ソウル旅行記(2泊3日) 2日目

今日は、ノリゲ(チマチョゴリにつける飾り)が買いたいという友達の為に、仁寺洞(インサドン)方面にいきました。その前に、朝ごはん。これが食べたかったのだ。屋台のトースト。これがおいしいんですって!

朝、屋台ではいろんなものが売っています。おでん、トッポギ、そしてトースト。韓国の人は若い女性でも練り物をよく食べるみたいですね。結構おやじっぽい(笑)。あと、海産物の干物みたいなもの普通に街で売っています。地下鉄の乙支路入口駅の地下に入る入り口近くにあったお店で買いました。鉄板の上で食パンをバターでトーストにして、中に入れる具を(卵、キャベツ)を焼いてそれにハムとチーズをはさんでソースをかけたシンプルなもの。
b0021101_13393112.jpg


一つ1500ウォンだから、200円ぐらいか。女性がよく買っています。銀紙に包んでくれます。作っているおばちゃんの手際のいいこと。とっても美味しい~~~。結局2日続けて通ってしまった。
b0021101_13405668.jpg


まずは、ソウルの王宮 景福宮(キョンボックン)に行きました。1934年に季氏朝鮮の都として定められ、正宮として建設されたのがこの景福宮です。私は”チャングム”を見ていないのですが、ドラマに出てくるらしいです。ランチに行こうと思ったお店の近くだからと軽い気持ちで行ったのですが、行ってよかった(^。^)。入場料金は3000ウォン。これで、中にある国立民俗博物館も見学することが出来ます。入口で、ボランティアのガイドさんが日本語で説明してくれるツアー(1時間弱。無料。)があるので、絶対それに参加してください!見方が変わります。もし、それに参加してなかったら、”あー立派だねぇ”で終わっていました。

この正宮の正門である光化門は現在改装中で、見ることが出来ませんでした。この正宮は、現存の10倍の面積があったそうです。1582年の文禄・慶長の役の兵火でほとんどが焼失したそうです。1868年に再建されましたが、再び日本による植民地統治時代に壊されてしまったそうです。これは非常に残念な話です・・・。

b0021101_13485849.jpg
入り口に、時代劇っぽい人たちが固まってる。いったいこれはなんなんだ!

b0021101_13533222.jpg
なんか、こっちにやってきたよぉ~。すごいいかめしい顔している。

b0021101_1404552.jpg
勤政門です。ここの守門将の交代の儀式だったのですね。不動で、表情も変えずに立ちっぱなし。

b0021101_1463955.jpg
こうやって、門を守るのですね。現在は、大学生がアルバイトでやっているそうです。ルックス重視で選ばれていると聞きました。2人ほど、背がとても高くて、すらっとした素敵な人がいました。旅に来てから見つけたやっとハンサム。街には、怖いぐらいいい男はいないぞ(笑)。

b0021101_14131387.jpg
これが、正殿である勤政殿。ここで国王の即位式や、公式の大礼が行われたところ。

b0021101_14144292.jpg
天上にある竜の彫刻。竜は王の象徴だそうです。

b0021101_14155767.jpg
背景に見える、北岳山が美しい。なんか、とっても懐かしい気持ちになるのはなぜだろう。

奥にある思政殿のオンドルの部屋。夏場は、真ん中のオンドルの無いところで、冬の寒いときはオンドルの部屋で執務を行ったそう。
b0021101_14223651.jpg


これなんだか分かります。オンドル用の焚き口です。ここの大きさや数で、大きさが分かるのです。
b0021101_14213679.jpg


b0021101_14241637.jpg

オンドルを炊くと、煙を出さないとなりません。これはなんと煙突!

b0021101_14255768.jpg
王妃の家の煙突はこんなにも美しい。指定文化財。

b0021101_14271871.jpg
こちらも指定文化財。王様のお母さんの家の煙突。長生きのシンボルが描かれている。とても、品の良いレンガの色と、かわいらしい絵柄が女性らしさを感じます。

ガイドさんの説明で非常によくわかりました。韓国の国鳥であるカササギもみることが出来ました。民俗博物館も見学して、非常に満足!博物館でマウスパッドを買いました。可愛くて気に入っています。
b0021101_22422499.jpg


さて、お昼は近くにある土俗村へ。ガイドブックでも必ず紹介されている有名店です。景福宮は大きいので出てから20分ぐらいかかったかも。お客さんで一杯ですが、キャパが大きいので、問題なくはいれました。

b0021101_14314555.jpg
韓式家屋を改造して使っています。

b0021101_14323677.jpg
これがそのサムゲタン。鶏が丸一匹。ナツメ、かぼちゃ、もち米、銀杏、栗、高麗人参などがお腹に詰まってます。医食同源ですな。からだによさそうなものががんがん入っています。もう、裏切らない美味しさ。あああ、幸せだ。韓国の人って、美味しいもの食べてるんだね。とろみがあって、お肉もシコシコしてるし、何度でも食べたい味でした。

このあとは、隣の駅、安国まで地下鉄ででて、仁寺洞めぐりです。ここは、日本で言うと浅草みたいな感じかしら?伝統的な韓国の雰囲気が味わえます。ここで、大行列をつくっているとうもろこしのホットク(500ウォン)を並んで食べてみました。ソウルの人は、せっかちなので、あまり行列をしないそうです。そういう人たちが行列するというから美味しいんでしょう。

b0021101_14384978.jpg
ちゃんと値段が書いてあると安心して買うことが出来ます。

b0021101_1439125.jpg
出来立てのほやほや。表面が揚げたみたいになってて、かりっとしてて美味しい。

b0021101_1613685.jpg
チョッカラとスッカラ(箸とスプーン)のセット買いました!へへへ、これが欲しかったんだ。

夕方からは、江南にある汗蒸幕(ハンジュンマク)にいきました。前回行ってとっても気に入ってしまった”永東汗蒸幕”というお店です。ホテルまでピックアップにきてくれるのも便利。サウナ、アカスリに今回は、脚マッサージと、フェイスマッサージもつけちゃいました。夕食も付いて、約2万円かな。しばしお姫様気分が味わえます。送迎も含めて4時間半ぐらい楽しめるから、これなら安いと思います。これだから、また韓国行きたくなっちゃうんだろうな。
[PR]
by the_big_blue | 2007-02-04 14:00 | K-travel, gourmet