腐らないって??

アロマテラピーに興味を持ち始めると、自分でいろいろな物を作りたくなりますよね。
バスソルト、バスボム、石けん、トリートメント、ヘア&フェイスパック、マッサージオイル、化粧水、クリーム  などなど。
でも、自分で作った化粧品って防腐剤や保存料が入っていないから長くもたないんですよね。現に、この前作った”なんちゃって天使”は、一週間でカビが生えちゃったのだ。
ガッビーン。
使う分か2日分だけをその都度作らなければと反省!!!

家の周りを見回すと、10年前(は大げさかもしれないけど)や数年前にかったリップ、アイシャドー、トリートメント、スキンケア商品がごろごろ出てきます。
クリーム等の油ものは酸化して匂いが変になるから分かりやすいけど、数年前の化粧水なんで全然使えそうな感じです。
すごいのはどれも腐らないのだ!
自分で作ったものは、匂いがすぐ抜けるし、色も褪せるし、カビも生える。
腐らないのってすごいけど、逆を考えたら、怖いと思いませんか?
何もしなければ腐る物が腐らないんだから。

ちょっと話はそれますが、香りに関して言えば、エッセンシャルオイルの香りだった、永遠には香りません。お風呂に入れたときなんて、最初にウァっとくるぐらいで後はほとんど匂いが消えてしまします。ずっと残るものは人工の香料の場合が多いです。
人工のものに慣らされているのですなぁ。

腐らないのがあたりまえの世の中だけど、普通は腐るんだという考えを忘れちゃいけないと思いました。
うちの母親なんて、冷凍庫に入れておけば永久保存できると思っている(言い過ぎ?)。
私は、ストイックじゃないから、完璧にすることは出来ないけど、自分に無理のない範囲で保存料や防腐剤(食べ物だとハムとか、ソーセージはかなり体に悪いらしい)をなるべく取らないように考えて、買い物をしようと思いました。
[PR]
by the_big_blue | 2004-10-13 10:24 | hand-made, cooking