見たい韓国映画リストだ~~。

"韓国映画ベスト100―「JSA」から「グエムル」まで”という本を読みました。韓国映画を選ぶヒントにと思って。そういう方にはお勧めです。著者はもともと文部省の役人さんですが、高校生の頃からキネマ旬報に映画評を執筆していたというユニークな方です。近年の日本と韓国との文化の掛け橋に尽力された方だそうです。

自分でもびっくりしたのですが、地味に韓国映画見てたんだなということ。この本の中で100本以上の映画が紹介されていましたが、そのうち20本を見てました。その20本の中で私のお勧めは、王の男、グムエル、友へ・チング、シルミド、麻婆島、おばあちゃんの家かな。トンマッコルへようこそはVCDは持ってるけどまだ見てない。でも、いいと確信はしてる。自分のブログに感想を書いているのでよかったら読んでください。下に載せたのは紹介されている映画のなかで是非見たいぞ!と思った作品です。自分のメモ代わりなんだけどね~~。

b0021101_11305281.jpg"力道山”。あの有名なプロレスラーの力道山が韓国出身だと知っている人は意外に少ないと思います。というか力道山自体をよく知らないんだけどね。力道山役は韓国を代表する役者ソル・ギョングが演じています。リアルさを出す為に、映画の中では力道山は日本語を話しているそうです。韓国の俳優さんですから大特訓したそうですが、やっぱり力道山が日本で韓国語話していたらおかしいですよね。興行的には日本も韓国もイマイチだったそうですが、韓国から見た力道山を描いたらどうなるんだろうととても興味あります。



b0021101_11311058.jpg"オールドボーイ”。私は読んでいませんが、原作は日本の漫画だそうです。最近、漫画が原作の映画化・ドラマ化が多いですよね。ネガ切れなのか、漫画が凄いのか。これは数年前のアカデミー賞でも話題になっていたので見たいと思っていました。こちらも韓国を代表する役者チェ・ミスク主演。ちょっと怖い雰囲気の役者さんですね。インタビュー見たことありますが、いい意味でも悪い意味でも、お客とか日本に全然迎合しないっつうか・・・。





b0021101_11312862.jpg"マラソン”は、映画の予告編で見たことがあります。私は単純なので予告編で感動しましたが、同時に”これもどうせお涙頂戴もののよくある韓国映画じゃないの?”と思ってスルーしてました。ただ、最近主役の俳優さんのチョ・スンウ(韓国人の名前が全然覚えられない。英語名ならなぜかすぐ頭に入るのですが)が有名なミュージカル俳優だと聞いて見てみたくなりました。今"ラマンチャの男"来日公演しているそうですよ。ジキル氏とハイド氏というミュージカルにも出ていたとか。実話だそうです。心が最近にごっている気がするので洗われたいという気持ちもあります。



b0021101_11314253.jpg"ダンサーの純情”は、国民の妹といわれているムン・グニョンが主演しています。多分、同性としての嫉妬心だと思いますがこの子が苦手。赤ちゃんみたいな顔してるくせに、実は結構”女”だったりする。そいういうタイプが苦手なのです。私が直球しか打てないタイプなんで(苦笑)。あのじっと見つめる目が重い、うざい。でも、自分が男なら間違いなく可愛いと思っているでしょう。ソウルに行くと、彼女の顔をCMやら広告であちこちで見かけます。ず嫌いしないで、素直に見てみようかと。ひたむきな彼女がよさそうなきがするんですよ。




b0021101_11315822.jpg"ラブストーリー”のこの写真は有名ですよね。名作だとみんな言うのでみたいと思ってました。主役のソン・イェジン(四月の雪)は美人ですね。韓国ってこういう愛くるしい美人が多い。ソン・ヘギョ、ハン・ガインとか。みんな顔が似てる~~。ソン・イエジンは若いのに演技も上手なので好きです。韓国の人って、日本と顔は似てるし、そりゃ西洋に比べれば近いところも多いけど、やっぱりなんか違う。似ているからこそ違いが気になるのかもしれません。感情の振れが凄く大きい。激しく明るく、激しく慟哭みたいな・・・。この映画ではどう描かれているのか楽しみです。



