クライヴ・オーウェンの映画 見直しプロジェクト(第三弾) ”ボーン・アイデンティティ”

b0021101_235441100.jpgクライブ・オーウェンの出演作で、過去見た映画の見直し、第3弾は、"ボーン・アイデンティティ”です。

今、店頭で980円で売ってます。マット・デイモンはハンサムではないけれど、アメリカの好青年という感じで、親しみやすいですね。今回は、かなり身体を鍛えてましたね。たぶん、実物はかなりハンサムだとは思いますが・・・。

この映画、例のごとくなんとな~~く(最近自分の記憶力に自信がなくなって来ました)しか覚えてないのでした。相手役の女の子もイマイチ華が無い(ラン・ローラ・ランのおねえちゃんらしいですね)。癖有りで結構好きな クリス・クーパー(アメリカン・ビューティの怖いお父さん)も出ています。フランス、スイス、ドイツをまたにかけたスパイ物。アクションシーンもあるし、それなりに面白いけど、一度みただけだと記憶をなくす程度の娯楽映画かなという感じです。

肝心のクライブさんですが、前回見たときは私の目を完全に素通りしていました。丸いメガネかけているのだけど、これが似合わないのだ。いつものワイルドな雰囲気ではなく、真面目なサラリーマン(確か教授というコードネームでしたね)みたいで、全然かっこよくない~~。出番が少ないや。980円でも買わないぞ。やっぱりこれは、マットくんの映画だったのです。

ということで、あまり書く事もないなぁ。5点満点で★★★。この映画は、以前と評価は変わらないです。クライブさん的満足度はかなり低し。
[PR]
by the_big_blue | 2006-12-01 00:04 | Entertainment