カテゴリ:K-MUSICAL( 64 )

某山手線の駅にて発見!

二回目に当たりをつけたとこにありました。意外に小さいポスターでした。

b0021101_1913376.jpg

b0021101_1913378.jpg

大阪も決まったみたいですね!日本人キャストの2ペアだけのようです。

今年は本命以外に金を使いすぎている。エリザベートの楽がスパショと重なってて良かった(笑)!

5月4日ぐらいからイェソンモード上げて行きますから。
[PR]
by the_big_blue | 2012-04-10 19:13 | K-MUSICAL

そして、不朽の名曲のイム・テギョンさん。

テギョンさんといえば、モーツァルトですが、私はCDでしか聞いたことがありませんでした。
友人が絶賛しており、あまりよくしらないので、一体どういう風にいいのかが分からなかったのですが、番組を見てその意味が分かりました。

もちろん歌も素晴らしいのですが、それ以上に彼の舞台に対する真摯なプロ根性が素敵なのです。この時、腰を痛めてしまったのです。一旦収録を中断したのですが、約束したのに舞台で歌わないというのはありえないといい切り、歌い切りました。おまけにダンスまで!



ちょっとドンヘに似てる?(笑)

実は、ミュージカル関係で検索しているとき、テギョンさん何回か出てきたのですが、その時は良く分からないし、なんとなく特徴がない気がしてスルーしてしまったのですね。

でも、今見ると違って見える(笑)。丁寧な歌い方が素敵ですね。
Radio Starに出てる!全然しらんかった。


[PR]
by the_big_blue | 2012-04-08 23:52 | K-MUSICAL

b0021101_7572540.jpg

巷では牧場しぼりが手に入らないらしいです。

私は地元で買えましたが、ラッキーだったのか!?

手に入らないというなら、“牧場しぼり”より、“Opera“のイェソンバージョンでしょう!!出遅れてしまい、どこでも在庫なしです。何が何でも欲しい訳じゃないけど、なんか悔しくなってきた。


ところで最近ドイツの人と話す機会があり、たまたま自分の携帯の待ち受けがエリザでしたので見せた所(二十代と四十代ぐらいの女性)、知りませんでした。リーバイさんの名前出した所、聞いたことはあるが、ミュージカルといえば、キャッツ等のALW位しか知らないといわれました。恐るべし、アンドリュー卿。

さらに、ドイツでは、歌を聞いて観客が熱狂するようなのはあまり好まない傾向があると言ってました。

なるほどね〜。一般的にはそんな感じなんですかね。

初演から二十年近く過ぎてるし、遠い東アジアの小国からみたらあちらでは人気凄いと思っても、怪人のようにウエストエンドでずっと上演されてるわけはなく、広いドイツ語圏のあちこちで上演されてるようですので、普通は知らなくても不思議では無いのかもしれません。

日本でも、ミュージカル好きな人は、国民全体からみたらそんなにいないですものね。

逆に外国人から歌舞伎は好きかどうか聞かれても、答えに困りますね(笑)。

さて、エリザのサントラが出ますね。楽までに韓国へは行けそうにないので(楽は東京ドームでSJコンだ!)。キャストも満足!
[PR]
by the_big_blue | 2012-03-28 07:57 | K-MUSICAL

まだトンレポじゃないっす。ちょっと最近で出歩き過ぎて、今日はお休みです。アリーナコンは17日のみの参戦です。

あたしの好きなソロンゴさんのでるパルレ、3月30日で終わっちゃうみたい!
超残念。



最近、オタク活動が多すぎて、ちょっとヤバいです。そして、魅力ある人達が多すぎて困ってます。前は四天王だけでおさめていたのですけど。

ソロンゴさんに他のミュージカルとかでまた会えるといいなぁ。


[PR]
by the_big_blue | 2012-03-18 21:26 | K-MUSICAL

韓国ミュージカルツアー: 最終日 (ドクトルジバゴ 観賞)の続きです。

昨日書き終えるはずだったんですが、書けなかったので、早起きして書いてます。頭を切り替えたいのでなんとしても書いちゃいたいのです。

これで最後のレポとなります。今回の旅行の一番の目的は、”エリザベート”でした。3月2日(金)が自分の見たいキャスト((エリザベート:キム・ソニョン/トート: リュ・ジョンハン/ルケーニ: パク・ウンテ/ヨーセフ: ミン・ヨンギ/ゾフィー: イ・ジョンファ/ルドルフ: チョン・ドンソク)私の趣味)の公演があったのでこれにどうしても行きたいというのがすべての始まり。

★ご参考★
旅行初日(3月2日)のMYドリームキャストのレポはこちら → 韓国ミュージカルツアー:初日(エリザベート観賞) 

