カテゴリ:Entertainment( 359 )

先々週末に、巣鴨でファイト餃子を食べて元気をつけた後に、National Theatre Live の フランケンシュタイン Version B(カンバーバッチ怪物)を見てきました。Version A(カンバーバッチ博士ver.)はその1週間前に見ました。その時のレポはこちら→ナショナルシアターライブ "フランケンシュタイン" 見てきました (ベネ博士 ver.)

b0021101_2338079.jpg


初回見たときは、圧倒されっぱなしでしたが、2回目は少し余裕をかましてみることができ(笑)、途中に眠たくなったぐらいでした(ヲイヲイ!)。前回は2列目。今回もコンサートなら最高だった最前列。映画館だと、かなりの苦痛です。画面が歪んで見える。

今回は、舞台のセッティングも見る余裕ができました。円形の小さいステージですが、真ん中が回転し、奈落からセットが出てきたりします。セットが回転すると、裏側が別のセットになるという仕組み。また、上から家が降りてきたり、梯子が下りてきたかと思えば、湖のほとりの小道になったり洗練されています。まさかの本当の焚火も出てくるし、火花も散ります。舞台はとても堅そうな板の間風で、、その上をのたうちまわる怪物はさぞかし痛いだろうと思って見ていました。怪物が殴られるシーンは本当に殴っているように見えましたが、どうなんでしょう?無駄のない舞台セッティングでした。撮影カメラが数台あり、天井から舞台を見るアングル、アップもあるので、劇場とは別の楽しみ方があります。

また、舞台で印象的だったのは照明です。ライトが銀河のようでした。良く見れば裸電球の集まり。一つ一つはシンプルなのに、集まるといろんな顔を見せる機能的な照明。

音楽はUnder World。私は全然知らなかったのですが、有名なグループのようですね。知り合いにこの舞台のことを話したら、Under Worldが音楽ってところに食いついてきましたよ。不思議な音楽でした。

ベネ怪物と見るまでは、最初に見たJLM怪物の方が良いのでは?と想像していました。なぜなら、冷静で崩れないイメージのカンバーバッチさんがパンツ一丁姿で怪物を演じる姿が想像出来なかったからです。でも、見た後は、考えが変わりました。ベネ怪物バージョンの方が好きかな。友人は、JLM怪物の方が好きだといってましたので、好みの世界ですね。カンバーバッチさんは、博士役は間違いなく適役で、怪物も素晴らしかったです。両方演じてほしいぐらいですが、同時には無理ですね。

博士と怪物は敵であり、同士であり、家族であり、分身のような存在です。ダニー・ボイル監督の考えで俳優二人が役を交互に演じることで相乗効果を期待したとコメントで言っていましたが、確かにそうだと思います。演じる方は大変だったと思いますが・・・。

JLM博士は、私には博士らしく見えなかったです。知的さや、冷酷な感じが足りない気がしました。バージョンAと比べてみると、ベネ博士は、クールな雰囲気がとても似合っていたし、JLM怪物に対して上から目線で、優位に立ってる(立とうとしている)気がしました。

ベネ怪物は、演技もビジュアルも迫力がありました。背が高く、足が長くて、以外にがっちりした骨格でした。最初に出てくるシーンではお尻が丸見えでちょっとひやひやしました。JLMさんを見ている時は全くヒヤヒヤ感がなかったのはなんででしょう?動きを憶えていくくクリーチャーの姿がベネ怪物の演技は素晴らしかったです。関節の動かし方があり得ないような動きで凄かったです。触ると皮膚が冷たそうで、哀れさをあまり感じませんでした。皮膚が乾燥していて堅くてとげとげしいイメージ。対するバージョンAのJLM怪物は、赤ちゃんが成長していく姿と重なり、子供っぽくて、可愛さもあって、捨てられたペットを見ているような哀れさが印象に残りました。こちらは柔らかくて小さくてべたっとしているイメージ。

