田舎根性だらけの会社生活から飛び出したくなります。心と時間のゆとりが欲しい。

宝くじ買って当てたら、絶対どこか行ってやるわ!(本を読めば意味がわかります)
[PR]
by the_big_blue | 2006-04-07 07:56 | Entertainment