お能

今日、初めてお能の舞台を見てきました。
観世会定期能のチケットを、叔母が知り合いからいただいたそうなのですが、行けなくなったそうでこちらに回ってきました。能の知識は歴史の教科書に載っているレベル。何事も体験、せっかくのチャンスなので行ってきました。

渋谷のBUNKAMURAの奥の松涛にある観世能楽堂で、11時から4時近くまでの長い公演です。途中30分、15分の休憩があります。ちょっと歌舞伎に似ていますね。
来ているお客さんの年齢層は、かなり高く、60代70代の方が多かったです。
謡曲を勉強されている方が多いようです。和とじの本を見ながら観劇されているかたがたくさんいました。

出し物は、
能 「経正」替之型 観世 栄夫
狂言「咲嘩」    野村 萬
能 「三輪」    観世 恭秀
能 「項羽」    高橋 弘

観世榮夫さんは有名な方ですね。
出し物の中で一番面白かったのは、狂言でした。
これは、ストーリーも分かりやすく、とても面白い話で会場は笑いに包まれていました。
野村 萬さんというおじいさんの狂言師の方が、とっても上手。
笑顔もとても素敵で可愛いおじいさんで楽しかったです。

能のほうは、残念ながら私には敷居が高すぎました。
どうもあの謡曲が眠りを誘う。。。。
[PR]
by the_big_blue | 2004-11-07 21:53 | Entertainment