東方神起 Mirotic Version C の新曲4曲

東方神起の4集 Mirotic ”Special Edition", Version C の追加曲4曲を聞きました。
もし Version D が出たら、なんて名前が付くんだろ?゛Limited Edtion" とか?(爆)

今回の4曲は"呪文"や"Wrong Number"系のダンサブルでせsexy & 挑発的な曲とは異なり、韓国的?熱唱系バラードかな、というのが大まかな印象。遊び人から(笑)、真面目な人に戻ったって感じかしら?

◎”Don't cry my lover"。
ジェジュンの作詞作曲ということで、期待と不安が入り混じっていたのですが、優しいメロディの素敵な曲です(^。^)。メンバー1人1人の声を耳を澄まして聞くのも楽しいです。ユノの暖かくて誠実な声が気に入りました。ジェジュン、good job!

◎゛Love by Love゛。
こちらは、ユチョンの作詞作曲。いい感じに力の抜けたポップな曲調で、"Kiss the baby sky"にも通じるユチョンらしいメロディかも。ジュンスのラップが珍しい。

◎゛Don't say goodbye゛。大人っぽいバラード曲です。ボーカルが絡み合うところに、
何とな~く ”世界三大テノール”が英語の歌を歌ってるような気がしたのは私だけ?

◎"Wish゛。
普通なら、SM TOWNのCDに入る曲ですかね?ジュンス、チャンミンにSuper Juniorの歌唱力の高いリョウクとキュヒョン。SJuniorでは、リョウクの声が一番好きなのです。二人ずつボーカルが絡み合うところ、ハイレベルです(拍手)。

話は飛びますが、Super Juniorのリョウク、キュヒョンに 若干 SG Wannabe入りのイェソンの3人組”Super Junior-K.R.Y.”というバラードユニットがありますね。イェソンも好きなのです。顔と声のギャップがいい!お目目ぱっちりが基本だった昔の私にはありえない世界なのですが、今は イ・ジュンギ、イェソン、Tim 系にの顔にとても弱いです。

b0021101_13374963.jpg

最近、自分に節操がなくなってきた・・・。私は、冬ソナブームより1年以上遅れて”冬のソナタ”をNHKの吹き替えで見たクチなのですが、それから、たまに韓国ドラマを見るようになりました。その中で、初めて自分の好きな俳優さんに出会ったという運命を感じたのがイ・ドンゴンでした。彼のファンミに一人で参加たことがあるのですよ。当然イ・ドンゴンのファンだけが集まると思って参加したウブな私は、二股、三股あたりまえの世界に”節操がない!”とショックと怒りをを受けた記憶があります。その後、ドンゴン熱は1年で冷めて、K-POPへ移行してどっぷりはまって今に至ります。でも、分かりました、節操なくなりますね。1人に決めるのは無理だわ。(ーー;)。

話はアルバムに戻ります。
Miroticには、東方くんたちの頑張りがとても感じられます。MKMFでのチャンミンの涙がその思いを象徴的に表しているのかもしれません。アーチストとして、男性として成長した僕達を見てほしいという思いが入ったアルバムだと思います。今回のバラードも粒ぞろいではありますが、まだまだまだ可愛い君たちでいてほしい気持ちもあって、私は優しくて甘~い男の子の歌も一曲ぐらい聞きたかった、な~んて思っちゃった。あはは、勝手で贅沢だね(笑)。
[PR]
by the_big_blue | 2008-11-20 09:21 | TVXQ!