カテゴリ:POTO-JOJ, Gerry( 144 )

イェソンの映画のtwitterで、一人で盛り上がって、一人で暴走してるような空気を感じつつ、多分皆様からは冷ややかに見られているような気配を感じている今日このごろです。今日なんか、目が痙攣していますが、皆様からのコメントもあまり無く、ドン引きされてるんでしょうかね・・・。秋だから寂しいのか・・・?

もう、いいんです、イェソンがいなくなったらその2年間はおとなしくして、使ったマイナス分を補填すべくお金を貯めます(絶対そんなことは無いと思うけど・・)。だから、暴走できるうちが花だと思いこむことにしました。

By the way, 話は変わります。

Phantomer 久々にワクワク - Phantom of the Opera - 25th Anniversary Celebration Box Setで、イギリスでの10月1,2日の記念公演と DVD, CDの発売のことを書かせていただいたのですが、ぬあんとすごい情報を教えてもらっちゃいました。okaさん、ありがとうございます。

なんと、記念公演の模様を、日本では映画館で見ることができるんですと~~~~!!
(東京は10月21日から。各地で上映あります!)もう、興奮して、何も手に付きません。・・・って事も無いが、とても喜んでます。

公式サイト: オペラ座の怪人 25周年記念公演 in ロンドン

ところで、Gerry(映画 オペラ座の怪人の怪人役の俳優さん)は何をしているんでしょうか?
毎日のようにネットで情報をあさってた日々もありました。
昔から、こんなオタク活動してるんですよね。
イェソンがいなくなったら、誰か他の人を見つけてまたハマるんでしょうか?

あ~、やだやだ。
[PR]
by the_big_blue | 2011-09-16 11:49 | POTO-JOJ, Gerry

どうちよう~~、こんなんが出るんか?
日本でも買えるのか?

Phantom of the Opera - 25th Anniversary Celebration Box Set
b0021101_123495.jpg


£95.00もする!円高だから、SMTOWN1回分かな?これだけの量でこの価格は悪くはないのかも。だって、SS4に2回行くよりは安いぞ。でも、今の私は、POTOよりSS4を選んでしまいそうだが、wish listに入れておこう。



ALWのPOTOはいままでステージが映像化されて販売された事は無かったのですね。POTOの映画版DVDのスペシャルエディションにはサラ版や、舞台を見て落ちたけど、結局その後イギリスなんか全然行けなくてそれっきりのJhon Owen-Jonesさんの舞台映像がおまけ的にちょっと入ってますが、フル映像ではないです。

これには、Lover Never Diesが入っているのか・・・。これは舞台の評判はどうだったんだろ?その後のPhantomなんてあまり知りたくないし、個人的には、後続ものってそんなに良くない気がするからあまり興味ないんだけど。

このほかに、Royal Albert Hallで行われたPOTOのDVDとかもでる。これは£13.00だから手頃だわ。10月1,2にやるコンサートがまさかDVDになるのでしょうか?


今のロンドンキャストのファントムを確認してみたら、JOJなんだね。だけど、10月の特別公演のRoyal Albert Hallは

”This lavish, fully staged production of ‘Phantom of the Opera at the Albert Hall’ will star Ramin Karimloo as ‘The Phantom’ and Sierra Boggess as ‘Christine’. They will be joined by Barry James as ‘Monsieur Firmin’ Gareth Snook as ‘Monsieur André’, Liz Robertson as ‘Madame Giry’ and Wynne Evans as ‘Piangi’ together with a cast and orchestra of over 200 together with some special guest appearances.”だって。

Raminさんって、Lover never diesで主演してましたよね。昔、ラウルやってた人なはず。

な~~んて知ったかぶっていろいろ書いていますが、イギリスどころか西洋なんて何年もいってね~~し、韓国にハマりすぎてる私です。
[PR]
by the_big_blue | 2011-09-13 01:26 | POTO-JOJ, Gerry