ラストのシーンは、ベネ怪物が博士を手玉に取っているイメージがあって、最終的には二人が友人のように仲良くなって旅立っていくような明るい(爆)未来みたいな印象が残りました。

個人的には、目の見えない老人役のは俳優さんがとっても素敵でした。二人で仲良く歌ったり、勉強するシーンはどちらのバージョンとも微笑ましかった。あと、スコットランド?の田舎の漁師さんの甥っ子の人の話し方が(多分、すごく訛ってるみたいウケていました)面白かったです。

b0021101_11105329.jpg


1回目見た時から思ってたけど、エリザベス役の女優さんが苦手。映画にも出てるらしいけど、私は見たことがないです。声とべとっとした話し方が苦手でした。

字幕は、結構省略してるみたいです。今回も漢字の変換間違いがありましたが、Version Aの時より若干字幕が自然になっていた気がします。確か、翻訳は日本語ネイティブではない方だったのでうしょね。今回は、日本人の方の監修がはいったようなクレジットが入っていました。

とにかく、このような素晴らしい演劇が日本で、字幕付きで、素晴らしいアングルで見られただけでもラッキーだと思います。もちろん生がよいでしょうが、私は字幕が必要だからこれで良し!

今回の公演前までに原作(翻訳)を読み終える予定でしたが、結局読み終わらず、昨日やっと読み終えました。原作はとても面白かった。単純に娯楽としても面白いし、とても深い本だと思います。フランケンシュタインというのは怪物を作った博士だというのは、この演劇で知りました。多分、ほとんどの人が怪物の名前だと思っていると思います。この怪物には、博士からは名前さえも与えられなかったんですよね。

b0021101_11113363.jpg


舞台を見ていたので、シーンを目に浮かべながら読めました。違うところもありますが、原作に割と近い内容だと思います。ちなみに、韓国で上映中のミュージカルのフランケンシュタインは設定がだいぶ原作とは異なるようですよ。今、イギリスで撮っている映画はどうなんでしょうね?

さてさて、次は、4月末のトム・ヒドルストンさんのコリオレイナス。全く知らないシェークスピアの世界でついていけないと思うけど、見に行くつもり~~。
[PR]
by the_big_blue | 2014-04-14 10:42 | Entertainment

昨日のEXOファンミ行ってきました。

珍しく、速攻上げます。忘れちゃうんで。まちがってたらごめんなさい。週末のエントリーにあえなく撃沈して、タメもとでエントリーしたら取れちゃったはいいが、平日。会社が終わってぶっ飛んでいきました。さいアリは意外に便利なので、始まって数分遅れで到着しました。

b0021101_13532960.jpg


会場に7時過ぎに入りましたが、外にはダフ屋がそとにうろうろしてました。入らずに会場の外にうろうろしている若い子たちが沢山いたけど、あれはなんだったんだろう?

想像していましたが、ファンが若い!中高生や二十歳前後がメインですかね。想像してましたが、居づらかったわ。座席はスタンド1階の後方でしたが。前の方だった。スタンドは高さがある為、見やすかったです。バックステージがないから、アリーナの後ろだと平坦できつかったのではないかと思いました。さいアリは縦に長いからね。花道が漢字の”工”の下の辺がちょっと短い感じでした。。もうちょっと花道長くしてくれれば良かったけどファンミだし。でも、さいアリですから、どこでもドームにくれべりゃ近いっすよ。

基本の流れは、最初に歌って、挨拶して、歌って、途中トークコーナー、そして最後に歌っておしまいのきっかり2時間コース。アンコールなし。

セトリは、同行の友人が覚えてました。
生は、映像や写真でみるよりずっとカッコいい。全員おそろしいほどハンサム。SMTOWNで見た時は、クリス以外はそんなこと思わなかったけど、やっぱり選ばれし子達なんだわ。

