週末ソウル旅行 (2日目)

週末ソウル旅行 (1日目)はあっという間に過ぎ、2日目です。

今日は、午後9時半ホテル集合死守。朝はゆっくりして、10時過ぎにホテル出発。朝食は、トースト。ロッテの前の地下鉄の入り口にあるトースト屋さんがお気に入りです。しかし、私達が行ったときは、遅かったせいかもうトーストは焼いてなくて・・・(涙)。一応、お店のおじさんに”トースト?”と聞いたら、目の前に銀紙に包まれた物体を指差されました。あれ、売れ残りがあるってことね。お昼も近いので、2人で1つをシェアしようと思い、1つ下さいといったのに、勝手に2つ渡してきた。売れ残りが2つあったので売りたかったらしい。たくましいな(脱帽)。2つも要らないって言ったら(ジェスチャーだけど)、2つで3000ウォンでいいって(1つ2000ウォン)。ま、いっかと2つ買ってしまった。手がべとべとになったため、写真撮影できませんでしたが、私の以前の韓国旅行のブログに写真があったような気がします。ソウルへいったらぜひ屋台のトーストを朝食に食べてみてください。日本では無いメニューですが、妙に美味しいのでお勧めしたいです。

b0021101_21484080.jpg
昨日、買いそびれたものを買いに再びロッテ免税店へ。しかし、ものすごい人だかり。なんで、免税店なのに韓国人が一杯いるのでしょうか?いつも疑問。だれか理由を教えて。ピ(Rain)の何かのキャンペーンやってました。この写真は微妙。

b0021101_21485618.jpg
ピのこの写真はやばいです。ピはマッチョすぎて引いちゃうことが多いのですが、たまに可愛くてメッチャsexyなときがあるんです。この写真は、モロツボでやばいです。やっぱり、なんかこの人に惹かれてしまうのですね。好きなのかな、本当は?
b0021101_2149104.jpg
ロッテ百貨店の地下にCrispy Creamがあるんですよね。韓国でもは日本みたいに並んで無いです。個人的には、ここのドーナツ、そんなに行列作ってまで食べるほどのものかと思います。好みですけど。あれだけ人気あるから、私の口がおかしいのかと再度挑戦してみました。

b0021101_21492255.jpg
緑茶チーズケーキのドーナツだったかな。試食で出来たても1つもらったので、合計2つも食べちゃった。この緑茶のは、ほんのりと緑茶の香りがして、中に酸味のあるクリームが入った結構ボリュームのあるドーナツでした。甘かったけどこれは美味しかったです。出来立てでなければ、やわらかすぎず、もっちりして美味しいのかも。私はふわふわのドーナツより、しっかりしたドーナツのほうが基本的に好きなので、ここのドーナツがあまり好きでないのかもしれません。

とにかく、この日も暑かった。前日は雨に結構降られて、途中で傘を買ったりしたけど、この日は雨が降る気配は無し。つまり、メッチャ暑い日ということです!軽く朝食食べるはずだったのに結局トーストを1人前食べて、おまけにドーナツ2つも食べちゃっておなか一杯なんですけど~~~。でも、でも、私らに残されてた食事のチャンスはあと2回しかない!(昼食 & 夕食)

b0021101_21493459.jpg
重い腹を抱えて、ヤンニョムチキンのお店へ。メトロホテルの裏のお店が閉店してたので、明洞駅近くのお店へ行きます。"two two chicken"というお店です。

b0021101_21494757.jpg
付け合せの大根。甘酢につけた大根が付け合せで付いてきますが、おせち料理の”なます”としか思えないのだ。意外と、韓国の人って、若い人でも渋いものを食べますよね。日本だったら、若者は絶対こんな大根の甘酢漬けなんてたべないと思うなぁ。
b0021101_2150351.jpg
lこれがヤンニョムチキン。すごいボリュームです。簡単にいうと、エビチリの具がチキンになった感じです。口の周りと手がべチョべチョになります。アメリカのジャンクフードを韓国風にアレンジした感じですかね。最初はメッチャおいしいんだけど、最後のほうはさすがに飽きます・・・。3人でこれを食べるぐらいが軽くてちょうどいいかな。

韓国旅行してお思うのは、何でも量が多い(1人で食事するように出来てない)。だいたい、3人ぐらいいると、量もちょうどいいし、食べ終わった後のチャーハンとか、そこまでいけますね。大食い2人でも、このヤンニョムチキンの量は多かった。ちょっと支払いでトラブルが。1万ウォン多く渡した私が悪いんだが、受け取ってないと言い張られた。1000円だから、渡した、渡さないの話にしかならないから諦めたが、チキン屋の君、あとで集計して気づけよ。自分が間違ってたって!