今回の旅行でのエリザは初めてだったので、せっかくだからと思いてもう一度見ることにしたんですね。スケ優先だったので、ウンテさんしか確認してませんでした。

Blue Square劇場。
b0021101_9404999.jpg


地下鉄から上がってくるとお花(お米)があります。チャンウィさんって人を全然知らなかったけど、見る人だからと写真撮ってたんです。ハンサムさんだなと思って冷静に見てましたね。
b0021101_9451053.jpg


日本人はパラパラ居たようですが、だらけということは無かったです。
b0021101_94122100.jpg


本日のキャスト(ソワレ)。3/2のキャストとはウンテさん以外は全員違うんです。しかし、この日のキャストも良かった。
b0021101_9434674.jpg


エリザベート: オク・ジュヒョン
トート:      ソン・チャンウィ
ルケーニ:    パク・ウンテ
ヨーセフ:     ユン・ヨンソク
ゾフィー:     イ・テウォン
ルドルフ:     キム・スンデ

2回めだったので、気持ちちょっと余裕。エリザを2回見るのが目的だったので、ドラマでも全く接点がなくて、エリザの写真だけ見ていたソン・チャンウィさんのことはあまり頭になかった。

しかし、出てきてびっくりした。

な、なんだ、この美しいトートは!!!

こんないい男が地球にいたとは、全く気付かなかった(笑)。エリザ2回しか見てないけど勝手に偉そうに言いますが、やっぱりトートの魅力は”美しさ”なのです。ジョンハンさんのトートは魔術師のように相手を魅惑する歌声と、大人の色気だと思ったんですが、やっぱり、視覚的に美しいトートも捨てがたい魅力。

とにかく美しい。目が離せなくなる彫刻のようなトート。トートのメイクは多分、そのまま太陽光で見たらすごく面白くて噴き出してしまう気がしますが(特に眉毛)、舞台上では妖しさ全開。妖しいの大好きです。ファンなら、失神しそうになるところを必死で起きてる感じでしょうか?

私はチャンウィさんが生まれて初めてだったので、衝撃でしたね。双眼鏡で一体どんな人なんだろうとちょこちょこチェックしてました。7列目だったけど、双眼鏡装備。チャンウィさんのファンだと思われたかもしれませんが、イェソンペンです(笑)。顔だけじゃなくて、スタイルも、動きも全部が美しくて、優雅。見てるだで連れてって!!みたいな気持ちになるトートです。Gerard Butlerの”オペラ座の怪人”もそんな感じです。今はムキムキのおっさんになってしまいましたが、私もぶよぶよのおばさんになっちゃいました。あ、関係ない?)ジョンハンさんとはタイプが違いますが、どちらも素敵。困った、選べん(選ばなくてよし!)個性的な声ではないのですが、とても優しく、若さを感じる声です。あの姿を見ながら聞いたら溶けますね。

そして、可愛い顔したエリザ。この方のエリザは、歌はソニョンさんに声量と全体のパワーでは負けるんですが、若い時のエリザはオクさんのほうが違和感がないし、可愛さのあるエリザだと思いました。そして、美人とあるというダブルのビジュアルパワー。一見弱そうに見えて実は強いエリザで素晴らしかったです。個人的にはこちらが好みかな。

ウンテさんはいいね~~。声も良いし、表情豊かにひょうきんなルケーニがすごく可愛くて良いです。他のルケーニは知らないけど。モーツァルト、ウンテさん出るんでしょうか?7月にまた行かなくてはならない?

初日のレポでは載せられなかったプログラム。写真撮りましたよ。
b0021101_9373163.jpg


ネットに上がってる写真と同じだけど、素敵です。ずっと見たかった生ウンテさんに感動。ビジュアルも声も好きです。
b0021101_938712.jpg


そして、ジョンハン先生と、今回初めてみたチャンウィさん。双璧!
b0021101_9384557.jpg


3人とも、素敵だ・・・・。
b0021101_942563.jpg


そして、フランツですが、ヨンギさんの声が大好きなのですが、うますぎるなと思ってたんです。今回のヨンソクさんは、行くちょっと前まで、”オペラ座の怪人”だったとは全然気づかなくて・・・。韓国キャストの怪人は声が高すぎてキンキンで、感情的なので私は苦手でした。怪人を見に行って、グァンホさんのファンになって帰ってきた奴です、しかし、ヨンソクさんのフランツは、素晴らしかったです。お母さんのいいなりの皇帝、葛藤もある、だけど振り切る強さがない、そんなフランツにぴったりでした。ヨンギさんは歌が立派過ぎて、キャラから離れてしまう気がしました。エリザベートとフランツの二人は、すれ違ってしまう不幸せ度全開なのですが、二人のデュエットは非常に美しかったです。

