美化しすぎ・・・?

b0021101_2283073.jpgはっきり言って、今の私はヨン様が結構好きだし、イ・ドンゴンのファンだし、韓国料理も大好きで、最近は月に1、2回は新大久保にグルメツアーを敢行。今月から、NHKハングル講座もスタートしました(独学は堅い意志が必要だ。習いに行きたいな~)。

そんな状態の私が見つけた雑誌、Suッkara。表紙が可愛らしくて思わず手に取ったら、韓国の文化や暮らしを今時のLOHAS風に仕上げた雑誌でした。天然生活やクゥネルの韓国バージョンといった感じ。これは今までに無かった雑誌だし、今まで有り得なかった雑誌でもある!同じアジア人として共感を感じる部分と異国だと感じる部分があり、面白くて読み応えがある。(果たしていつまで刊行されるのか・・・)

かなり気に入った雑誌でしたが、最近流行りのこの手の自然回帰系の雑誌にも共通する"偽善"の香りも感じたりしてね・・・(天邪鬼なんです、私は)。韓国を美化しすぎやないかと思うのですよ。上澄みだけを掬っている感じなんだよね。韓国のおねぇ様方が綺麗なら整形しなくてええだろうが~?とか疑問がわく。

"韓国から帰ってくると肌がツヤツヤしてるといわれませんか?"だの"韓国には綺麗な女性が多い"なーんて書いてあるが、ほんとかいな!!と思う。確かに事実でもあるが、そんなにウヨウヨもしてないぞ。雑誌には美人ばかり載ってるが、そんな美人には出会わなかったよ。

八月にソウルに行って、いわゆる見映えのいい男性は全然いなかったし、背も低かった。私が行ったあの週末だけ、ハンサムガイは兵役に就いて居たのか?韓国に行った友人はこぞって、ハンサムなんかいないと言う。

女性も凄い美人を目撃したのは、大韓航空の冷たいスッチーとロッテホテルのチマチョゴリをきた案内の二人だけで、あとは意外と化粧も薄く普通じゃんという印象。よっぽど日本人のが綺麗の平均値が高いんじゃないかとまで思った。

おじちゃん、おばちゃんたちは、いい人もいたが、愛想の悪い人の方が多かったぞ。日本人好きな韓国人もいるが、嫌いな韓国人のが多いというデータも現実としてある。

もともと、韓国の文化には日本人と違い誰にでも愛想良く笑いかけるのが良いという概念がないので、愛想なくても私は納得してるし、それで韓国を嫌いになることもない。

ちょっとそれますが、NHKのラジオ講座の10月号のテキストで、シム・ウォンソブさんという方が”韓国人なんでも文化学ー韓国人の微笑み方”というエッセーを書かれています。これが実に分かりやすく、面白い。是非、チャンスがあれば、本屋でも立ち読みしてみてください。微笑みについての考え方、態度が文化によって違うついことを書いています。

と、話は戻ってと、この雑誌に漂う過剰美化の雰囲気に少しネガチブなものを感じてしまったのです。綺麗で素敵なだけじゃない、どろくさく、ずうずうしい韓国の姿もあり、そのたくましさがまた魅力でもあるわけですよ。少し毒(リアリティ)を足すと、この雑誌は良くなるだろうな。がんばって欲しい!これは、文句じゃなくて、エールです。
[PR]
by the_big_blue | 2006-10-24 20:42 | K-POP, drama, movie