映画:ホワイト・ライズ

b0021101_114204.jpgちょっと風邪気味なので、この連休はお篭りすることにしました。気分も盛り上がらないし、出かける気力が無い。映画をまたレンタルしてきちゃいました。今回は、久々の洋画、"ホワイト・ライズ”です。結構好きなジョッシュ・ハートネットが出ています。相手役に、ナショナル・トレジャーやトロイのダイアン・クルーガー。

ラブサスペンス映画なんですが、ジョッシュ君、この映画では彼の良さが出てない。パールハーバーやブラックホークダウンのときのような、若々しい美しさのピークは過ぎたなぁ。もちろんいまでもハンサムだけど、あまり、いい感じに年を取ってないというか、この映画はあまり似合ってない気がする。(ブラックダリアはかなり木になっているんですけどね)ダイアン・クルーガーはとっても美人だと思うんだけど、冷たくて暖かみがないの。美男美女ではあるけれど、この2人に感情移入が出来ない。

ネタバレになるから細かい話はいえないけれど、ストーリはよく出来ています。あれま~というかんじで面白いんだけど、どうもすべて兼ね備えた2人よりも、もう一人のほうに気持ちが入っちゃうなぁ。最後も面白くない。ということで、ジョッシュのファンですけど、5点満点で★★1/2。

しかし、なぜ、タイトルがホワイト・ライズなんだよぉ~~~~~~~~。原題は Wicker Parkだよ。 whilte liesといったら罪のない嘘でしょ?ばりばり罪ないか!?
[PR]
by the_big_blue | 2006-11-03 01:22 | Entertainment