とにかく暑くて動けない。動きたくない。観光する気分にもなれない暑さ。なんとなく、ヘッドマッサージやりたい気分になり、ガイドブックなどを頼りに3軒ほど回るが、どれもやってなかった。日曜日だからか?歩いてたら、若い男の子に声をかけられた(爆)。一体なんじゃと思ったら、まじめそうな大学生か高校生ぐらいの男の子達で、学校の宿題で日本人と写真を撮らないとならないので、写ってくれないかと頼まれた。断る理由もないので、撮ったけど、こんなアジュンマでいいのかしら?逆に若い娘には声をかけにくいか・・・(苦笑)。そのあと、日本語でアンケートを頼まれたのでお答えしたわ。たどたどしい日本語で話してきて、素朴な感じの男の子達で、とっても可愛かったです。たどたどしくても日本語で話してくれるだけで、なんだか嬉しくなっちゃいましたよ~~。日本のどこから来たかとか、知っている韓国語とか、好きな芸能人とか(SE7ENと書きました。東方神起は恥ずかしくて書けなかった)、韓国の魅力とかね。SE7ENといったら、反応してくれて、嬉しかった。あたりまえか、自分の国の歌手だもんね。

そういえば、東方神起くんたちは、日曜日にはソウルに戻ってきていたんですよね。この日だけは、同じソウルにいたんだわ~~( ̄ー ̄)。ていってもね、韓国に居ても、東方神起の気配のかけらも感じなかったわ。日本にいると、カシちゃんたちが追っかけまくっている姿とか写真で見るけど、場所と時間が違えば会うこともないのです。空港とか、SMエンタの事務所近くとか行けばすごいのがみられたのかしら。東方神起の写真を韓国で見かけるとすれば、日本人韓国客向けの店でヨン様やらビョン様に混じっているだけで、本屋に行っても雑誌に出ている事も無く、東方神起って韓国にいるのとさえ思えるのでした。SJがCMに出てるのを何回かみましたよ。

何度もしつこくいいますが、やっぱりSE7ENや東方神起みたいな美しくてかっこいい人は人は、1人も居ません。ま、どこかにはいるんだと思うけど、(おしゃれなエリアとか、整形外科の出口とか?)、普通にいるのは、やっぱり普通の人ですね。もちろん、若者は全体的に好青年が多いし、たまに綺麗なおねぇちゃんもいます。でも、普通の人たちは、激しく背が高いわけでもなく、顔の作りは東京と同じか東京のほうが良いんじゃないかと思いますけど。ただ、日本の渋谷に居るような、水っぽい、ヤンキー系のファッションの人は少ない気がします。ミニスカートや短パンは多いけど、まだ、日本より抑え目??ガイドのおねぇさんも言ってました。韓国ドラマの世界は、ほんとうにドラマだけで、あんな人たちはどこにも居ませんって。やっぱり、そうだよね(笑)。

b0021101_21504110.jpg
最低一日1回は行きたいと思っていたRed Mangoですが、初日は行けず、結局、韓国滞在中1度しかいけませんでした。サボイホテルの裏のRed Mangoは広くていい。昼過ぎだってのにガラすきでした。
b0021101_21505330.jpg
アイスベリーもいいんだけどさ、パッピンスもいいんだけどさ、やっぱりこのヨーグルトアイスなわけですよ、チェゴなのは。トッピングが5つ選べるってのも嬉しい。ほんとにほっぺが落ちるぐらい美味しいのだ。しかし、韓国の人は落書きに対して、寛容なんですね。YGの事務所行ったときも、壁の落書きがすごかったが、 Red Mangoの落書きも半端じゃなかった。みなさん、いつも油性ペン持ち歩いているわけ?

さてさて、外は暑いし、ヘッドスパは見つからないし、さ~~どうするっていうことになり、じゃ、映画を見に行こうということになりました。私は、韓国で映画館行くの初めてなので、結構うきうき。”Dark Knight”が見たかったのですが、公開は今週末ということで見れず。韓国の映画公開は、日本より2ヶ月ぐらい早いものもあります。というか、日本が遅すぎっ!

b0021101_21513696.jpg
明洞のミリオレにある映画館です。チケット買うのは、私じゃムリだわ。時間とか場所とか題名を言われるんだけど、全然聞き取れない。チングが買ってくれました。最低、その位の会話は出来るようにならんとね。

余談ですが、韓国にいると、人と接触することが多い。日本に居ると、満員電車のどうしようもないときは別として、基本的に人に触らないようにするじゃないですか?で、もし謝って手が触れ合ったりしたら、とりあえず、会釈したり謝ったり。韓国は、普通にガンガンぶつかってくる。邪魔な人を手でよけたりする。これ日本でやったら、メッチャ失礼なんだけど、ここでは普通みたい。ぶつかっても、全然反応ないのだよ。まるでぶつかって無いかのように、普通にぶつかってそのまま。それって、日本人的にかなりありえないんだけど。しかし、郷に入れば、郷に従えということで、そのまま右から左へ受け流します。あと、こっちの人、あまり返事もしないね。日本で注文とか受けたら、”はい”とか必ず返事するじゃん。あっちは、ほんとに分かったのかいと思うぐらい、返事なし。あと、割り込みも平気でするね。割り込みされるのがとろくて悪いっていう考えかな。それとも、あんまりそんな細かいこと考えてない。日本人が細かすぎるのか。でも、割り込みされて怒れるぐらいの韓国語力はつけたいです。

b0021101_21514975.jpg
チケットです~~。映画は8000ウォン。おいおい、レディースデー並じゃないかい!日本は高すぎます。

b0021101_2152478.jpg
みたのは、実はみたかった映画”いい奴、悪い奴、ヘンな奴”です。ソン・ガンホが好きなので、見たいと思ってた映画で嬉しいです。あと、韓国の人ってどうやってみるのか興味があったのですね。日本より喜怒哀楽激がしいですね。お前受けすぎじゃんというぐらい、激しく笑ってた人が沢山居ました。みんながバカ受けしているときに、1人意味が分からなくて置いてきぼりだったのが悔しかった。でも、大体のストーリは分かりました。