出だしのメンバー紹介は定番のヨンジン先生。

<セトリ>
Let out the beast

挨拶

History
MAMA

12月の奇跡
Don't go
ゲーム(トーク)コーナー

365
Lucky

Wolf
ウルロン

通訳さんはSJ等でおなじみの方かな?司会者が、男性のハーフっぽい人。どっかでみたことある気がする。頑張ってたんだけど、EXOのメンバーのキャラとかを良く知らないのと、韓国語の知識がないので、ちんぷんかんぷんな振りや、コミニュケーションが若干上手くいかない感じ?多分、だんだん慣れてくるだろうけど、できれば韓国語分かるみんしるさんあたりが良かったかなと。twitter見る限り、みんしるさんは、誕生会やってたみたいです。

生歌は、12月、Don't go, 365かな?生歌は凄く上手かったです。12月は、真っ赤な衣装で出てきました。365あたりは、コンサートのアンコールのようなわちゃわちゃ感。

久しぶりに大人数を見て疲れました。そして、SJが懐かしくなりました・・・・。みんな、いい子たちだし、なんたっていま一番旬ですよね。日本でもコンサートやりそうなコメントしてました。機会があれば場違いでも是非またコンサート行ってみたいです。。松浦社長が花だしてたし、当然やるでしょ。

ほんとにな、なにやってもきゃ~~~~~~~~~~~~~なの。私はさすがにEXOには叫べないお年頃だから静かに見てたけど、叫べる子達がうらやましかったわ。トークの間も誰も座らない。多分ですね、前の方の子たちが座らないもんだから、後ろは座るに座れなかったのだと思います。私も、座ると見えないから立ってた。トンとかだとチャミに、SJならギュに座れと怒られるので座れるのですが、ファンミだったしね。司会者がそこまで気が回ると良かったかも。ま、ファンは、若い子が多いから2時間ぐらいなんてことないでしょうが(笑)。

日本に来た時はいつも先輩達と一緒で、単独でやるのは初めてなので、感動したと言ってました。ライトが、シルバー。意外にありそう出なかった色。もう、残ってる色ないもんね。SMTOWNのときは、”愛してます”いって全部挨拶をそれでごまかしていたけど(爆)、今回は、結構がんばって日本語の挨拶をしてくれる子達がたくさんいました。カムバ直前で忙しいのに嬉しいですね。みんな汗一杯かいて一生懸命ででもとっても楽しかったです。

ゲームは2人ずつ選ばれれ、質問カプセル入りのUFOキャッチャーを取った方が、グッズをもらえ、負けた方が未公開写真を公開される。質問カプセルの質問は適当に司会者が答える人を当てました。

印象個人別で:

スンホ→金髪になってた。一生懸命リダぶりを発揮しようとがんばってました。責任感が強いだろうなぁ。若干空気よめなくなるのは、ユノやトゥギを思い出させます。覚えてきた日本語挨拶、全部忘れちゃったみたい。愛嬌やれと言われてクリスがやらないので、代わりにキヨミをやってました。メンバーのなかで5位に入るレベル(あやふや)かと言われ、背を入れなければ入る、入れたら入らないと謙虚なお答え。草加せんべいを当てました。

ベク→アイラインばっちりの、黒髪ストレート。間違って理想の人は?という答えのところ、”チェン”と言ってしまい、流れが違う方向へ。未公開写真でレイとのツーショットが上がり、舞台でも同じポーズをやらされ、また流れが違う方向へ。とにかく、ムードメイカーで、まわりの空気を上手くつかんで楽しくさせてくれる。二階三階にも目を配って挨拶もちゃんとしてます。日本語素晴らしい!!!

