2005年 03月 13日 ( 3 )

ジェラルド・バトラーつながりで、借りてきたDVD”タイムライン”を見ました。

原作はこちらタイムライン(上下)マイケル・クライトン作

監督は、”グーニーズ”と同じ、リチャード・ドナー。グーニーズ好きなので、ちょっと期待が高まります。すでに、これを見る前に、原作も読みました。上下巻あるのですが、面白くて一気に読みました。ちょっと難しい科学の部分は、斜め読みしましたけどね。秘密の地下道とか、中世の戦争とか、建物などがどのように映像化されているのかすごく興味しんしんでしたが、ちょっとがっかり。DVDをみた感想を一言で言うと、「DVD買わなくてよかった~~」です。

原作でも、ジェラルド・バトラー演ずる考古学者"アンドレ・マレク”は一番かっこよい役です。映画の中でも、一番素敵でした。でも、魅力度の高さで言えば、”ドラキュリア”のほうが彼の怪しい魅力が出ていました。映画では、原作の内容をかなりはしょってあり、からみあった人間関係がシンプルに整理されてしまい、単なるドキドキするタイムマシン話になってしまっています。原作が面白い分、それを映画では表現しきれれず、陳腐なラブストーリー仕立てになってしまっているのが残念。"レイダース"みたいにドキドキもラブストーリーもばっちりならいいのですが、出演者がイマイチ役不足か。主役の兄ちゃんは、顔がきれいなだけだし、教授は頼りないじいさん(原作ではもっと威厳がある)。特に最悪なのは女性陣。この人なら仕方ないと思わせるような女性を使ってくれ~~。レディ・クレアのどこがいいんじゃぃ。ということで、星満点5つのうち、★★。

ちなみに、もう一つレンタルしていた”トゥームレイダー2”は、DVDが不良品で読み込めず。見ることが出来ないまま返却しました。でも、あんまりおもしろくなさそうだから、見ないかも。

05/03/29追記
トゥームレイダーには特典映像があって、別の結末が用意されているそうです。レンタルしたときは気づかなかったけど、真夜中だったのであまりよく覚えいません。また、これも"ドラキュリア”のように特典映像の為に、またレンタルする羽目になりそうです。
[PR]
by the_big_blue | 2005-03-13 23:38 | POTO-JOJ, Gerry

b0021101_20102991.jpg朝起きたら、雪が舞っていました。
南房総は暖かいと思っていたのですが、いつもそういうわけではなさそう。昨日の天気予報では最低気温は2度と言ってました。3月ってまだまだ寒いんですね。目の前は海。朝の光がまぶしいです。海が見えるってすごくうれしい。

雪は一向に降りやまず、粒の大きいボタン雪に変わってきました。ホテルをチェックアウトし、このまま帰るのもなんなので鴨川方面に向かって北上します。途中の”シェークスピアカントリーパーク”に寄りました。イギリスファンの私には、ちょっと興味がある場所です。お土産やさんも楽しい。雪が降ったことで逆に幻想的な雰囲気になり、まるで本当にイギリスにいるかのような気分を味わえました。白く写っているのは雪です。
b0021101_20154776.jpg


イギリス旅行気分は良いのですがやっぱり寒い。すると、目の前のTea and Coffeeの文字が。ちょっと早いですがお茶にしましょう。スコーンと紅茶のセットがありました。これがサワークリームかクロッティドクリームなら最高なのですが、ジャムとバター付きのスコーン。でもこれで、500円は安いですね。
b0021101_2019183.jpg


お茶してから、隣にじゃる道の駅"ローズマリーガーデン”を見ていたら、急に晴れてきました!太陽の力ってスゴイ。急遽大多喜にある"ハーブアイランド”に向かうことにしました。晴れてきたので、海岸沿いのドライブも楽しい。一時間半ほどで迷うこともなく、到着。入園料800円。一年以内に来園すれば入園料はタダ。また、来園ごとに期限が一年延長されます。今は年で一番何もないときだそうです(とほほ)。ベストシーズンの4月から6月の間にまた行かなくては!裏情報?ですが、近くに入園無料のベジタブルガーデンがあります。ここは前に来たことありますが、内容的にハーブアイランドとあまりかわらないので、無料のこちらでも充分楽しめると思います(こちらではいろいろ試食もさせてくれます)。
おなか空いたので、併設のレストランでバジルのパスタとサラダのセット。フェンネルのハーブティーが付きました。フェンネルはカレー粉みたいな味がしました。お土産やさんも充実していて、いろんなスパイスやハーブティが売っています。

