有給無しの週末ソウル旅行記ー2日目(その1)

*二日目(日曜日)*

昨日ソウルに着いたと思ったら、もう今夜はソウルを離れないとなりません。なんだかとっても短いけど、密度は濃いです。でも、やっぱり時間が足りない。また、行けってことね!

腹が減っては戦が出来ぬ。まずは、腹ごしらえでしょう。韓国には食べたいもんが沢山ありすぎて困る。参鶏湯(サムゲタン)もはずせないってことで、朝ごはんからこれですわ。明洞では有名な、百済参鶏湯(ぺクチュサムゲタン)へ。
b0021101_2221477.jpg

薄暗い店内には、1組しかお客さんがいませんでした。入り口のところでは、喧嘩してるんじゃないかと思うような声を張り上げたおばちゃんたちが仕込みをしていました。相変わらず愛想が無いです。ここは40年近い伝統があるお店だそうです。明洞のど真ん中にあります。
b0021101_22221699.jpg

店内はとても広いのです。
b0021101_22241211.jpg

出てきた参鶏湯!汗をたらしながら食べました。疲労回復に効果があると言われている料理です。私達にぴったりやんか。ウコッケイの黒い肉を使ったのが有名だそうですが、我々は普通のにしました。鶏肉のなかに、ご飯、ナツメ、人参、にんにくなど入ってます。食べ応えあり!11000ウォンだったかな。すっげ~~~美味い!韓国はまじで美味いわ。どうも、韓国の食べ物のことを書くとびっくりマーク(!)が増えてしまう。
b0021101_22311721.jpg


朝ごはんのあとは、地下鉄にのって 仁寺洞(ニンサドン)へ向かいます。ここは、骨董品やら、工芸品を売るお店が沢山あるところです。観光客でいっぱ~~い!地下鉄で一回乗り換えて行きました。ハングル読めないと、地下鉄とか乗るのがちょと大変でした。ハングルぐらい読めるようになっとかなきゃ。
b0021101_2236361.jpg

屋台でこめはぜらしきものを売っていたおじいさん。
b0021101_2238087.jpg

日本とそっくりの駄菓子屋さん。うられているものがブルースリーとか、すごかったりする。
b0021101_22572651.jpg
b0021101_2239386.jpg

屋台も沢山出ています。ここで、このサツマイモを揚げたようなのを買いました。素揚げといった感じで素朴な味。
b0021101_2241176.jpg

なぜか不思議なのは、アメリカンチェリーを紙コップに入れて売ってるんですよね。日本ではありえない。チェリーが人気なのでしょうか。そして、ついに見た!どうも、カブトムシくさい臭いがするなぁと思ったら、あの”さなぎ”を煮たやつが~~。もちろん、食べません。写真の後ろの方にある、黒いヤツがそれね。
b0021101_22423334.jpg

ここで買った韓国風のポーチ。なかなか素敵でしょ。
b0021101_23161550.jpg

姪達のお土産にかったストラップ。1000ウォンですって!安い。
b0021101_2317563.jpg

通りを一本入ると、昔ながらの街並みがちょっと残っています。この扉、すごい立派。
b0021101_22435217.jpg

15年前に韓国行ったときは、こんな雰囲気がまだあったんですよね。無くなると寂しいな。
b0021101_22444941.jpg

そして、怪しい物を発見。温泉マークだ!ラブホテルだ~~と思ったのですが、噂によれば韓国はラブホテルも普通の旅館も一緒なんですってね。な~んだ。
b0021101_22455644.jpg

仁寺洞は、韓国っぽいお土産を買うにはぴったりです。あと、観光の伝統茶を楽しめる茶房も沢山あるので、時間がある人は行くことをお勧めします。途中で食べた、抹茶のカキ氷がめちゃうまだった。韓国では今抹茶味がブームだそうです。カキ氷は、絶対に日本より美味しい。
b0021101_2325049.jpg

わき道とかずんずん入って行ったらもっと面白いところがありそうなエリア。かなり開発の手が伸びているようです。でも、昔の町並みがまだ残っています。
b0021101_23221998.jpg


その2に続く・・・・
[PR]
by the_big_blue | 2006-09-30 22:59 | K-travel, gourmet