たまにはおしゃれな パン屋さんのお話: Paul(ポール)

グルメネタも韓国料理ばっかりの今日この頃ですが、たまには趣向を変えておしゃれなパン屋さんのお話を。

いまでこそ韓国一色ですが、当初このブログは、普通のグルメと旅と映画と自然派志向をテーマにしていました。というか、それが好きだったんですね。もちろん、いまでもそれは変わりませんが、方向が西方から東方にかわったということで、特定のネタに偏ってるのは事実です。

さて、先日東京駅に行きましたら、ものすごくかわっててびっくりしました。東京駅といえば、私は新入社員で入った会社がありまして、5年半ほど毎日かよっておりましたので、愛着のある駅なのですが、激しく改装中でした。マイナーチェンジは多々ありましたが、最近のはすごい。

友達と軽い食事でいったPaulです。ここのパン屋さんは、フランスのお店(1989年創業。パリで100店舗を超えて展開するブーランジェリー)ですが、美味しくて有名です。カフェにはいったことが無かったので、嬉しかったです。

ここ、美味しい!!!それに、値段もお手ごろです。キッシュとかなら1000円ぐらい。1500円もあれば、軽いディナーが落ち着いた雰囲気のお店で楽しめるので、ここはまた行きたいですね。

b0021101_13245973.jpg
私はキッシュを頼みました。すると、こういうパンバスケットが来ます。いろいろな種類のパンが食べられるのが嬉しい。
b0021101_13251194.jpg
わお~、このキッシュ大きくて、とっても美味しい。久々に西洋の味(爆)。一瞬、外国に来たような錯覚に陥りましたわ。バターたっぷりのパイ生地も美味しい。チキンときのこのキッシュ、これ大好き!
b0021101_13252262.jpg
友人が頼んだサンドウィッチです。これも、おいしそうだった。ランチに来てもいいかも。

おっと場所書いてませんでしたね。東京駅の構内でないのですが、地下で繋がっています。
表からだったら、八重洲ブックセンターの通りをはさんだ前のビルです。Pacific Century Placeの一階にありますよ。パンのお持ち帰りも出来ます。デザートも美味しそうだった。世売るは10時までやっています。

またキッシュがたべたくなりました~~~~。
[PR]
by the_big_blue | 2008-07-26 13:29 | Gourmet