いい天気です。ひさびさ怪人ネタです。

とってもロンドン行きたい気分です。ま、イェソンとSE7ENと東方神起に会いにタイにも行きたいのですが、どちらにせよ、仕事なので無理です!ロイヤルウェディングを見に行きたいわけじゃないですよ。映画、”英国王のスピーチ”見に行った時に、ウェストミンスター寺院が出てきて、またイギリスに行きたいなぁと思いましたけど、それよか、John Owen Jones(以下、JOJ)さんのファントムを見に行きたいです。

b0021101_9434197.jpg


もう、何度も書いているので、読み飽きた方もいらっしゃるかと思いますが、ご存知ない方は全然ご存知ないと思いますので書かせて頂きます。私は、大分昔にロンドンに旅行した際に初めてJOJさんのミュージカル”オペラ座の怪人”を見てPOTOに落ちました。その後、今やアメリカかぶれしたちゃらいスコットランドの色男になっちゃった感のある、映画版の怪人のGerard Butlerに落ちてたんですが、久しぶりにJOJさんの復活のニュースを聞いて嬉しく思っています。

もちろん、99.9999%見に行けないでしょう。韓国の”Mozart!”でさえ、休みと時間がなくて行けないのだから。John Owen Jones氏はPOTOの後、レミゼのバルジャンをやられていました。その後、私は韓国にドハマりしてしまい(現在の職場環境で行ける海外が韓国しかないというのも原因の一つ)、あれからロンドンも行けてないです。

去年、またPOTOを演じるという話が出てたけど、現在POTOやられてるんですよね。今、聴くと若干ねちっこい感じはするのですが、機会があれば、もう一度みたいです。

035.gif

JOHN IS CURRENTLY PLAYING ‘THE PHANTOM’ IN ANDREW LLOYD WEBBER’S THE PHANTOM OF THE OPERA AT HER MAJESTY’S THEATRE, LONDON. HIS CURRENT RUN AT PHANTOM WILL FINISH ON 3RD SEPTEMBER 2011.

JOHN PERFORMS AS THE PHANTOM FOR ALL 8 SHOWS A WEEK UNLESS HE IS ILL OR HAS SCHEDULED HOLIDAY. DURING HIS RUN AT PHANTOM JOHN WILL NOT BE PERFORMING ON THE FOLLOWING DATES:

3RD /4TH /5TH MARCH
11TH - 16TH APRIL
1ST & 2ND JULY
8TH - 20TH AUGUST

Source: http://www.johnowenjones.com
[PR]
by the_big_blue | 2011-04-29 10:19 | POTO-JOJ, Gerry

久々に、John Owen-Jonesネタ。誰か、知らないでしょ(笑)。

切れ長の涼しいまなざしをした、スラリとしていながら、腕がぽにょっとして、手が小さくて、美しい顔をしたアジアの男子ではございません。

今年の3月にソウルへイェソンが出演する”ホンギルドン”を見に行ったついでに、"オペラ座の怪人"見たり、、最近では”スパマロット”中で怪人のパロディをやってるのを知ったりで、怪人君のことを思い出すことが多くなりました。この連休中にたまたま”オペラ座の怪人”にハマるきっかけになったロンドンのPhantomだったJohnさんの Twitterを見つけてフォローしたのですが、さっきすごいつぶやきを発見してしまったのです。

Sorry for lack of tweets lately. Busy doing nothing much. Normal service will be resumed next week when I start rehearsals for Phantom!

Credit: John Owen Jones's twitter

なんですか、これ??

ネットで検索したところ、JOJがファントムに復活する噂が少し前からあり、最近になって彼のtwitterで確認されたそうです。JOJのオフィシャルサイトは11月から新しくなるみたいです。知らない間に、出る出ると噂になってはでなかったCDがリリースされていました。あれはもう何年前の話だろうか?

JOJのPhantomは11月からだそうです。あの時は、何も知らずにミュージカルを見に行って、あの声にぶったまげてPhantomerになったけど、あれから、私も年をとり、いろんな音楽を聞いたり、韓国にどハマりしたり、目は二重じゃなきゃアンデ♪だったのに、一重じゃなきゃアンデ♪に変わったりもしたし、”オペラ座の怪人”のミュージカルにも少しは詳しくなりました。その状態で、もう一度、ロンドンでJOJさんのファントムを見てみたいです。(でも、ロンドンは行けないでしょうね。理想は、スコットランドまで足をのばし、Holy Grailのロケ地のお城も行きたいですね。そうなると、やっぱり最低一週間は必要ですね。今の会社じゃ、そんな長い休暇なんて絶対無理だ047.gif。)