ディオ→定番黒髪。セットで髪をふくらませててましたが、帽子かぶったりしてるうちに髪型が乱れたようで、最後は手でオールバックにしてました。ゲームでアンパンマンを当てましたが、司会者にあんまり嬉しそうじゃないと言われて、子供のころから好きで、食べたいと思っていたと頭にかみついてました。最後、パンツにアンパンマン付けてくれてて可愛かったです。

チャンニョル→髪が赤紫になってました。チャンニョルもアンパンマンぬいぐるみをを当てて、パンツにつけてました。リーダー並みの挨拶もしてました。自分の中では、意外に印象が薄かった。

カイ→あまりしゃべらない。プラチナブロンドのふわふわヘア。ゲームでチャンニョルに勝てそうだったけど勝てなくて、これは機械が悪いとまじで主張してたら、メンバーにそれはここでいうことないと諭されてました。負けず嫌いんだんだよね。カイのダンスは、ほんとに美しい。未公開写真が激しく可愛かった。挨拶で、カッキケ(きっかけ)可愛すぎた。

セフン→ブラウン系の髪色で、きりっとセットした髪型で、とても綺麗でした。背が高くてスタイルがいいから、とても綺麗です。ゲーム対決はタオで、マンネペアの歓声凄い。

クリス→会場みんながクリスを見る度に、カッコいいと叫ぶぐらい、ギャラクシー級の美しさでした。ゲームで愛嬌やれっていわれ拒否してました。美しさでは自分で3位に入るといって、会場から大拍手。やっぱりいい味だしてました。ベクに”ギャラクシー氏”と呼ばれてました。ドラえもんポーチ当てましたが、一切反応なし。

ルハン→セフンに似た感じで髪の毛をきっちりセット。まるで、西洋人の少年のように美しく可愛かったです。。そんなにしゃべらないけど、優雅です。自分は、カッコいい、可愛い、セクシー・・のどれかと聞かれ、セクシーと答えてちょっとウェブダンスしてくれました。ゲームで東京ばななを当てましたが、知ってるらしく大好きと言ってました。

レイ→歓声結構大きかったです。黒髪で、大人っぽく決めてました。しつこく何度も何度も、ユニコーンレイを言ってましたが、何言ってるかイマイチ不明(笑)。舞台はけるときも最後までの残ってユニコーン言ってました。

シウミン→ 髪がピンク系のブロンドで、色が本当に白くて、綺麗でしたね。挨拶意外口きいてないんじゃないかな?挨拶は日本語。アイラインが遠くから見ても見えるぐらいばっちり見えた。他にはない個性的な顔立ちで、大人気でした。未公開写真は、タオとルハン?を撮影するシウミンの写真。

チェン→ブラウン系で、声量が凄い。ゲームでドラえもんのクッション当てたんだけど、僕を理想の人に選んでくれたからこれはベクにあげると言ってました。いい子だわ。だけど、なぜかそれをタオが365歌ってる時に持ってました。あれれ・・・。

タオ→金髪。いやいや、クリスに次ぐ美しさですね(個人的趣味)。ゲームで質問されたけど、意味がわからないことが何度かあり、ベクが代わりに代弁者として答える場面も、スタイルが良くて、顔が小さいから、そんなに大きくは見えないけどほんとに綺麗でした。なぜか歌う時、一人ハンドマイク。マンネだからか?

本当に、みんないい子で、かっこよくて、楽しかったです。
一番の収穫は、ベクの、”ケプソーン”を何度も聞けたこと。

惜しいとか、悲しいとか、そういう気持ちをあらわすときに使う言葉

ファンミはこれからどんどん進化して行くはずですから、楽しんできてくださいね。
[PR]
by the_big_blue | 2014-04-12 13:43 | Entertainment

今日は、珍しくフレンチのランチをして、これまたひっさしぶりにカラオケに行って、歌を全然歌わず東方神起の映像ばっかり2時間見て、それからオープンしたばかりのコレド室町で、ナショナルシアターライブの”フランケンシュタイン”をみてきました。最近、フランケンシュタインがマイブームです。

時間が無くて、映画館しか行きませんでしたが、時間があったとしても凄い人でぐったりしそうです・・・。
b0021101_22281370.jpg


これから2カ月に1回ナショナルシアターの演劇が字幕付きで日本で見られるようです。英文科じゃないので、シェークスピア等について良く知らないので、これを機会にちょっとずつ知りたいなと思ってます。
b0021101_22281330.jpg