これは姑と妻の板挟みになる夫(笑)。


闇広は、やっぱりドンソク君がよかったなぁ。スンデさんは、印象が薄くて歌も覚えてないです。チャンウィさん、とってもセクシーです。エリザは衣装も結構セクシーだもんね。表面スケスケブラウスの場所がジョンハンさんと左右でちがってました。裏は二人とも背中がスケスケです。



あと初日書き忘れましたが、トートの手下、すみません、ボキャが貧弱で、死の天使ですかね?彼らがかっこ良かった。MBLAQのイ・ジュン君系の雰囲気の兄ちゃん達が舞台を駆け回るのですが、トートの黒く妖艶な世界の雰囲気をさらに濃厚にしていました。ぶっちゃけ、かっこ良かったです。ただ、双眼鏡で見ると、イ・ジュン君ファンには顔は似てないでしょって言われそうでしたが、とても印象的でした。

キャスト比較みたいなレポになっちゃいましたが、どちらのキャストも良かったです。私にとってエリザは、冷静に見てるのに、感動してしまうという不思議なミュージカルです。次、このキャストだったら見たいかも。

エリザベート: オク・ジュヒョン
トート:      リュ・ジョンハン/ソン・チャンウィ(どちらもまた見たい)
ルケーニ:    パク・ウンテ
ヨーセフ:     ユン・ヨンソク
ゾフィー:     イ・テウォン
ルドルフ:     チョン・ドンソク

全く物語の内容について触れていませんが、なんせ、初心者ですから、ビジュアル面や俳優さんでしか語れないんです。歌詞がどう、演出がどうとか、いつかそういう視点でかけたらいいですね。

でも、やっぱりこれだけ沢山の人を魅了するミュージカルって、やっぱり曲がいいのですよ。最初ドイツ語の歌を聞いた時は、思いっきり拒否感があったのですが、何度も聞くうちにメロディの魅力に引き込まれていきます。これも韓国キャストでOST出してほしいなぁ。(ジョンハンさんと、チャンウィさんだけ聴ければいい!)


ミュージカル三昧旅行もこれで終わり。翌日からまたサラリーマン生活です。友人とインチョンへ向かいます。最後は、Bigbang君達がお見送りしてくれました。空港鉄道、使えます!!
b0021101_0221286.jpg


長い間レポにおつきあいいただき、ありがとうございました。やっと書き終わりました。有給1日と土日で欲張って5回ミュージカルを詰め込みました。月曜の出社がきつかったですが、”エリザベート”と”パルレ”を見られて良かった。この二つは、また機会があれば、是非また見たいです。

言葉の壁かなりありますが、音楽の壁はそれを超えられる事もあります。韓国ミュージカル、危険です(笑)。

ps:書き終わったぜ。イェソンはバンコクにいますが、私はさいアリでユノとチャンミンに会ってきます!
[PR]
by the_big_blue | 2012-03-17 11:42 | K-MUSICAL

韓国ミュージカルツアー:2日目 (パルレ 観賞)の続きです。

さて、もう最終日です。この日の予定は、マチネがドクトルジバゴ、ソワレがエリザベートです。公演をみたら、そのまま空港へ行くので、ホテルをチェックアウトして、荷物を持って会場へ。

ジバゴは今回の旅で4つ目のミュージカル。良く言えば韓国語のシャワー、悪く言えば分からない言葉を浴び続ける事にちょっと疲れを感じ始めた頃でございます。ま、いつも慣れたころには帰っちゃうからね~~。

地下鉄内の宣伝。この瞳は凄くインパクトがありますよね。
b0021101_23334638.jpg


今日は、シャルロット劇場で"ドクトルジバゴ”。評判は微妙だというのは知っていましたし、途中からスンウさんが参加されたのも知っていました。見ても後悔するかもしれないけど、見ないで帰ったらもっと後悔すると思って(笑)見ました。

私が初めて韓国ミュージカルを見たのは、このシャーロット劇場で見た"オペラ座の怪人”でございました。その時の怪人さんは、ユン・ヨンソク氏、ラウルがグァンホさんでした。やべーやべ、懐かしくなって、韓国盤のPOTOのOSTを久々に聴きなおしたのですが、なんとOSTのラウルはジョンハン先生だった。声知らないとか思ってたけど、すでに聞いてたんじゃん!全然気づいてなかった。
b0021101_23183840.jpg


パンフの他、カップとかタオルなどのグッズも売ってましたが、パンフのみ購入。パンフの中の写真は、キャスト紹介以外は、すべて海外版の写真でした。ちょっとそれが残念。
b0021101_23192530.jpg


