今頃ですが・・・クリスマスプディングを食べてみた~

クリスマスプディングをゲットした ← 昔のブログ

b0021101_2015746.jpg2年前の今ごろは、ロンドン旅行の直後で、イギリス熱に浮かされていた頃でありました。2005年のクリスマス前に、イギリスでクリスマスに食べる伝統的ケーキ ”クリスマスプディング” を成城石井でゲットした私なのでしたが、その頃厳しいダイエットをしていた私は、食べそびれてしまったのでした。クリスマスプディングのゲット話については、上記ブログをご参照ください。

クリスマスプディングとは何ぞやと思われた方にちょっと書いておきます(英国大使館サイトより要約させていただきました----英国では、クリスマスになると2500万個ものプディングが家庭で作られ、1500万個がホテル、レストランなどで出されるそうです。ドイツ系のジョージ1世がイングランドでのはじめてのクリスマスを迎えた1714年に濃厚な味の干しブドウ入りのプディングを口にしましたが、これによって、プディングの人気に火がつき、人々がこれをまねて作るように鳴り、1836年になるとクリスマス・プディングと呼ばれるようになったそうです。家庭で作るときは、プディングのなかに、小さな飾り物やコインを入れて置くそうです


そして、去年のクリスマスがやってきました。このときも、うっかり食べるのを忘れてしまいました。ということで、食べたのは、今日。お正月で~す。でも、ご安心を、このプディングの賞味期限は、2007年8月30日です。(こんなに持つってのも、違う意味で怖いけど・・・)食べるが初めてなので、一体どういう物体が入っているのかも分からなくて、コワゴワ箱を開けると・・

b0021101_20171082.jpg

箱をあけると、こんな感じのタッパーが入っているのでした。

b0021101_20172412.jpg
この蓋を開けて、電子レンジで3分半加熱して、1分間放置してから食べるそうです。

b0021101_2018885.jpg
お皿に載せてみました。べとっとして、黒光りした、重たくて濃厚なプディング。怪しい・・・・。

はっきりいって、これだけでは甘くて食べられません。一緒に生クリームや、アイスクリームを添えて食べるのがお勧めと箱に書いてありましたので、バニラのアイスクリームを添えて食べてみました。

すると、クリームの冷たさと、プディングの温かさが微妙に合う。そして、甘さもアイスクリームと組み合わさるとまろやかで美味しくなる!!思っていたほどぜんぜん不味くない。いや、結構美味しいです。生クリームを添えてもいいそうです。とても濃厚で、プティングという名前のとおり、水分の多いぬっちゃりとした生地です。レーズンと、リキュールとスパイスの香りがなんともいえず外国的です。オレンジピール、レモンピール、ナツメグ、シナモンの香りがします。まさにクリスマスのスパイスの香りですね~。なかなかいいです!

4人分のパッケージを大食い家族?3人で食べましたが、さすがに一度では食べきれず、2回に分けて食べました。家族も結構気に入ったみたいです。レーズンとスパイスが好きな人は気に入ると思います。私は、また来年食べてもいいかなと思いました。今回は500g弱の4人分のサイズを食べましたが、次買うとしたら、小さいサイズしてみます。願わくば、いつかイギリスでクリスマスの時期に食べてみたいですね~~。
[PR]
by the_big_blue | 2007-01-02 20:23 | Gourmet