大分昔にこれ見たなぁ。懐かしいです。今は、この声を聴いても、前ほど感動しなくなっちゃった。個人的に、イェソンの声を好きになりすぎちゃったのよね。もち、ジュンスの声も好き。だけど、ミュージカルの俳優さんは、このような伸びのある、会場に朗々と響き渡る声が向いているんだよね。(すいません、ミュージカルのことそんなに知りもしないくせに、偉そうに書いてます。)イェソンとか、ジュンスのひっかかりがある声は、情緒があって素晴らしい声だけど、ミュージカルには喉の負担が大きそう。



ファントムのあとはレミゼのバルジャン。これは結構長い間続いてるみたい。



さて、やばいよ。明日はU-Kissに会う予定なのに・・・・。お肌ぼろぼろじゃんか。
[PR]
by the_big_blue | 2010-10-13 01:49 | POTO-JOJ, Gerry

寝ようと思ったら、Music of the Nightを違う人が歌ってるの見つけたんで、急きょ開催。怪人を演じた人のものではないものをピックアップしてみました。

POTOファンじゃない人には全然どうでもいい記事ですね。適当にスルーしてね。

これ素敵ですね。Sir Andrew Lloyd Webber も映ってますね。歌っているのは歌手の方なので、逆にミュージカル俳優さんよりも肩肘張らず、歌として聴かせてくれる気がする。



でもJosh Groban さんは、この歌がいいな。 ♪You raise me up. Timもコンサートで歌ってるんだけど、動画が見つからないから上げられないの。



これは怪人さんですが、コルム・ウィルキンソンのファントムを聞きたかったので載せます。まだ”オペラ座の怪人”がミュージカルとして出来上がる前、ALWの別荘でレミゼに出てる彼を引っ張ってきて、サラと演じさせたら好評だったらしい。ALW氏も気に入ってたとBehing the maskでコメントされておりました。カナディアンキャストでしたっけ?CD買えなくて、聞けなかったのでうれしい。



なにこれ?ソフトでライトだけど、なかなか素敵。これで顔がもっとさっぱりしてたらいいのに(笑)。


ついでに All I ask of youも行きましょう。これ正統派バージョン。London Original Castのラウルさんでした。こんなに恰幅よくなっちゃって・・・。若いころは恐ろしいほどハンサムだったのに。あ、それを言うなら、サラさんもそうですね。お二人とも、声は健在。これの入ってるDVD、持ってたなぁ。。。ALWさんの50歳の誕生日お祝いコンサートのDVDだったと思う。



ホラーバージョンでサラ&クリフ・リチャードもお見せしたいが、怖すぎるので、ご興味ある方、ようつべで探してみてね。歌はとても素敵です。

実は、パヴァロッティさん、大好きなんです。オペラは詳しくないけど。でも、英語歌うとちょっと迫力がなくなっちゃいますね。


締めは、ミニー・ドライバーの Learn to be lonely。映画の最後に流れます。彼女も歌上手いんですよね。映画は吹き替えでしたけど。



今日はハッスルしすぎた。10日ぐらいブログ書かなくても大丈夫そうですね・・・・。
[PR]
by the_big_blue | 2010-03-10 01:00 | POTO-JOJ, Gerry

世間では、土日の上海のSuper Show 2のサジンで盛り上がる中、後ろ髪をひかれつつもあまのじゃくな私は関係ないことを書かせていただきます。いま書かないと忘れちゃうんだもん!

つうことで、オペラ座の怪人話が続きます。興味ない人にはじぇんじぇん面白くないと思います。我慢してね。

”オペラ座の怪人”の映画版のDVDを買って、5年ほど放置しておりました。まだ未開封だったのを思い出して、日曜日に初めて開封いたしました。なんと、素敵なボックスにはいっておりして、びっくりした次第です。そして、中身もすごかった。映画の本編よりも、特典映像に引き込まれてしまいました。

1枚は映画のメイキングでして、かなり長く、見応えがありました。映画版のオペラ座の怪人を作った理由が分かりました。高くて演劇のチケットが買えなくて舞台を見に行けない若い世代や世界の人にALWの”オペラ座の怪人”の世界を知ってほしいというのがもともと。(18年前ぐらいに映画化の話はあったんですけど、クリスチーヌ役のサラとALWが離婚したなどの個人的な理由もあって頓挫していたようです)また、フルオーケストラの演奏や、 舞台という限られた空間だけでは限られてしまう表現方法を、映画ならではの大きなスケールでさらに幻想的な世界を作り上げるという利点もあったんですね。

しかし、内容的に非常に興味深く、素晴らしかったのは、もう一枚の特典映像でした。BBCが作った ”Behind the mask"という番組は、ALWがガストンルルーの小説とどのようにして出会い、プロデューサー、作詞家、演出家、スタッフ、キャストと現在のミュージカルに作り上げていったかという話で、これ見ると、もっとミュージカルが楽しめると思います。Sir Andrew Lloyed Webberの想いがぎっしり詰まったミュージカルだったんですね。参考映像として、John-Owen-Jonesさんの怪人と、数日後にロンドンで始まる新しいオペラ座の怪人 Love Never Diesの怪人役(Ramin Karimloo)が当時の若々しいハンサムなラウルで出てくるのも感動でした。

さて、やっと本題に入ります!

