韓国映画: 覆面ダルホ(チャ・テヒョン)

年賀状やっとやろうとおもったら、プリンターのインク切れにより、進めなくなりました。つうことで、開き直って見てない映画を見まくることにしました。新春第一弾は、前からみたかった”覆面ダルホ”です。

b0021101_22463859.jpg私は、なぜか覆面系映画が好きみたいです。”オペラ座の怪人”でしょ、”ゾロ”でしょ、”ナッチョリブレ”でしょ。韓国で3枚10000ウォンでかったVCDです。英語字幕がついているので、とりあえず話しは分かります。

予想通り面白いです。原作は日本の”演歌の花道”。売れない地方のロックバンドのリードボーカルだったダルホ(チャ・テヒョン)があるとき三流トロットの音楽事務所の社長に見出され、トロット歌手にされちゃう話。だいたい想像付く話なんだけど、出演者が上手いっ!チャ・テヒョンはコメディやらせたら最高に面白いと思います。相手役の女優さんは”春のワルツ”の意地悪さん。美人なんだけどねぇ、いまいち、情がないっつうか、おもしろくないので、ちょっとそこが残念です。

チャ・テヒョンは歌も上手いし、演技も上手いし、彼のトロットシンガーの姿なんて、そのまままじで歌手になれるんじゃないかと思います。トラブルに巻き込まれるタイプの役が多いですが、これた適役。今年一番は、なかなか心温まるいい映画でした。5点満点で★★★。しかし、演歌とトロットって、まじそっくり・・・。

PS
面白かったのは、かっこいい人の名前(ダルホの芸名をつける時に)の例を挙げているシーンがあって、チャンドンゴンとかウォンビンが出てくるんだけど、その筆頭に You-Knowが揚がっていたのです。ユノって(私はユノペンじゃないもんで)、韓国でハンサムの代名詞になるぐらいの人だったの???ちょっと、驚いた。
[PR]
by the_big_blue | 2008-01-01 22:50 | K-POP, drama, movie