園内のクリスマスローズがきれいでした。

b0021101_20313298.jpg
b0021101_20314795.jpg


温室を歩いていたら、ものすごい強い花の香り。イランイランの香りといったら分かりやすいでしょうか。香りの主は、ジャスミンでした。
b0021101_20345829.jpg


この花は何だと思いますか?桜かと思ったら、なんとアーモンドの花でした。
b0021101_092820.jpg


雪が降ったおかげでハイキングは初日しか出来ませんでしたが、代わりに擬似イギリス旅行をを楽しむことが出来ました。また、花が咲く季節になったら暴走じゃない、房総へ行きたいです。
さて、明日からまた現実だぁ~。がんばりましょ。
[PR]
by the_big_blue | 2005-03-13 20:38 | travel, diving, ovtd

土日で房総へ春を探しに行ってきました。
メインの目的は、ハイキングです。先日買ったトレッキングシューズの足慣らしも兼ねて、低山を2つ登ってきました。低い山ですが、冬のなまった体からのウォーミングアップのハイキングにはぴったりの山でした。

朝、6時に車で家を出て、7時に千葉駅で友達をピックアップ。道もすいていたし、君津まで高速を使ったので(木更津南で下りたほうが便利だった)、思ったより早く着きました。最初の山、伊予ケ岳は、内房の鋸山を過ぎてすこし内陸に入ったところにあります。登山口の神社の駐車場に車をとめて登り始めたのは9時50分。一番のりだったようです。房総って遠いと思っていたけど、結構近いんですね。これからのシーズン、軽くアウトドアを楽しむにはいいかも。新たな発見でした。

>伊予ケ岳
b0021101_19361698.jpg
千葉県で唯一岳という名前の付く山です。標高3336mじゃなくて、一桁少ない333.6mメートルでした。往復で一時間10分程ですが、その分傾斜がかなり急で苦しかった。上は鎖場になっていて、鎖につかまりながらでないと登れません。風がとても強く、吹き飛ばされそうでした。頂上から見えたのは、次に登る富山です。二つのピークが見えます。

b0021101_19382279.jpg


>富山(とみさん)
b0021101_19471678.jpg

伊予ケ岳から尾根を伝い富山に行くこともできますが、車があるので一度下山して、富山へ別途向かいました。登る前のお楽しみあの”南総里見八犬伝”にでてくる、伏姫と愛犬が隠れていたという籠穴です。八犬伝はフィクションですが、山の中にぽっかりと空いた洞窟を見ると想像力をかきたてられてわくわくしちゃいます。洞窟とか地下とか屋根裏とかそういうの大好きなんですよね~~わたし。
b0021101_19472882.jpg

籠穴をみてから、富山のハイキング。往復1時間45分ほどのハイキング。60代と思われるハイカーにも沢山出会い、負けてはいられません。伊予ケ岳にくらべると緩やかな登りの分、距離が長い。頂上は暴風が吹きすさぶなか、お昼を食べました。ガスバーナーでお湯でも沸かしたかったけど、とてもそんなことが出来る状態ではなかった。でも、富士山を眺めながら食べるおにぎりは最高でした。

下山して、The Fishというお土産屋さんや、道の駅などをぷらぷら。ホテルは白浜になるのですが、隣の千倉に映画”グラ・ンブルー”のモデルになったジャック・マイヨール氏のお気に入りのペンションがあったと思ったので探しに行きました。以前は"グランブルー・イン”というなまえでしたが、今は名前を変えて営業していました。洋風のこじんまりしたところでしたが、ちょっとイメージが違いちとがっかり。
[PR]
by the_big_blue | 2005-03-13 20:04 | travel, diving, ovtd