週末ソウル旅行 (1日目)

忘れないうちに旅行記?一気に書いちゃいますね。先週の土曜日の早朝の便でソウルへ飛び、月曜の早朝便で羽田に戻り、そのまま会社へ出社するという、会社員の鏡、つうか、休めなくてもそれでも旅行行きたいという悲しいサラリーマンのための素晴らしい旅行ツアー”週末ソウル”です。今回はH.I.S.のツアーで行きました。飛行機は満席です。

韓国へはこれで5回目、今回を含めそのうち3回が週末ソウルです。トホホ・・・。本当はゆっくり旅をしたいです!はっきり言って、かなり体きついです。休み取れる人は、とって行きましょうね。

週末ソウルのうち、1回目は大寒、2回目はJALそして、3回目はアシアナとすべて飛行機会社が違います。JALは早い時間の便なので、早朝ホテルについてそのままチェックインできました。しかし、今回のアシアナのフライトは、早朝と言うには早すぎて、深夜と呼ぶには遅過ぎる為、ホテルも昼の12時までチェックインできないというツアーです。なんせ羽田集合が真夜中の3時半。仕事終わってから行くことになりますが、時間のつぶし方をいろいろ考えたんですよ。映画見るとか、漫画喫茶行くとか、サウナに行くとか。結局、ホテルとって前泊しました。前泊して、タクシーで羽田まで行くのに1人当たり、6千円ぐらい余計にかかりましたが、せっかくの旅行を万全の体調ですごしたいと思ったんで必要経費かな。前泊、やってよかったです。シャワーを浴びてさっぱりして、少し寝られたので、ソウルについてからは、結構元気に動けました。

b0021101_19511037.jpg

羽田発、仁川行き、5時半発です。仁川には7時半ごろ到着です。
b0021101_19513775.jpg

満席には理由がありました。なんと、クォン・サンウのお誕生バーティのツアーの飛行機が、アシアナと大寒に分かれて決行されておりました。みなさん、結婚決まる前に申し込んだんじゃないでしょうか?昨日、新大久保に行ったときも、クォン・サンウ製品が叩き売りされていましたよ。やっぱり、結婚すると市場価値下がっちゃいますよね。ソウルでガイドさんが言ってました。結婚するのはいいとしても、”なんであの人なの?”ってみんな言っていると。”悲しき恋歌”を見た後に、私も一瞬クォン・サンウにハマりかけて、”天国の階段”やら、出演映画をいくつか見ました。でも、そのあと、なんとなく冷めていきました。やっぱり、俳優さんてハマりにくい。映像を見なきゃなんないのが大変。音楽だったら、いつでも聞けるから。結婚相手は、日本人でいうと山本モナみたいな恋多き女タイプだそうです。Timとも付き合ってたとか!(怒)。もてるタイプなんでしょうが、ま、関係ないや。

予断ですが、日本人とのセンイルパーティでは、一切結婚の話は出なかったそうです。皆さん、気にして無いのか、気を使ったのか、触れたくなかったのか。心境複雑だろうなぁ。。。心中お察しいたします。

b0021101_19514698.jpg
飛行機に乗る頃には、もう夜は明けておりました。
b0021101_19515956.jpg
空港について、案内された我らのホテル”シティ・パレス”。口コミでメッチャメッチャ評判が悪くて、逆にどのぐらい酷いんだろうと楽しみにしておりました。私は、高いホテルでも安いホテルでも大丈夫です。安いホテルでギャーギャー文句言う人は、お金払って上のホテルにすればいいんです。値段なりのレベルを確保しているのであれば、私は文句はないです。カメラではわりと綺麗に写ってますが、外壁はかなり不安と書きたてる姿でした。しかし、フロントの人もまぁ、日本語通じるし、感じも悪くない。部屋の中は、古いものの、床は板張りで、それなりに清潔だったのでOKかな。しかし、立地が悪い。ロッテマートから、タクシーで帰ったのですが、タクシーの運ちゃんも、たどり着けず、結局近くの地下鉄の駅で降ろしてもらいました。いい運転手さんで、カーナビがあったのと、友人の韓国語でなんとか意思疎通がとれました。最近、悪質なワゴンタクシーがいて、キーをロックして出られないようにして、ものすごい運賃を請求するそうです。みなさん、気をつけてくださいね。