今週は、ベネディクト・カンバーバッチがフランケンシュタイン博士、来週は怪物を演じます。字幕付きでよかった。たとえイギリスでこの舞台見ても、感動すると思うけど、セリフが理解できないからとても助かる。たまにすごく簡単なセリフは理解できる時がありましたが、理屈っぽいセリフや、抽象的な話だったり、文学の引用などがあるとさっぱい理解できないので助かります。ですが、翻訳者は日本人ではないようです。ありえない漢字の変換間違いとか、たまにへんな日本語がありました。

直前にこの上演のことを知ったので前から2列目。コンサートなら狂喜乱舞で最高の席ですが、映画はかなりきつい。満席。ほとんど女性でした。カンバーバッジさんのファンかしら?ちなみに私は、カンバーバッチさんは良く知りません。

すごく深い舞台でした。上手く伝えられるボキャが無いです。2時間の舞台ですが、初めに National Theaterの紹介や、脚本家や監督さんのインタビュー、リハーサルの映像ちょっとあって面白いです。怪物役のジョニー・リー・ミラーさんは、映画”ドラキュリア”でみた時は顔もイマイチだし、ひょろひょろの微妙な印象でしたが、舞台でみたらがっちりしていて別人のようでした。

ほとんどパンツ一丁姿の、フランケンシュタインのつぎはぎメイクでの大熱演。自分の2歳の子供を見て参考にしたと行っていました。生まれたばかりの人間は起きあがることも、歩くことも、掴むこともことも出来ないけど、だんだんといろんなことができるようになる。怪物も博士によって生み出されたものの、最初は起きあがることも出来ない。そんな彼が、人間としての基本的な動きを見につけていく出だしの演技は素晴らしくて、最初から引き付けられました。

”オペラ座の怪人”と重なる部分があるなと思いながら見てきました。まっさらで生まれてきて、努力して教養も身につけ、良い人でありたいと思っているのに、周りから醜さがゆえに嫌われ、拒否され、裏切られ、だんだんと恨みや復讐心を心に育てていくようになる。愛されたいのに、愛したいのに上手く行かなくて、孤独で哀れな怪物。結局、殺人を犯すようになり、心も怪物になって行く所がとても重なると感じました。

切ないお話です。自分を生み出したフランケンシュタイン博士からは、名前さえも与えられず、愛されたかったのに愛されない。博士自身も、人からの愛情を拒否して自分で人を愛するやり方が分からない人間。ある意味、怪物と似た者同士。

ミラーさんの、子供が成長して行くように、人間らしさを見につけて行く姿はとてもかわいらしく、切ないです。人を創造するのは神の領域ですが、人造人間を作り上げようとする博士には、ジレンマ、罪悪感、野心、自己満足、功名心、エゴ、医学の為と言う建前など複雑な気持ちが混ざっています。原作は1818年に書かれたゴシック小説ですが、その内容は、現在のクローン技術や再生医療等、いま、科学の力で神の領域を超えようとして倫理との葛藤が問題になりつつある現代世界にも通じるものだと思います。

脚本家さんが、いままでの怪物は言葉を発しなかったが、この舞台で怪物にに言葉を持たせたかったと言ってました。怪物の思いを焦点にした演劇、非常に重いけど面白かったです。

b0021101_11123867.jpg


ナショナルシアターは行ったことないですが、こじんまりとした会場のようでした。小さい舞台で、円形のぐるぐる回る舞台もシンプルながら凝っていて、照明や、舞台セッティングもとても凝っていました。会場の中に通路があったりしたし、ライブシアターでは下からだけのアングルではなく、上からも見られるのでとても面白かったです。

来週は、カンバーバッチ怪物バージョンみてきます。見比べるのが楽しみです。
もし、ご興味のある方、まだチケットあるようなのでいかがでしょう?
[PR]
by the_big_blue | 2014-03-29 22:28 | Entertainment

怖い動画が結構多いので、弱い方は見ないでね。個人的に、私はホラー映画は怖くて見られないんですけど、でも怪しいのや妖しいのは好きです。

私の一番好きな(といっても生はエリザベートしか見たことがないのですが)、パク・ウンテさんが主演するミュージカルがフランケンシュタイン。これ、見に行きたいけど、多分、韓国語ほとんど理解できないとキツイと思われるし、休みもとりにくいので行くのは諦めてます。でも、みたいです。

ウンテさんの声好きです。顔も、ちょっとオニュ系で癒されます。


お相手は三銃士にでてたアトスさん?