本日のキャストです。
b0021101_23375667.jpg


ジバコ: ホン・グァンホ
ララ: キム・ジウ
ターニャ: チェ・ヒョンジュ
パーシャ: カン・ピルソク

ドクトルジバコは、ストーリーをさっと予習はして行きました。ストーリーの流れ自体はわかったのですが、いかんせんセリフが多い!あたしみたいに韓国語が分からない人に、セリフが多いミュージカルはまだ早いと思いました。

”オペラ座の怪人”は、セリフがほとんどなく、素晴らしい楽曲が繋がって物語が展開して行きます。だから、世界中の沢山の人に愛されているミュージカルなのでしょう。言葉が分からなくても楽しめるミュージカルだと思います。もちろん、歌詞が分かればさらに楽しい。

一方、”ドクトルジバコ”は、歌の部分が少なくて、舞台演劇に歌がついたような感じ?ですから、演技力に定評があるスンウさんのほうに分があるかもしれません。

相手役の女優さんは、これまたかなりの美人さん(若干人工的)なんですが、歌も上手で声量もあります。天は二物を与えるのねと思って見ていました。子役が背の低い女の子がやってたのとか、アンサンブルの人たちのビジュアルが若干普通すぎる感じがしました(エリザはみんなスタイルが良かった)。もともと盛り上がりに欠けるお話なので、ミュージカルで感動的に盛り上げるのは難しそうだなというのは感じました。

セリフが分からないとやっぱり、面白くない。周りがめそめそ泣く中、ひとり置いてけぼり。

そんな私ではありましたが、やはりグァンホさんの声は圧倒的でした。グァンホさんが歌うと、歌詞も、セリフも分からないのに毎回涙が出てくるんですよ。もー、オートで出る感じ(笑)。だから、途中眠くてだれだれになってても、グァンホさんが歌い出すと、目が覚めて、涙がドバーという不思議な状態に。

本当にいい声です。


舞台の向かって左側に机があり、そこにグァンホさんが舞台の左側を向いて座ることが多いのですね。私は舞台向かって真ん中より左にいたので、ちょうどグァンホさんの顔がよく見えるナイスポジションでした。痩せて鍛えたのかな?男らしくなってました。多分、舞台の向かって右側だと、グァンホさんの背中を見ることが多くなるのではないでしょうか?割と前の方だったので、グァンホさんの歌う姿にうっとり。

ミュージカルとしてはもやもやという、光化門と似たような感じになっちゃいましたが、グァンホさんの素晴らしい包み混むような暖かくて力強い歌声を堪能いたしました。


Blue Squareでもらった雑誌(だと思う)にグァンホさんとジバコの相手役のジウさんとのインタビュー記事がありました。読めないけど写真みて満足(笑)。私は、グァンホさんに、レミゼのジャン・バルジャンをやってほしいなぁ。ジバコは真面目すぎで、面白みがない気がする。

b0021101_2332348.jpg


終演後10分以内に取りに来い(多分)と言われたクロークへそそくさと行き、荷物をゲットして、Blue Squareへ移動です。次回のレポで、完結となります。
[PR]
by the_big_blue | 2012-03-15 01:48 | K-MUSICAL

韓国ミュージカルツアー 2日目(光化門恋歌 観賞)の続きです。

今回の旅行の目的は”エリザベートを"見ることでしたが、これだけの為に韓国へ行く決断はできなかったんですね。グァンホさんの検索している経過で知った"パルレ”というミュージカルが、なんと日本で上映されており(日本語です)、2月に見に行ったら想像以上に素晴らしく、どうしても本物を見たくてたまらなくなってしまい、それで韓国行きを決断しました。”パルレ”見てなかったら、ソウル行ってない。

さて、恵化駅の出口を私が間違えたおかげで、ギリギリだったのが、更にギリギリになっちゃいました。劇場も見つけにくい場所にあるのです。やっと着いた~~。

現在は10thのキャストによる上演です。
b0021101_22525660.jpg


暗くてゆっくり会場を見渡す暇がなかったけど、150人位の劇場だそうです。舞台がとても近くて、非常に臨場感のあるミュージカルでした。

このミュージカル、チケットが3200円位。こんなに安くていいのかいという位の素晴らしいコスパ。支払った何十倍もの感動をもらいました。今回の旅の一番の収穫はパルレ・・・いや、エリザも良かった。とにかく、わざわざ見に行って悔いなし。パルレは、歌も良いし、ストーリーも良いし、笑いあり、涙ありで、大好きでなミュージカルです(日本語で見ていたから、話が分かったし)。またソウルへ行ったら、絶対見たい。一人でも行っちゃうと思う。