仁川空港について、小腹が減ったのでダンキンドーナツとコーヒー飲みました。ソウル市内までバスで一時間以上かかりますからね。コーヒー、ありえないぐらい薄いっ!こんな薄いコーヒー飲んだの久しぶりです。ホテルに荷物を預け終わったのが午前10時です。チェックインは12時から出来ますが、2時間ここでうろうろしてもしかたないので出発。ツアーのみなさん、慣れてる人が多いみたいで、あっという間にぞれぞれ散っていきました。我々は、インサドンへ向かいます。すみません、今回は観光してないので、観光地の写真はなくて、食べ物の写真しか撮っていません。

鐘路のレコードやで、ふふふ、東方神起の”O”正反合の Version Aを買いました。このアルバム、持ってますけど、どうしてもVersion Aについている写真が欲しくってネェ。値段は11000ウォン。ポスターがあって、指差したら欲しいかといわれてもらっちゃいました。”T”と ”Beautiful You"の韓国版ポスター。友達ももらっちゃけど、おいおいどうしよう。張る場所がない。でもラッキー!!

そういえば、地下鉄の中で、日本語の印刷物読んでたら、となりのおじさんがいきなり英語で話しかけてきました。”Japanese?”ていうから、”Yes”と答えて、英語と韓国語交じりで会話しました。けっこうあちらのひとは人懐っこくて、話しかけてきますね。おじさんは、ちょっとまえに箱根に旅行にいったそうで、富士山を見てきたそうです。それが楽しかったらしく、私達が日本人だったので話しかけたくなったようです。話してたら、目の前に居たおばさんがいきなり日本語で”私は小さいとき我孫子に住んでたんだよ”と話しかけてきました。”おおおお”とか言ってたら、降りる駅になってしまい、会話はそれっきりになりましたが、なんとなく楽しかったです。

b0021101_19523628.jpg
インサドンをちょっとフラフラして、今日のランチの目的地に向かいます。友人が行って美味しかったという純豆腐チゲのお店。実は、韓国で純豆腐チゲを食べたこと無いんです。だから、行く前からとっても楽しみにしていました。安国駅からちょっと歩くのですが、ちょっとややこしくて、私自力ではたどり着けません。"チェドンスントゥブ 제동순두부 "というお店で、お店のご主人さんがとても感じのいい人です。私は言葉が出来なくて、ほとんど会話できませんでした。ご主人が”日本人の方がいらっしゃったかな”とか言って出迎えてくれたそうです。多分、言葉の出来ない私は、日本人という単語だけ聞き取って、”日本人が来たぜ”と言ったに違いないとネガティブに考えちゃうと思います。言葉が出来ないって、損だと思いました。せっかく、敬語使って出迎えてくれたのに、自分だけだったら勘違いしちゃうんだろうな~って。海鮮スンドゥブを食べました。突き出しの右上にある丸いのは、ジャガイモです。これがとっても美味しいのです~~。韓国はお代わり自由だから嬉しい。お代わりしちゃいました。チゲですが、結構辛かった。これが普通の韓国のチゲの辛さなんでしょうか?日本でだったら激辛とよばれるぐらいの辛さだったと思います。

b0021101_19524640.jpg
うは~~、じゅくじゅくいってる純豆腐チゲ。かなり辛いです。でも、辛いもの好きの二人なので、辛い辛いといいながら喜んで食べてました。日本で食べるスンドゥブと、やっぱり豆腐が違う気がします。いや~、美味しかったです。他のお客さんたちは、冷たいククス(うどん)を頼んでいる人が多かったです。豆乳ベースのスープらしく、私はちょっとだめかも~~。でも、美味しいらしいですよ。まだ、これは食わず嫌いです。汗が一杯でたけど、とっても美味しかった。やっぱり、いいね~韓国料理。

b0021101_19525725.jpg
明洞に戻って、免税店へ。今は、ロッテの顔は、ソン・スンホン、サンヒョク、ピ(Rain)の3人なんですね。ソン・スンホンはほんと綺麗なお顔。非の打ち所のないハンサムだと思います。サンヒョクさんは、ちょっと苦手なのでスルーさせていただきます(笑)。

b0021101_1953539.jpg
ピも、声がちょっと苦手だったり、鍛えすぎの体が怖いんだけど、俳優のジフンは結構好き。歌も、好きな曲もあります。たまに、ものすごくツボの写真があるんですよね。この写真はちょっと苦手な写真。