劇場で買ったCDと、以前買ったCDがどう違うのかなと思って調べてみました。

<Highlights from The Phantom of the Opera>

以前、買ったCDはハイライト版でした。2002年発売です。Phantomは、Yoon, Young-Seok(윤영석), Christine Lee, Hye-Kyoung (이혜경), Raulは Ryu, Jung-Han(류정한)さんらです。申し訳ない、携帯からご覧になると、ハングルは文字化けするみたいです。

b0021101_17512584.jpg


b0021101_1752846.jpg


さすが、韓国。皆さん、上手です。ただ、怪人さんの声が高めで、自分の好みではなかったです。情熱的な、喜怒哀楽の激しい歌い方をされるなと思いました。英語の歌をずっと聞いてたので、韓国語で初めて聞いた時は、かなり気持ち悪かったです。K-POPの韓国語は全く違和感はないんですけどね。なんとなく馴染めないままミュージカルを見に行きました。

1. Prologue(프롤로그)
2. Overture(서곡)
3. The Dress Rehearsal Of Hannibal(한니발)
4. Think Of Me(생각해줘요)
5. The Phantom Of The Opera(오페라의 유령)
6. The Music Of The Night(밤의 음악)
7. Prima Donna(프리마돈나)
8. All I Ask Of You(나의 바램은 그대뿐)
9. Entr'acte(간주곡)
10. Masquerade(마스커레이드)
11. In Sleep He Sang To Me(잠결에 꿈결에 노래했죠)
12. Wishing You Were Somewhere Here Again(다시 돌아와 주신다면)
13. The Point Of No Returen(돌아갈수 없는 길)
14. Final Lair(절망의 굴)


<The Phantom of the Opera - The Korean Cast>

今回買ったのは、2009年に出たCD(15000ウォン)15曲の他に、ボーナストラックとして5曲の合計20曲です。このアルバムには、綺麗な舞台シーン入りの歌詞入りの外れないブックレットが付いています(ハイライト版は外れるブックレットついていますが、歌詞のみ)。そして、2人の怪人、2人のクリスチーヌ、2人のラウルの声を聞くことができるのが大きな魅力です。怪人は、2002年のCDの윤영석さんが再び登場。あと、期待の若手、홍광호(Hong Gwang-ho)さんも入っています。

b0021101_187751.jpg
b0021101_1871788.jpg
b0021101_1872832.jpg

b0021101_188650.jpg


結局見たのは、CDで聞いていた苦手声の怪人だったのですが、実際の舞台を見たら気持ちが変わりました。親しみもわいたというのもあるし、ハイライト版CDでキンキンしているように聞こえた高い声は、生で聞くとそんなに違和感がなかったのです。逆に迫力がありました。多分、キャリアを積まれて同じ声であっても、深みが出たような気がします。このCDの別のファントムの声のほうが好みの声かなと最初は思ったのですが、表現力とか迫力とかがYoon怪人のほうが光ってる気がしました。ミュージカルのこととか良く知らないけからほんとに自分の好き嫌いで感想書いてます。Yoon氏の声は、若干、マイケル・クロフォードの声に似ているかなと思いました。今、改めてCDを聞くと、前と印象が違ってる(笑)。

また、このCDには、今週末から ラウル→ファントム に変身を遂げる홍광호さん(Hong Gwang-ho)のラウルが入っているので買って良かったと思いました。All I ask of youは聞きごたえあります。そして、クリスは元劇団四季にいらっしゃった西珠美さんの声が聞けます(って、私は良く知らないのですけどね)。彼女の落ち着いた声は好きです。

