2014年 09月 01日 ( 1 )

ドラマ”私の期限は49日”がとても良かったというのをネットで見たのでお友達に借りました。Timがサントラ歌っていたので、ドラマの存在自体は前から知っていました。

最近私が見たドラマにはホラーではないのにお化けが出てきます。最近見た”Mimi", ”What's up”, ”アラン使徒伝”、”結界の男”に出てたし、”星から来たあなた”もおばけではないけど、おばけみたいなものだったし、今のユノが出てるドラマ”夜警日誌”もおばけが出てくる。そして、このドラマにも出てきました。おばけ率が凄すぎませんかね?

<あらすじ>
突然の事故で植物人間になったお金持ちのお嬢様が、植物人間になってしまった。霊界のスケジューラー(死神)から肉親以外で自分のことを本当に思って泣いてくれる人3人の涙を集めたら、生き還ることができることになり、人生に希望を失った女性の体に乗り移ってその涙を集めようとする話。涙探しの過程で、色々な真実が現れます。

ファンタジー系のシリアスな恋愛ドラマ。OSTは結構いい曲があった気がします。TimのOST。


この歌、良いです。정엽さんて、どっかで聞いた名前だと思ったら、Brown Eyed Soulの人ですね。日本でも今年は活動するようなこと前聞いたけど、話は消えたの?


テーマは考えさせられると思います。
・自分が死んだら、肉親以外に3人の本当の涙を流してくれる人がどれだけいるか?
・どれだけ生きていることを感謝し、毎日を精いっぱい生きているか。

それ考えると、私は、どちらかというと今を楽しく生きればいいじゃないかと思ってる方なので、突き詰めたら凹んで反省モードに入ってしまいそうです。

このドラマ、最後の2話で急激に話が展開して、泣かせモードになります。ちょっとこれはずるい脚本ですね。けっこうイライラしながら見ていたので18話まで見続けるのが結構辛かったのに、最後2話を見たあとはけなしずらくなっちゃった。

主役のナム・ギュリさん、初めて見たけど、苦手系です。。ノリピーに似てます。顔が不自然で怖かった。ソウやアランのお母さんを見たときの不自然な怖さとも違うのです。あっちは役柄にぴったりだったから良かったけど、この主人公のお嬢様の甘ったるいしゃべり方をみるだけでイライラしどうしでした。

スケジューラー役でチョン・イル君が出てるんですが、彼は、この重いドラマにちょっと軽さと笑いをくれました。ドラマを締める役割を担っていて、とても重要な役でした。”太陽を抱く月”も良かったし、夜警日誌も楽しみ。たまにチョ・グォン君が重なる・・・(爆)。

もう一人のイ・ヨウォンは美人さんですね。この人が、憑依してる時は苦手だったけど、暗い時は結構似合っていたと思います。

チョ・ヒョンジェさんは、ハンサムだけど、まじめすぎてインパクト欲しかったな~なんて書いてたんだけど、最後になったらこの人の誠実な雰囲気が役に似合っていたような気がします。

最後の2話で激しく大展開しますので、18話までだったら★だったと思います。最後の最後で、感動的に仕上げるのは良いとして、そこまで話をもってくのはちょっとずるくないですか?ネタバレするからこれ以上かけませんが、後半2話の健闘により、★★1/2に大幅アップします。でも、みたあとの後味が重いわ。
[PR]
by the_big_blue | 2014-09-01 19:25 | K-POP, drama, movie