明洞はものすごい人です。意外と、日本人度は少なく、夏休みのせいか韓国の若い子たちが多い気がします。人だらけ~~~。ここで、化粧品とか、本屋さんとか、プラプラ。しかし、暑い。一昨年の夏に韓国へ行ったときは、カラカラで、太陽がじりじりと痛かったのに、今年は雨が降ったあとだったせいか、湿気がものすごくて体がべたべた。まるで、日本の夏みたいで、びっくりしました。韓国の夏、ドライかと思いきや、結構じめじめです。雨に降られたのも初めてです。

日ごろの疲れた身体を癒すために、マッサージへ。韓国旅行の楽しみって、やっぱり、食べ物と、買い物と、癒しですよね。お気に入りのハンジュンマクのお店が去年閉店してしまったので、今回はマッサージへ。明洞coolマッサージというところへ行きました。久しくマッサージ言ってなかったので、2時間コースだ!!さすがに2時間やってもらうと、やったという気がします。1時間ぐらいだとあっという間に終わっちゃう。いいわこれ。1時間は足のマッサージで、あと1時間は体のマッサージ。足の角質も削ってくれたし、かなり強いマッサージだったんだけど、弱めよりは強めが好きなので私は満足。2時間で77000ウォンだから、悪くないと思います。日本で2時間まっさーじした15000円は最低でも取られるでしょ?あ~~すっきりしました。これ、クセになりそうですね。

b0021101_1956390.jpg
さてさて、早朝付いて、あっというまにもう夜です。今日の夜は、ここへ行くぞと決めていたお店です。ソウルナビで紹介されてて、ひと目ぼれ。"ヘムルトッチム0410(明洞2号店) 해물떡찜0410 (명동2호점) "でございます~~。明洞のメトロホテルとかあのあたりです。もう、暑くて、よれよれです。

b0021101_19561572.jpg
トッポキ大好きで、辛いの大好きで、海鮮が大好きな私達には完璧と思えるヘムルトッチム。日本人もおおいのか、日本語メニューを持ってきてくれました。手前に写ってるのは、トンティギムというこのお店の名物だそうで、頼んでみました。簡単にいうと、海鮮コロッケですね。これを、チリソースに付けて食べます。おいしい~~~~~。でも二人だと、ちょっと多いな。3人ぐらいで来るとちょうどいいかも。

b0021101_19573959.jpg左の飲み物はクルピスという、フルースカルピスみたいなやつ。味がいろいろあって、これはスモモ。かなり美味しくてお気に入りです。これ、絶対日本人に受ける味だと思う。右側は、イイダコチャンをとったら、怒ってるみたいに写ってて面白かったので載せました。ちょっとグロイか?
b0021101_19575141.jpg
b0021101_19581555.jpg
ハフハフいいながら食べます。辛いけど、美味しいっつ!これハマります。途中で、ラーメンサリを追加しました。本当は最後にチャーハンにするほうがいいみたい。さすがに2人だと、チャーハンまで行き着かずに終わりました。とにかく、海鮮がたっぷり入ってて、美味しい。日本だと、イカとかエビとか、そんなに大量に食べないのですが、韓国の人は好きですね、シーフード。これだけ食べて20000ウォンでした。ソウルナビのクーポン持って行くと、クルピスはサービスです。ここは、またぜひとも行きたいですね。

膨れた腹を抱えて、ソウル駅へ地下鉄で向かいます。お目当てはロッテマート。ここで食料品を買出し。私はお菓子ばっかり買いましたけど。今回は買い物少なめ。帰りはタクシーでホテルまで。ホテルは東大門よりまだ先の辺鄙なところにあります。場所が見つからず結構迷いましたが、それでも日本円で払ったのは2000円しなかったです。明洞からは10キロ以上はなれます。同じ距離を日本で走ったら、幾ら取られるんだろうと思います。予想も付かないホテルに泊まると、絶対行かないような駅に行ったりするので、楽しい面もあります。でも、やっぱり宿は明洞がいいなと思いました。

さて、1日目はこうやってあっという間に終わりました。
[PR]
by the_big_blue | 2008-08-10 21:13 | K-travel, gourmet