パンフレットです。ストラップも記念に買った。
b0021101_225473.jpg


私達が見たのは、このソロンゴとナヨン。ナヨンちゃんは、イ・ヨニちゃんに似てた。背は低かったけど。今のキャストは、今月で終わりみたいです。今日それを知って、すげ~ショック受けてます。来月から11thのキャストになるみたい。

b0021101_22563916.jpg


ナヨン:    チョ・ホンジョン
ソロンゴ:   キム・ジョング
ハルモニ:  カン・ジョンイム
フェジョンオンマ: ハン・セラ
ク氏: チャン・ギョンス
パン氏: アン・トゥホ
マイケル: パク・チョルワン
女性店員:     シン・ムンギョン

”チャム・イェッポヨ”。大好きな歌です。この曲、グァンホさんverを聞き過ぎた弊害で、この動画見た時、全然イマイチじゃんかと思ってたんですが、実際にパルレみて、このソロンゴさんの歌を聞いたあとで見ると、すごく感動します。



ソロンゴさんはクアトロキャストのようです。私が見た時のソロンゴさんは、写真よりずっと素敵で、背が高くて、スタイルが良くて、ハンサムでした。朴訥で真面目なソロンゴ役がぴったりででした。涙を床にポタポタ落としながら演技している彼は、まさにソロンゴでした・・。こんな小劇場なのに、1日に2回やるときもあるだろうに、毎回こんなに泣けるなんて、プロだなぁと感動しました。

カーテンコールは撮影禁止です。でも、ようつべにあったので載せますね。主役の二人だけではなく、他の4人の役者さん達も素晴らしかったです。みんなが好きになります。一人で数役をこなすのですが、完全に別人になりきってるます。可愛くて、面白くて、かっこよくて、可哀相で、切なくて、ずるくて、憎たらしくて、情けなくて、そんな人達の喜怒哀楽を集結したミュージカルでした。沢山笑って、沢山泣いた。



動画検索してると、いろんな人のパルレが出てくるんだけど、自分が見た人が一番良く見える(笑)。
日本版は凄く似てたけど、若干日本版のがお上品。韓国版はスゴイリアル。喧嘩のシーンなんてまじで殴ってた。

エリザしかし、パルレしかり、感動できるミュージカルって、もちろん楽曲の良さ、俳優さん達の素晴らしさもありますが、結局のところ、ストーリーと歌詞を自分である程度理解してるものばかりなんです。いきなりパルレを見に行っても感動するとは思います。だけど、本当の良さは分からない。字幕なしで映画を見るのも、似たような感じ。

あ~あ、結局、言葉の壁って同じところにぶち当たるわけです。じゃ、日本のミュージカルを見れば言葉の問題は解決するんだが、そういうわけにはいかない(笑)。せっかく見に行くわけですから、予習は大切だと思いました。

大満足で会場を後にしました。パルレのインパクトが多すぎて、昼間見たミュージカルの記憶が薄い(汗)。お昼食べてから、お菓子をちょっとつまんだだけで何も食べてなかったのでお腹ぺこぺこ!!

やっぱり、肉はうまい!野菜が一杯食べられるから、韓国の焼肉大好き。

b0021101_21565742.jpg


やっぱりサムギョプサルは最高だ!!!コーラを頼んだのに、サイダーが出てきた。そんなに発音悪いかなぁ。凹むぜ。
b0021101_2157890.jpg

 
あ、関係ないけど、コンビニに売ってたロッテのRed Bullに相当するドリンクです。味は、Red Bullに似てたけど、値段が安かった記憶があります。飲んでも別に元気が出るとかもなし。激しく美味しい訳もないけど、こうして売られているのを見ると、世間では人気があるんでしょうか、この手の飲みものが?

b0021101_22475860.jpg


さて、あっっという間に最終日を迎えます。
[PR]
by the_big_blue | 2012-03-13 23:00 | K-MUSICAL

韓国ミュージカルツアー: 2日目 (WHYSTYLEと買物)の続きです。

ホテルに荷物置いて、劇場に向かいます。隣の駅との間にあったので歩いて行ったですが、意外に遠くて、会場についてお手洗いに行ったら、もう開演数分前。ここで、私、大きなミスを犯しました。ばたばたと出かけたので、デジカメ持ってくるの忘れた!!!007.gif

"光化学門恋歌”を見に行ったのは、いくつか理由があります。

① 友人が送ってくれたソン・シギョンさんのDVDにスケッチブックが入ってて、そこにイ・ムンセでさんが出てきたんです。初めて見たのですが、歌が感動的にうまくて感動したのです。その彼の歌が使われているミュージカルだと聞いたので興味があった。

