韓国映画: シルミド

b0021101_11225.jpg最近、またちょこちょこと映画を見ています。ますます睡眠時間が減るんだけどさぁ。

映画館で予告編を見て以来気になっていた映画"シルミド”です。なんだか予告編もどっぷり重くて辛そうな映画だったから見ないままでいたのですが、よくよくみると主演の俳優さんたちがすごい人ばっかりだということがわかって、見てみることにしました。

ストーリー紹介 by Amazon.co.jp
"1968年4月、死刑囚ら31人の重犯罪者たちが無人島のシルミ島に送られた。そこで彼らは刑の帳消しと引き換えに、北朝鮮の最高指導者・金日成の暗殺を命じられ、極秘の暗殺部隊へと成長していく。だが政府の外交政策の転換で暗殺計画は中止。しかも政府はこの部隊の抹殺を軍に命じるのだった…。"


これは実際に起きた話だそうです。真実は明らかにされていないそうですが、こんな内容の映画を韓国で作ることが許されたこと自体、ものすごい進歩というか開放されたんだなと思いました。ノテウ大統領に代わってから、今までより開放的な政策になったと聞きます。暗殺部隊に選ばれた人たちはもともと死刑にされるはずの人たちだったわけだから、国の方針が変わり、抹殺することになっても国側としてはもともと死ぬはずだったやつらだから関係ないという扱い。

それに対し、たとえ、重犯罪者であろうとも3年もの死ぬ思いの訓練を受け、一つの目標だけを求めて生きてきた男達は、勝手な変更にやり場の無い怒り、憤り、悔しさ、絶望に巻き込まれていく。見ていてこちらも憤り、胸が詰まる。チンピラだった彼らが、訓練を通じて人生に希望を見出しながらも、それを最後にはつぶされる。でも、最後はプライドを持って死んでいこうとするその姿は胸を打つ。

力道山のソル・ギョング(彼はほんと男らしい。めぢからが凄い。凄みのある俳優さんですね。いまのやわらかくてハンサムな俳優さんたちばかりを見ることが多いですが、やっぱり男は顔だけじゃない!)韓国の名優アン・ソンギ(もう50代ですか?でも、ものすごく身体を鍛えていてびっくりしました)、いろいろなドラマで味のある役を演じるホ・ジュノ(ホテリアでもいい味だしていました)、そして私は知らない俳優さんだったがチョン・ジェヨンの4人を中心として男っぽい映画に仕上がっている。彼らの演技は素晴らしい。そして、今をときめく?ドラマ”魔王”に主演しているオム・テウンも出ている。光ってる俳優さんがいるなと思ったら、彼だった。

映画は見ていてとってもやるせないけど、泣きはしなかった。なんで、涙がでなかったのかな?あまりに理不尽で涙もでなかったのかもしれない。この映画は、見る価値ありますよ。5点満点で★★★★。
[PR]
by the_big_blue | 2007-06-18 01:04 | K-POP, drama, movie