蒲田で餃子: 歓迎、金春、ニーハオ 3軒食べ歩き

ずっと憧れだった餃子の聖地、蒲田へ行って参りました。3年位前に宇都宮に餃子を食べに行ったことがあります。宇都宮も楽しかったです。餃子だけのために宇都宮まで行っちゃうという浅はかな贅沢が好きです。餃子代より、行くまでの時間と交通費のがずっと高いんだわ。

何年も前から友達と行きたいと話していたのですが、やっと決行の運びとなりました。とりあえず、有名店3軒は最低ノルマ。あと余裕があれば、他も回るという計画です。終電覚悟で挑みます。

①歓迎
JR蒲田東口を出て右へ曲がり、区役所の隣。あるいて10分弱。蒲田のユザワヤ(西口)には何度か来た事ありますが、東口は初めて。蒲田は独特の雰囲気がありますねぇ。上手くいえないけど、上野が入ってます。男性の街という趣。歓迎は、7時判前にいったらもう並んでます。お店は活気があって、会社の宴会で団体できている人も多いようです。人気の程がうかがえます。支店もいくつかあるようです。2軒は歩いている時みつけましたが、やはりここが一番よさそう。

他の中華料理もとっても美味しそうでした。頼んだのは、焼餃子と水餃子とビール。私はウーロン茶。皮がしっかりしています。水餃子のほうが分厚い。皮がムチムチしていて美味しい!肉汁がはいっててちょっとショウロンポーみたいです。こぼさないように食べるのが難しいけど、美味しい!あっというまに食べ終わる。見かけも綺麗だし、微妙にシナモンが利いた味は、ホワイト餃子に通じる部分がある。ここは、大満足で店を後にした。

b0021101_1005955.jpg
焼き餃子

b0021101_101116.jpg

水餃子

②金春
後がひかえているのでそそくさ歓迎をと出る。せっかく待ってゲットした座席なのでちょっともったいない気もしましたが、またくればいい。目指すは、京急蒲田近くの金春。蒲田のアーケードって面白い。このあたりは、サラリーマンとも違う人たちが多いのですね。お店は、商店街の中にある。裏からアプローチしたので、とってもあやしい店構えにやられる。プチ中国旅行しているようです。

b0021101_1013639.jpg
裏側から入るとこんな怪しげな看板が。

お店はそこそこ人ははいっていますが、めちゃコミではない。餃子(水、焼)だけを注文。ゆるせ。ビールが入らない。ここの餃子は、ちょっと期待はずれでした。焼餃子は油っぽかったし、古い油の香りがした。なんとなくスカスカしたような焼餃子。水餃子も、味もイマイチ決まらない。大田区ウォーカーでベスト2かなんかに入っていたぞ。ちょっと疑問。持っていった10パーセント割引クーポンは悪くて出せなかった。
b0021101_1015271.jpg
焼き餃子

b0021101_102423.jpg
水餃子

③ニーハオ
ちょっと不完全燃焼の金春を出て、近くのニーハオを目指す。ここにあるというあんこ餃子が気になって仕方ない。最初に本店にに行った。ちょっと活気がないのでびっくり。あんこ餃子がないので、聞いたら別館だとのこと。勇気をだして、お店を変わらせてもらう。ごめんなさい。

b0021101_1022363.jpg
こちらがニーハオの本店。近くに別館があります。

別館の扉をあけたら、そこは不思議な世界。有名なのは別館のほうだったようです。お店の雰囲気がなんか楽しい!だだっ広い地下のフロアにテーブルがあるだけなんだけど、なんともいえないいい雰囲気が漂っている。外国へ来たような錯覚に陥る。広い店内にお客さん一杯で、とっても活気がある。歓迎よりもっと中国っぽい雰囲気。

b0021101_1025722.jpg
ピントがあっていませんが、こんな雰囲気。隠し撮り(笑)

模造紙にかいた手書きのメニューもいい。あんこ餃子は珍しい。焼、水、あんことビールを注文。ここでは餃子は酢醤油でたべるといいとかいてある(ラー油を入れない)ここの餃子は具は豚、ばら肉、白菜とナガネギのみだそうです。

b0021101_103283.jpg

焼き餃子

あんこ餃子を普通の餃子みたいに、酢醤油&ラー油で食べたら美味しいという意見があったので試してみたが、やっぱり不味い。そのまま食べたら美味しかった。もんじゃ焼きのあんこ巻きみたいなもんだね。焼き餃子の焼けた香ばしさがたまらん。ここの餃子の特徴は、さくさくの白菜。歯ごたえがたまらない。ラーメンとか300円とか信じられない値段。他の料理メニューも美味しそうだった。水餃子

b0021101_1041918.jpg
水餃子

b0021101_1044152.jpg
これが珍しいあんこ入り棒餃子

◎大三元
とりあえず、王道3軒をクリア。かなりお腹一杯。一人17個たべたことになる。まだ、お腹には余裕有り。大三元を目指す。駅の反対側なので、かなり歩きました。せっかく見つけたのに、がびーん。お店がしまっていた。営業時間が9時までですって。行ったのが九時半ぐらいだった。残念。てっきり夜までやってるとおもった。ここは普通の中華料理やさんみたい。創業30年でアンが大きいらしい。ここは是非リベンジしたい。

b0021101_105745.jpg
真っ暗でピントがあってません。30分遅かった。

◎コムシェソワ 餃子工房
今は洋食屋さんで、そこで餃子をだしているとのこと。店の前までいったけど、あまりにこじゃれた西洋風のお店に気持ちが萎えた。餃子はこんなこぎれいな店で食べるのは邪道だ。鉄板餃子がうりらしいが、ココはポリシー的に食べに行くわけにはいかない。

というわけで、5軒回ったが、食べたのは3軒。もっと食べれたが、最後に不味いのでおわったりしたくなかったので、今回はとりあえず王道の3軒にしました。大満足。今回は、焼と水餃子(とあんこ)を頼んだ。同じメニューだと比較がしやすい。といっても、どのように違ったかと言われると上手く違いを伝えることが出来ないのだエスが、歓迎は一番美味しかった。ニーハオはあんこ餃子が楽しいのと、しゃきしゃき白菜がいい。期待はずれが金春だったなぁ。

焼餃子はいつも6個入り。でも、なぜ水餃子はいつも10個入りなの?ちょっと多いです。6個入りの水餃子があればいいのに。私は焼餃子のほうが好きだ。水餃子もおいしいけど、おなかが膨れすぎちゃって沢山食べれない。蒲田餃子ツアー。とっても美味しかったし、プチ中国旅行したみたいでとっても楽しかったです。とりあえず、ツアーは大成功。第二弾も計画中!
[PR]
by the_big_blue | 2007-08-10 16:28 | Gourmet