この映画、理解してないで書いてますが、ちょっともったいないかなと思いました。キャストも良いし、話も宝探しで面白いし、アジアのウエスタンというのがまた新しい着眼点ですごくいいと思ったんですけど、暴力シーンなど、そこまでしないでもいいのにというのがいくつかありました。また、途中から日本軍が日章旗ひっさげて出てきて、悪役になってるわけですよ。話の流れから、日本軍は不要だろうと思うし、悪党にされてるのが気に食わなかった。一部日本語が出てくるから、なんとなく意味も分かったし。日中韓の3カ国を絡ませたいというのがあったようなんですが、ちょっと描き方になんとなくネガチブなものを感じてしまいました。

でも、3人の俳優さんはなかなかよかったです。ぶちきれてる”悪い奴”ビョンホンさんは、ちょっと逝っちゃってるエキセントリックな役でしたが、独特の雰囲気をかもしだしてました。いらない、上半身ヌードのサービスショットがありましたが、ファンなら嬉しいかな。

”いい奴”のチョン・ウソン。うは~~、かっこいいです。ハンサムすぎて敬遠していたのですが、スタイルいいし、クールで大人の色気が漂います。馬の上のアクションシーンは、華麗で美しかったです。

”ヘンな奴”のソン・ガンホは、まさにはまり役。彼のキャラクターを想定してつくられたのではないかと思うぐらい。あの笑顔のときのおどけた親しみやすい姿があると思えば、厳しい顔をしたときの近寄りがたいほどの凄み、これだけの幅を演じられる人ってなかなかいない。彼が唯一演じられないのは、チョン・ウソンのような華麗な男の役だけか?(爆)

面白い映画でしたが、マイナス点も目に付いてしまいました。日本でも公開されると思いますが、どのような評価になるのか、ちょっと注目したいと思います。

b0021101_21521789.jpg
最後の晩餐はサムギョプサルだぁ。明洞の”トゥンナプチプ”というお店に行きました。藤の木という意味だとか。ワインにつけた三枚肉(サムギョプサル)を出してくれます。お店の感じはこんな感じ。同じくサムギョプサルで有名な"三金”の隣にあります。私は、三金は、去年行きましたが、期待が大きすぎたせいか、私には普通でした。

b0021101_21522842.jpg
銀紙にくるんであるお肉の塊を、目の前でカットしてくれます。美味しそう。
b0021101_21524288.jpg
日本と違って、野菜はお代わり自由でただ。エゴマも出てくるし、嬉しいですね。うずらの卵はどうやってたべるのかと思ったら、ただのゆで卵でした。お肉は、柔らかくってとっても美味しかったです。日本人の口に合う味なのかな、とても美味しいと思いました。値段は忘れましたが、そんなに高くなかったです。韓国行ったら、牛肉食べるのがもったいない気がします。もちろん、高いというのもあるけど、豚や鶏で美味しい料理が沢山ありますもん。

b0021101_21525866.jpg
さぁ、おなかも一杯。おっと、8時半を過ぎました。地下鉄で30分チョイかかるのでホテルに向かいます。地下鉄で、懐かしい顔に。ウォンビンは、男性服のブランドでもモデルをやってました。前より角が取れて穏やかな顔になった気がします。チャンミンって、ウォンビン系ですよね。また、元気な姿を見せてもらいたいものです。

夜9時半にホテルに集合して、一応お土産やさんに連れて行かれて(何も買わず)、仁川空港へ行き、1時45分発の飛行機で羽田へ戻りました。羽田に着いたのが4時過ぎ。入国審査して、荷物受け取ったて羽田の第二ターミナルについたのが5時。始発のモノレールを待って浜松町へ。ここで、着替えて時間潰して、現実へ。

短い時間で、忙しかったけど、そのまま会社行くの辛かったけど、それでも行きたいんだよね~~。国内旅行も好きですが、やっぱり海外旅行って面白い。韓国が好きというのもあるけど、週末だけでいけるなら他の国にも行きたい。ちょうど週末だけでいけるのって韓国しかないんですよね。本当はゆっくり旅行したい。韓国の田舎にも行ってみたい。普通の観光もしてみたい。そういうこと言いながら、また週末に死にそうになりながらいくのかな。

買ってきたものは、また別のブログに書きますね。
[PR]
by the_big_blue | 2008-08-10 21:53 | K-travel, gourmet