1. Prologue (프롤로그)
2. Overture (서곡)
3. The Dress Rehearsal Of Hannibal (한니발)
4. Think Of Me (생각해줘요)
5. Angel of the music (음악의 천사)
6. The Phantom Of The Opera (오페라의 유령)
7. he Music Of The Night (밤의 음악)
8. Prima Donna (프리마돈나)
9. All I Ask Of You (나의 바람은 그대뿐)
10. Entr`Acte (간주곡)
11. Masquerade (마스커레이드)
12. In Sleep He Sang To Me (오페라의 유령 Reprise)
13. Wishing You Were Somewhere Here Again (다시 돌아와 주신다면)
14. Past The Point Of No Returen (돌아갈수 없는 길)
15. Final Lair (마지막 은신처)

Bonus Track

16. Think Of Me (생각해줘요)
17. The Phantom Of The Opera (오페라의 유령)
18. The Music Of The Night (밤의 음악)
19. All I Ask Of You (나의 바람은 그대뿐)
20. Wishing You Were Somewhere Here Again (다시 돌아와 주신다면)

いつか、韓国熱が冷めたら、世界の怪人の声を聞き比べるのもいいなと思いました。ま、こんなに熱く怪人語ってますけど、そりゃ声量じゃミュージカル俳優さんたちには叶わないけど、心にぐさっと刺さってくるのは、イェソンなんだよね・・・。
[PR]
by the_big_blue | 2010-03-09 00:26 | POTO-JOJ, Gerry

オペラ座の怪人のカテゴリに入れたかったので、便宜用作りました。

今年初の韓国旅行(2泊3日): 1日目-2 オペラ座の怪人観賞レポ
[PR]
by the_big_blue | 2010-03-07 21:26 | POTO-JOJ, Gerry

さて、一日目のハイライト、初韓国ミュージカル鑑賞です。今日見るのは、大好きなALW版の”オペラ座の怪人(The Phantom of the Opera"です。

空港からのKALのリムジンがちょうど、劇場前に停まったのでラッキーでした。
b0021101_2059043.jpg


3時開演で私は2時丁度に着きました。空港から直接来たので、荷物はクロークに預けて身軽に。一時間前だと早すぎたようで、ガラガラです。久しぶりにファントムのロゴを見ると嬉しくなりますね。とても綺麗な劇場です。
b0021101_20592263.jpg


今回のキャスト。CDで聞いてた怪人さんだ!この怪人さんの声はCDで聞いてて余り好きじゃなかったので、正直ちょっとがっかりしました。違う怪人さんのを観たいと思っていたのです。クリスチーヌも四季にいたというチェさんのを見たかったんだけど、違う方のようです。でもね、結果的には、このメンバーで良かったと思います。
b0021101_20552291.jpg


マスクも置いてあります。そのほかにも、舞台のシーンのパネルも飾ってありました。
b0021101_210755.jpg


劇場の中。赤を基調とした、落ち着いた素敵な劇場です。大人の雰囲気。
b0021101_2104417.jpg


グッズも一杯ありましたよ。私はパンフレットとCD(Korean Cast)買いました。以前のハイライト版(Korean Cast)は持っているのですが、去年新しいのが出たのでそれを買いました。15000ウォンです。パンフは10000ウォンだったかな。
b0021101_20555594.jpg


お客さんはオメカシしたカップルを結構見かけました。年齢層は幅広いです。がきんちょ同士とかはさすがにいないです。女性の二人づれとか親子が多かった。一人で来ている人は少ない気がしました。日本人らしき人もあまり見かけなかったような気もしますけど、顔が似ているから黙ってたら、わかんないよね。

お腹ちょっとすいたからサンドイッチでも食べようかと思ったけど、会場内のカフェ(Angel-in-us Coffee )はスタンディングなのでやめて、アメリカンコーヒーを頼みました。1つと言ったつもりなのに、2つとレジに打たれた。そんなに私の発音ひどいの?とちょっと落ち込む。また、ミルクいれようとしたらミルクがない。それから、韓国って暖かい飲み物にガムシロップ入れるんだね。日本じゃアイスのときときまっとるが。

座席は前から12列目の舞台に向かって若干右。劇場は小さめです。一体感を感じやすいと思う。四季の時は会場が大きくて、気持ち的に入り込めなかった記憶があります。2階席もありましたが、そちらはどのぐらい埋まっていたのかは分かりません。1階は8割強は埋まっていたと思います。舞台の前の半地下の部分に生オーケストラがいます。イギリスの舞台を思い出した。一度しか行ってないけどね。今まで舞台をみたのはイギリスと四季の2回だけなので、正直詳しくは覚えてないです。映画は何度も見たけどね・・・。韓国語はできないので、歌詞は聞き取れけど、もともとの歌詞の意味は知っているので、そういう意味ではあまり言葉の壁はなかったです。
b0021101_2135184.jpg