② Infiniteのウヒョン君が出演しているので見てみたかった。たまたまこの日がウヒョン君が出る日だったので、見ちゃおうかなというミーハー根性です。

パンフにも載ってましたよ。
b0021101_20331861.jpg


③ 主演されているのが、その昔スケッチブックで司会をされていた(トンの時に見ていた)、ユン・ドヒョンさんということ。ドヒョンさんはイェソンの家の近くで仲良しと聞いていましたし、セルカでドヒョンさんとも一緒に映ってたので興味があって。

本日のキャスト。
b0021101_20325212.jpg


サンフン(若):ユン・ドヒョン
サンフン:パク・ホサン
チェ・ヨジュ:チョン・ソンア
カン・ヒョヌ:イ・ユル
ジユン:ウヒョン

んで、肝心のミュージカルなんですが・・・・、私にはレベルが高すぎました。

韓国語の壁がかなり大きいです。見に行かれた方のレポ読んであらすじを把握して行ったつもりでしたが、セリフが結構多いし、話が過去と現在が行ったり来たりするので、わけがわからなくなりました。感動的な場面でも、セリフがわからないから置いてけぼりで、何度か意識不明になりかけました。沢山魅力があるのだと思うのですが、私には伝える力がありません。

予習として、イ・ムンセさんのアルバム"光化門恋歌”を聞いていったのですけど、基本的に、このミュージカルは韓国の方が見た方が感動出来るようなお話なのかなぁと思いました。

舞台の左右にピアノがあって、物語が2ヶ所で進行します。前から3列目だったので、ありがたい半面、近すぎるために、右見たり、左見たりと忙しかったです。ウヒョンくんは舞台上にいるのに、闇の中で待機みたいなのも多くて、流れている舞台を見るべきか、闇のウヒョン君を見つめるべきか、悩みました(笑)。

主役の女優さんは美人で、声量がすごいです。歌が上手い上に、細いのに胸が大きくて、なんだかずるいと思って見てました。ついつい胸ばかりに目が行きました。(おっさんか、私)。

主役が大人になった時の訳のハン・サンフンさんという方は、落ち着いているのですが、非常に味がある役者さんで、涙を流しての熱演に、こちらまでもらい泣きしてしまいました。昔、パルレにも出演されてたみたいですね。

ユン・ドヒョンさんの歌声は素晴らしいです。彼の声はなんて表現していいのかわからないんですが、どんな歌も自分の世界を作り上げてしまうぐらい魅力的な声です。聞いてもらった方が早いです。ドヒョンさんの動画さがしてたら、ムンセさんと二人で歌ってました。二人ともスゴイ歌手の方です。

このお二人の声は、すごく聞いてて気持ちいいのです。これらの歌は、ミュージカルで歌われた曲なのですが、初めて聞いても聞き惚れる声ではないかと思います。



前のほうはほとんどがウヒョン君のファンだったと思います。ファンサービスも結構よかったと思います。黄色い帽子と黄色い衣装でとっても可愛かったです。そんなに沢山は出てきません。

最後のカーテンコールは撮影OKだったのに、デジカメをホテルに置いてきたため撮影できませんでした。携帯で撮ってみたけど、舞台が明るすぎて全然撮れないの。唯一、映ってるらしき写真がこれです。近かったのに、惜しいことをしました。真ん中右寄りはウヒョン君。
b0021101_20361722.jpg


可愛いウヒョン君見れたし、ドヒョンさんの歌も堪能出来ました。言葉が分からなくてもミュージカルは楽しめると思うのですが、作品によっては、やはり誰でもOKというわけにはいかないものもあると思います。私的にはなんとなくもやもや感を残して終わってしまいました。ムンセさん、ドヒョンさん、ウヒョン君ペンならお勧めです。

060.gif

前回の買物の所で書きそびえれたので、こちらに載せますね。

雑誌Musicalを買ったんですが、面白そうな記事が一杯ありました。問題は、全く読めない事。そりゃさ、韓国語勉強すりゃいいって分かってるんだけど、本当に韓国語ができなくて不便なんだけど、かといって、命にかかわる問題というわけではないので、結局放置。しかし、読みたい・・・。

b0021101_21425024.jpg


だって、笑顔で笑いまくってるリュ・ジョンハン様とか、

b0021101_21431394.jpg


グァンホくんより話題をさらってるスンウさんとか、

b0021101_2146216.jpg


日本で上演された”パルレ”のこととか書いてあるんですよ~~。

b0021101_21463357.jpg


さて、"光化門”の次は7時までに恵化駅に行かないとなりません。余裕で行けると思ったけど、移動時間1時間は結構ぎりぎりでした。次のミュージカル”パルレ”を目指して出発!
[PR]
by the_big_blue | 2012-03-12 21:00 | K-MUSICAL

