イ・ドンゴンの映画 "マイラブ リンリン”

b0021101_0312136.jpg”ガラスの華”に主演しているイ・ドンゴンのほかの作品が見たい~~。Gerry,ちょっと浮気させてね。

”B型の彼氏”という映画を借りにTSUTAYAに行ったんだけど、借りられなくて、"マイラブ リンリン”というのを借りてきた。中国と韓国との友好記念のドラマらしく(日本で言う深キョンとウォンビンの”フレンズ”みたいなもんかな。こっちも見ていませんが)、主役はイ・ドンゴンと中国の女優さん。

映画は、はっきり言ってC級。辛い110分。というのが、主役の中国の女の子が激しく魅力がない。千里子みたいな、荒川静香にも似てる皮の薄い貧相な顔してて、演技も歌も踊りも拳法もへたくそで、全く共感できない。下手な韓国語も耳障り(韓国語が全く分からないのに耐えられない)。これをどう料理したら歌手として羽ばたくのか・・・・と思いながら見てた。最後に歌手デビューするんだけど、最後までへたくそで聞いてられない歌唱力でした。なぜ、彼女が相手役なのかなぁ?

この映画の唯一の魅力というのは、イ・ドンゴンがピアノで弾き語りをするシーン。最後に歌いはじめて、うぁ~~(^。^)と思ってたら、途中でまたこの中国娘が出てきて邪魔された。イ・ドンゴンの歌はすごく上手だ。あと、BGMでかかる女性の歌はとっても上手です。これは聞く価値があります。

イ・ドンゴンくんは、こんなヘンな作品にでちゃって残念だわ。五点満点で★
[PR]
by the_big_blue | 2006-07-15 01:33 | K-POP, drama, movie