とにかく、久しぶりなのでわくわくしてました。韓国版だとか、俳優さんが誰だとか、声がどうとか、正直そういうの超えちゃって、1人で怪人ワールドに入ってたと思います。メロディもストーリーも同じだから大丈夫。うううう、やっぱりオペラ座の怪人は面白い。曲も素晴らしいし、ステージの構成も素晴らしい。

”All I ask of you"で二人が去って行ったあとの劇場の屋上に残されているファントム、仮面を外されたときの切ないファントム、Point of no returnからall I ask of youに変わる部分での可哀相なファントム、最後にクリスチーヌを手放すときの苦しそうなファントム、そして最後一人ぼっちでマスカレードを猿のおもちゃに歌いかけるファントム、どれも泣けた。どれも良かった。やっぱりPOTOは面白い。

怪人さんは、最初CDの人と一緒だし、好きな声じゃなから嫌だなと思ったのだけど、CDで音だけ聴くのと生で見るのとは違いますね。CDでは高くてキンキンとして聞こえたのですが、生の声はとても声が通って、感情豊かで良かったです。怒り狂った時とかすごかったです。良く知らないけど、傾向的に韓国は感情表現が豊かな気がします。双眼鏡、持っていたのに使わなかったから顔がよく見えなくて残念。Castに出ていた写真見ると、すごいハンサムですね。舞台じゃ全然分からなかった。もちろん醜い怪人の役だし、メイクもしてるからね。

クリスチーヌは、とても小柄でな人でちょっと意外でした。肉付きのいい感じで、清純な感じというより、綺麗なお姉さんタイプのクリスチーヌだったと思います。美人でかわいらしいルックス。声はちょっと高過ぎる気がしないでもないですけど、あれだけの歌を小さい身体でパワフルに歌い上げていたからすごいと思います。最後カーテンコールのとき、泣いちゃってたんだけど、何かあったのかしら?

今回のヒットはラウルですかね。行く前に、知り合いのミュージカル好きの子からメールが来ていて、ラウル役の人がすごく歌がうまくてファンだと書いてありました。ハンサムではないんだけど、声がずば抜けてる。彼が歌いだしたとき、おおお、って思いましたもん。すんません、上手い日本語で表現が出来ないんですけど。低くて、包み込むような深みのある暖かい声。そして、たっぷりした声量があって聞かせます。ミュージカル俳優さんって、ここが普通の歌手の人と違うんですよね。

このラウルさん、調べたら、ホン・グァンホさんという若いミュージカル俳優さんです。ジキル氏とハイド氏にも出ていたし、なんと映画 Go Go 70'sのサントラ(チョ・スンウさんとも親交があるようです)でも歌ってますし、人気の韓国ドラマ”善徳女王”のサントラでも歌っているようですよ。カーテンコールのとき、彼が出てきたら、若い女の子たちがわ~っと立ちあがって声援がすごかったです。っても、10人とかそんな感じですけど。

なんと、彼は13日から、ファントム役を演じるそうです。機会があれば、是非彼のファントム見てみたいと思いました。キャスティングは当日にならないと分からないらしいので、外国から行く私らは、賭けですけど。

とにかく、韓国版オペラ座の怪人、行って良かったです。シャンデリアが落ちてくるシーンも楽しかった。舞台装置凝ってるんですよね。実際の舞台をみたら、違和感のあった韓国語の歌が、すんなりと受け入れられるようになった気がします。でも、やっぱり♪The Phantom of Opera is there♪ が、♪ヨギ ファーントムオブジオペラ イッソ~♪ ってなっちゃうとなんか笑っちゃうんだよね。♪

見に行った時のクリスとラウルがこの二人。”All I ask of you"。


ジキル氏とハイド氏からの曲です。でも私はこのミュージカルについてはタイトルしかしりましぇん。


さて、予想してたより良かった・・・。劇場を後にします。遠目でみたシャルロッテ劇場です。素敵ですね。
b0021101_2054717.jpg

[PR]
by the_big_blue | 2010-03-07 21:17 | POTO-JOJ, Gerry

最近、ミュージカルの”オペラ座の怪人”を聞きなおししてまして、久々に怪人の記事です。

韓国にハマる前は、毛唐路線で、一時は鬼のように”オペラ座の怪人”にハマってました。結構熱くなると、そればっかってタイプなんです。今もそうですね・・・。ただ、冷めたら一気に他へ・・・・。全然成長してねぇ。