これは全く興味ないけど、一応フランケンシュタインを題材にしたホラーファンタジーらしい。映画、ダークナイトに出てきた人が主役。酷評されてるようですが・・・。一応、載せておきます。




ここ数年、あまり洋画を見なくなりましたけど、これは絶対に見たい!James MCavoyさんが、現在撮影中の映画が Frenkenstainです。競演は、ハリポタ君(笑)。公開は来年1月だとか。日本に来るかな?最近、見始めたばっかりのイギリスの”シャーロック”のテレビシリーズの監督の方が、この映画の監督だそうで楽しみですね。マンチェスターで撮影中。

b0021101_2326019.jpg


なんだか、あちこちっでフランケンシュタインじゃないですか?気のせいですかね?(笑)

そして、いま話題の、まだ私は彼の良さが分かるまでに至ってないのですが、ベネディクト・カンバーバッチさんが主演のイギリスのナショナルシアターの演劇版”フランケンシュタイン”がいま、日本の映画館で見られるのです!監督は映画監督のダニーボイル。トレインスポッティングとか、スラムドッグ$ミリオネアなどの作品で有名です。

カンバーバッチさんと、ジョニー・リー・ミラーさんが、博士と怪物を日替わりで演じたそうです。ジョニーさんってどこかで見たと思ったら、Gerard Buterのドラキュリアに出てた人だ。



そりゃ生の舞台がベストだけど、韓国旅行さえ行けない安月給労働者だし、ロンドンへの旅費を考えたらこんなにありがたい話はない。字幕は付くのかなぁ?付いたら嬉しいなぁ。むしろ、3000円程度で見られるなら安すぎる位です。オープンしたばかりの日本橋コレドの映画館のオープンを飾る作品です。とりあえず、土曜日のチケット確保したので見てきます。

ナショナルシアターライブのフランケンシュタインのサイトはこちら → ナショナルシアター

フランケンシュタインだけでこんなにいろいろあるし、他にも見たいドラマや映画が溜まってるし、音楽もたまってる。明日は東方神起のリリイベだってのにまだTREEを聞いてないんです。それ以外もやりたい事もあるし、やんなきゃいけないこともあるのに、会社に時間ばかりとられてて、それが本当に悔しくてたまらない。だけど、働かざるもの食うべからずですもの。これは、みんなそうですよね?

がんばりましょうぬ。
[PR]
by the_big_blue | 2014-03-27 23:28 | Entertainment

この映画、今週の金曜日から公開です。
是非とも、日本語字幕でなくて、字幕で見たいと思います。

2Dと3Dがあるそうだけど、これは3Dだと良さそうですね。

25ケ国語でうたわれているなんて凄いですね。
個人的に聴きたいのは、英語と韓国語バージョンです。



第86回アカデミー賞で長編アニメーション賞と主題歌賞を受賞したディズニー・アニメーションです。日本語のタイトルは”アナと雪の女王”


[PR]
by the_big_blue | 2014-03-09 22:50 | Entertainment

b0021101_0225746.jpg

テッドが見たいです。何ヶ月も思ってるけど、見に行くタイミングをのがした。DVD買うのはくだらなさそうで買うのためらう。TSUTAYAは会費が無料から有料に変わるというのでるムカついてやめたからレンタルできない。

だけど、今日、エクソの検索してたら、ガチャガチャがあるとしり、どうしても買いたくなり、仕事が手に付かない。検索したらある場所がわかり、わざわざ途中下車して三百円ガチャガチャしてきました。