b0021101_11321073.jpg"あぶない奴ら Two Guys”は、チャ・テヒョンが出てるというそれだけの理由で興味あり。”猟奇的な彼女”で初めて見たのですが、彼は凄いと思う。マルチな才能ありますね。演技も上手で、笑顔がいい。自然に人を和ませて笑いに引き込んでしまいます。そして、知ってました?CDも2枚出しているんですよ。歌もめちゃウマイ。韓国では2月に公開された"覆面ダルホ”で韓国演歌歌手を演じています。これも超みたい。ハンサムじゃないんだけど好き。このまえ韓国のお笑い番組に出ているのを見たんだけど、頭の回転が速くて、これでもかというぐらい話が面白い。



b0021101_11323818.jpg"JSA”は、いっつも借りようかと思って止めてた作品。今まではイ・ビョンホンしか知らなかったから。最近チャングムを見たのもあるし、ソン・ガンホにも興味がでてきたので、急にこの映画が浮上してきました。チャングム(イ・ヨンエ)は韓国系スイス人将校、ガンホ氏は北朝鮮兵士。テーマは重そうですが、韓国を知る上で北朝鮮は避けられないトピックですしね。劇場で”シュリ”の持つ歴代映画興行記録を塗り替えた大ヒット作品だそうです。そうか、この頃から韓国映画が日本でも紹介されだしたんですよね。やっぱり見たいね。



b0021101_1132524.jpg"ペパーミントキャンディ”はソル・ギョング主演。自殺を決意した男の話だそうです。好き嫌いが分かれる話かもしれないけど、口コミもよいようなので気になっています。韓国ってこういうなんかヒリヒリするドラマが上手いのではないかと思います。韓国ではソル・ギョング、ソン・ガンホ、チェ・ミスクあたりが代表する役者さんか?その上に、アン・ソンギさんがいるという感じでしょうか?著者お勧めNo.1でしたのでリストに入れてみました。





b0021101_11331013.jpg"オアシス”は、著者のお勧めNo.3.ペパーミントキャンディのソルギョングが主演しています。病気を持つ2人の恋愛を描い作品です。ちょっとみていて辛そうですが、純粋な愛を描いた作品だということで気になります。本では相手役の女優さんの演技を褒めてました。あまり重い映画は辛いから苦手。私は、名作といわれていますが、”8月のクリスマス”を途中でギブアップした人間です。わざわざ辛い話を見たくない。やっぱり映画みてハッピーになりたい。


b0021101_11332410.jpg"大統領の理髪師”は、予告編(予告編みるの好きです)みて、涙ぐんでしまいました。グェムルで好演ソン・ガンホが主役。この人の顔って、私たちがイメージする韓国の人の顔ですよね。決してハンサムじゃないけど、いろんな役が出来るのでとても好きです。実直な役、ヤクザ、さえない男、バイタリティあふれる男、なんでも出来そう。







b0021101_11333947.jpg"復讐者に憐れみを”も主演がソン・ガンホ。これは全く知らない映画でした。Amazonによれば、パク・チャヌク監督による“復讐三部作”の第1弾となる、『オールド・ボーイ』の原点とも言うべきバイオレンスアクションだそうです。JSAの監督さんでもあるのですね。”親切なクムジジャさん”も彼の作品でイ・ヨンエがでてたので、お気に入りなのかな。R-18指定なので結構過激なのかな?腎臓を患う姉を助けるため犯罪に手を染めてしまう男と、娘を誘拐された父親の復讐劇を描いたとか。ガンホ氏のいろんな顔を見てみたいのでリストにあげました。


b0021101_1314465.jpg"悪い男”は、キム・ギドク監督作品。彼の作品はまだ見たことがないのですが、著者もお勧めNo.4でしたし、映画評で結構評判がよいようなので気になります。しかし、多分批評家好みの理解が難しい作品なのではないかと勝手に予想しています。なんか重そうで、ちょっと官能的すぎる香りが~~。著者はギドク監督かなりお気に入りのようです。

b0021101_13245610.jpg"弓”もキム・ギドク監督。この監督を知ったのは、この映画の予告編を見たのが初めです。映像がとても綺麗でした。耽美的というのか、官能的というのか、でも中年オヤジが養女のようにして育ててきた若い娘を若い男に取られてその嫉妬を描く話(というと身も蓋も無いか)なんでちょっと見たいような、後味悪そうな感じがします。多分、人間の慾がめらめらしてて、そこを描くのがうまいのだと思いますが。足を踏み入れたいような、踏み入れたくないようなそんな映画かなと予想しています。
[PR]
by the_big_blue | 2007-09-22 11:28 | K-POP, drama, movie