久々にサントラ(映画版)を聞いたら、あれだけ聞いたはずなのに、歌詞とかもほとんど忘れてて情けなかった。自分がいつからハマったのかも思い出せなくて、自分のブログを検索してみた。悲しいくらい記憶力ないんです。だからブログ書いてるんだけどね。

好きなのは、Andrew Lloyed Webberのミュージカル。ファンの方には申し訳ないけど、四季はちょっと苦手。日本語の歌詞がむずむずしちゃうのかもしれないです。ALW版の曲が素晴らしいと思います。最初に落ちたのはイギリス旅行でみた舞台。あれってもう、6年近く前だったのか。夢は、もう一度ロンドンで見たい。あと、New Yorkのも見てみたい。当時のブログをリンクしたが、今読むと、笑える。

<怪人遍歴>
◎2004年10月(ここでJohn-Owen-Jonesの怪人に初めて出会いPOTOに落ちる。)
ロンドンの旅 4日目- オペラ座の怪人 (Tuesday, Oct. 19, 2004)



◎2005年1月(とりあえず出ているCDを探す。今井ファントムと市村ファントムを聞く。)
”劇団四季” オペラ座の怪人” 幻の市村正親ファントムCD

◎2005年2月(POTOといえば、このロンドンオリジナルキャスト、最高の怪人とクリスだと思います。)
オペラ座の怪人 オリジナルロンドンキャストを聞いた



◎(そして映画見に行って、Gerryファントムに撃沈。今見ると、ちょっと濃くてアップアップだけど。映画は13回見た。そのくせ買ったDVDは未開封。イギリスに通える身分なら、もちろん本場の舞台を見たいっすよ。)
映画 "オペラ座の怪人”

やベー、懐かしのこの動画。濃いなぁ(苦笑)。この歌は、映画の最後にミニー・ドライバー(カルロッタ役のイギリス人女優)さんが歌ってるんですが、主役のGerryが歌うカットされたこのシーンもあるのです。


◎2005年3月(生の舞台が見たくて四季のを見たけど、高井ファントムになじめず、不完全燃焼。)
劇団四季 オペラ座の怪人を見てきました

◎2006年8月(韓国いったついでに、韓国キャストのCDを買う。)
韓国でのお買い物 :オペラ座の怪人 韓国キャスト CD

なるほどね、私は2004年から2年ほどどっぷりはまってたんですね。そのあと、韓国に完全に乗り換えたからちょっと遠ざかってました。偶然にも、今日、アマゾンからALWの新しいCDが出るとのお知らせが来たんです。ファントムのその後を描いた”Love Never Dies"のサントラがリリースされるようです。リリース日が今月9日。ロンドンでの初演の日にぶつけてるみたいです。

b0021101_23233364.jpg


この今度の”Love Never Dies"のファントムは、前ロンドンで見たときの、ラウル役だった人じゃないかな。パンフで名前見たぞ。当時は、可愛い、甘い顔したハンサムな青年だったぞ。




やっぱりさ、ミュージカルの人に発声は、明らかに普通の歌手とは違うね。でも、熱唱過ぎて、ちょっとtoo muchにも感じてしまう自分もいたりして。

しかし、いかんいかん、どうもやっぱり東アジアのさらっとした系が好きになっちゃったみたい。
[PR]
by the_big_blue | 2010-03-03 23:51 | POTO-JOJ, Gerry

いや~~ん、オペラ座の怪人のカテゴリーでブログかくのって死ぬほど久しぶり(ほぼ、一年ぶり)。そういえば、ソウルでも公演があるそうで、宣伝のポスターやCMを見ましたよん。

それと関係あるのかないのかわからないんだけど、なにか怪人に動きがあるようです。ソウルから戻った私にオペラ座の怪人からこんなメールがきておりました 。
b0021101_0161736.jpg


10月8日11時に何か怪人からメッセージがあるようです。

何が起きるんでしょうか?
ちょっとドキドキしますね。

この続きはあるかどうかは、不明!(笑)
[PR]
by the_big_blue | 2009-09-24 00:22 | POTO-JOJ, Gerry