韓国ミュージカルツアー:初日(エリザベート観賞)の続きです。

2日目のミュージカルは、午後3時からLGアートセンターで”光化門恋歌”、そして、夜7時から"パルレ”が控えております。イェソンペンですので、2月29日にオープンしたばかりのイェソンのお父様のメガネ屋さん”WHYSTYLE”を避けて通ることはできません。

入り口にはお花が~~~。
b0021101_19264645.jpg


場所はミョンドンの、ロッテヤングプラザの道路を渡った反対側位のところにあります。リョウクのお花が目立ちます。
b0021101_19272844.jpg


私が行った時の情報なのでその点ご了承ください。2階はブランド品でちょっと高め。黒と白基調の、すっきりして、モダンな店内でした。

1階はブランド品とWHYSTYLEオリジナルの商品が置いてあります。レンズ込みの値段で、下が88000ウォン位だったかなぁ。私は韓国でメガネ作ったことないけど、あのあたりの格安メガネのお店よりは、若干高めだと思います。

店員さん達は、行った時4人いたけど、感じ良かったですよ。日本語はあまり通じないと思いますが、英語が分かればなんとかなると思います。

b0021101_19433982.jpg


3月1から3日までMVの撮影をしていて忙しいみたいだと聞きました。なんの撮影でしょうか?今、思うに、”Opera”のMVなのかなと想像するのですけど。

私も買いたかったけど、好きなデザインを選ぶ時間が無くて見送りました。友人がリョウクと同じデザインの色違いを注文しました。メガネが出来上がる間に、ミョンドンに買物&ランチしに行きました。

b0021101_19444173.jpg


ランチは、神仙ソルロンタン。激混みでしたが、やっぱりここのカクテキは美味い。これなら、買って持って帰りたいです。皆さんにはどうでもいいでしょうが、わたしの記録用に買物を載せます。

K.Will君のニューアルバム買えた!リリースが遅れれたからちょっと心配でした。7曲(一曲はinstrumental)入っていますが、とても良いです!バラード好きな方ならお勧めです。よろしくお願いします。
b0021101_2012235.jpg


このときは、まだちょうどBBコンやってた事さえ知らなかったのでした。最新アルバムは、表紙が選べるのです。私はテソン版を買いました。YGのCDジャケットっていっつも凝ってるんですよ。同封のカードも、中の写真集もテソンです。うれしい~~~!最近のBBの曲はCDも買わずあまり聞いてなかったんだけど、今回のは凄く良いです!!今回はメロディがみんな綺麗で気に入りました。
b0021101_2013378.jpg


買うのは止めて見送るはずだったが、目の前にあったから、ついつい。Boys in cityのマレーシア。まだ、イケてない頃のあどけないイェソンが見られます。
b0021101_2025811.jpg


どうせ読めない癖に、”最高の愛”のコミックブックがあったから、ついつい買ってしまった。1巻だけにしようと思ったけど、なんかそろえたくなり3冊買っちゃった。どうせ積ん読。

b0021101_2149071.jpg


化粧品、こうしてみるとあんまり買ってない気がするけど、お店が全部違うから結構時間とりました。一応マークしてったのはみんな買えました。
b0021101_2034093.jpg


エチュードハウスでのリップバームももちろん買いました。店員さんに、色が一番自然なのはブリンと言われたけど、どうしてもOnewが欲しくて買いました。自分に似合わなすぎるピンクだってのは分かってるよ!

b0021101_21495571.jpg


おまけ沢山~~。
b0021101_2051178.jpg


怒涛のように買物して、WHYSTLYEでメガネをピックアップして、ホテルに一旦荷物を置いて、”光化門恋歌”の会場へ向かいます。
[PR]
by the_big_blue | 2012-03-11 20:26 | K-MUSICAL

韓国ミュージカルツアー: 初日 (京東市場へ)の続きです。

初エリザでございます。ワクワク!!

もともと、このミュージカルのことは全然知らなかったので、韓国で上演されると聞いてから、もう見る気でいました(笑)。近くなってから、予習として宝塚版(パルレの日本版に出演していたおばあちゃんがエリザ役で、闇の帝王が今度東宝でやるエリザさんのもの)と、UWEさんの初演ウイーンキャストのCDを聞いて予習して行きました。

見るなら、絶対この夢のキャスト(ジョンハンさん、ウンテさん、ヨンギさん、ドンソク君)が全員揃う日でなくちゃと勝手に決めてました。自分が行けるのはこの日しかなかったのです。そもそも、この4人が揃う日はそんなにありません。来週もあるけど、東方神起のTONEコンがあるからだめ~~。そろそろ、頭をトンモードにしなくては。



Blue Squareは9月に行ってるので、余裕(笑)。地下鉄からホールに繋がる通路に、ファンからのお米が置いてあります。しまった、ジョンハンさんのお米撮ってなかった。

チケットをまずは交換。
b0021101_2303290.jpg


ドンソクさんのお米。
b0021101_231031.jpg


ウンテさんのお米。
b0021101_2311945.jpg


ホールの中。新しくて、とても綺麗。天井が高いから気持ちいいですね。
b0021101_2314438.jpg


本日のキャストです。パンフ買いましたが、写真撮ってないから、最終日のレポで載せますね。グッズは、ノートと紅茶しかなかったから買いませんでした。キッチュのグッズは売り切れてたみたいです。

Today's Cast
b0021101_23114355.jpg


エリザベート: キム・ソニョン
トート:      リュ・ジョンハン
ルケーニ: パク・ウンテ
ヨーセフ: ミン・ヨンギ
ゾフィー: イ・ジョンファ
ルドルフ: チョン・ドンソク

大満足です。楽しかった。歌詞は韓国語では理解できないけど、ストーリーを予習していったから、だいたい話も分かりました。指揮者は女性の髪の長い人。ミュージカルの指揮者さんって女性が多いのかな?

オペラ座の怪人が好きな人は、エリザも好きになる人が多いんじゃないかと思います。でも、涙は全然出ないんだけど、感動します。なんだろ、エリザとはあまりに境遇が違い過ぎて共感することは無いんだけど、エリザとトートの関係がとてもロマンチックなんですね。

”エリザベート”を見に行ったのに、全くエリザの女優さんのことを気にもしていませんでした。今回のエリザは、キム・ソニョンさん。この方、ジキハイ(スンウさん)の時のLucyさんでした。抜群の歌唱力です。ぶりっ子(若い時)は似合わない感じがしましたが、大人になって訴えかけるような歌を歌わせたら、会場が震えるぐらいスゴイ迫力です。力強いエリザでした。

フランツ・ヨーゼフはヨンギさん。ヨンギさん、声がとても素晴らしいので好きなんです。三銃士ではとてもコミカルで楽しかったけど、今回は真面目すぎる役だった為、ヨンギさんの魅力があまり出てない気がしました。割と情けない皇帝なのに、歌が立派すぎるんですよ・・・。

ドンソク君は、Uweさんとの闇は広がるを見て、すごく印象が強かったので見たかったのです。Uweさんの時より、インパクトが弱い気がしたけど、若いし、ハンサムだし、兵役終わってるし、これから活躍して行くのでしょうね。

そして、ずっと生で見たかったウンテさん。すごく良かったです。ウンテさんのルキーニしか知りませんが、すごく役に似合ってたと思います。これも綺麗に出ていました。ルキーニって非常に重要な役ですよね??一番出てるんじゃないかな?目をくるくる回して、ちょっと狂ったような、おどけた役が似合ってました。2幕目のキッチュでいきなり客席に出てきてびっくりした。なんと私の後ろで歌ってたのです。ああ、一列後ろだったらな。ウンテさん見られたからほんとに満足。(ちょっとOnewとリョウクに似てる。)ウンテさんって、彼女いるの公言してるのかな?カンジファンさんと出てた番組でも、"彼女と来るといいよ”といわれてて、うなづいてた気がする・・・(涙)。


そして、初ソウル大エリート ジョンハン大先生。ジキハイは、スンウさんとガンホ君だったのでいままで接点なし。youtube等で見ていましたが、一度は見てみたいと思っておりました。やはり生は凄かった。鼻にかかった声なんですね。堂々として、男らしいトートは素敵でしたん。安定した歌唱力と独特のオーラがメラメラしていました。甘いハンサムというタイプではないのですが、狂気が入ったちょっとねちっこい感じのトートは妙に色っぽかった。そんなに背は高くない方のようですが、とても大きく見えました。(ずっと誰かに似てると思ってたんですが、ビョン様とPsyさんにちょっと似てる?笑うととても可愛い笑顔の方ですね。

ほんとに楽しかったです。ソニョンさんもジョンハンさんのペアは、抜群の歌唱力+声量なので、大迫力でした。最初、予習しようと思ってCDを聞いても、全然馴染めなくて、ドイツミュージカルは合わないのかもと思ってたんですが、だんだんとドイツ語の響きも慣れてきたし、また機会があれば見たいと思います。
[PR]
by the_big_blue | 2012-03-10 00:51 | K-MUSICAL