明日は4時半起きせねばならず、全く準備してなくて、まだ帰宅途中でして、疲れてマックでブログを書いてます。明日から二日間が憂鬱で、自分の中で抵抗してるんだと思います。


これでました。
映画みてないからまだ価値がわかりませんが、ガチャガチャができてスッキリ。

さて、帰るか。
[PR]
by the_big_blue | 2013-12-04 21:25 | Entertainment

東方神起 の日産スタジアム二日め参戦中です。

・・・・が、開演まで時間があったので、さっき、”モンスターズユニバーシティ”を見てきました。時間が合ってかつ、見たいのはこれしかなく、やむなく吹き替えをガキンチョ達に混ざって見てきました。

洋画を吹き替えでみるなんて、絶対嫌だと思ったんですが、吹き替えって楽だし、楽しい。
特に、アニメなので楽しい吹き替えだと盛り上がります。

動画が英語のしか見つからなかった。こうして英語でみると、吹き替えみてよかったなとか思う。




モンスターが大学に入るお話です。こわがらせ学部ってのがあって、そこに入って頑張るんだけど、出てくるモンスターたちがみんな綺麗で、可愛くて、アニメーション見てるだけでワクワクしちゃいます。

これ、大好きかも。ディズニー映画って、やっぱり楽しいよね。
モンスターズインクはまだ見ていないのですが、見たくなってきました。

凄く面白かったです。家でDVD見ても楽しいだろうけど、やっぱり劇場の大画面でクリアな映像でみるのはいいねぇ。ひさびさに童心に返りました。

見に行った映画館はライブビューイングをやる映画館らしく、トングッズ売ってました。

5点満点で★★★★★。心が洗われる笑いをありがとう!

PS: 2Dでみたんですが、3Dでみたら、ほんとたのしいだろうな。
[PR]
by the_big_blue | 2013-08-18 15:06 | Entertainment

この前、映画館で見てすごく良かったので買いました。

買ったのはジーザスクライストスーパースター アリーナツアーのボックスのブルーレイのSpecial Box。

・アリーナツアー
・2000年のミュージカル版
・そして1973年の映画版

映画版はビデオしか出ていなかったので、見られなかったんですね。これを見るにはボックスを買うしかなくて、これにしました。


3枚入りで、5千円台。
実は、ソウルにウンテさんのJCSを見に行きたいといろいろ考えたんですが、土曜は仕事だったりで、無理して行こうとすると、たった1回見るために7万もかかる。

どう考えても、この内容でブルーレイ5千円台は安すぎる。
んで、早速、アリーナツアーを見ました。

私はユダの Tim Minchinさんが素晴らしいと思います。Matildaがみたい~~。今度BWでもやるから是非見に行きたいですが、ロンドンにもニューヨークにも行けないでしょう。行くなら、やっぱり一週間は必要ですものね。

JCSは、映画で初めて見たばかりなので、ほとんどあまり知らないし、キリスト教に関しては、子供の頃日曜学校に行ってた頃の知識しかないけど、すごく面白く面白いです。斬新です。

Minchinさんのハスキーでロックな声と姿がホントにかっこいい。


ただ、衝撃的だったのは 字幕

これ、最悪です。文句言いたい!文句言いましょう!

映画館で見たときは、とてもわかりやすくて良くて、あとで、歌詞と比較してみたいという思いもあって、買ったのだけど、今回の字幕は、私の拙いヒヤリング力で聞いても、オリジナルと違うし、関係ない歌詞だったり、意味不明の字幕もあります。

非常に不満です。

ネットで調べたら、これって四季のセリフらしい。なんで、そんなの持ってくるんだよ。四季版は見てないから何とも言えないけど、これって四季の舞台とは別でしょ?なんで、こんなひどいことしてくれるんだ・・・。

そういやさ、オペラ座の怪人の25周年コンサートの映画版が、浅利慶太の字幕で、わけわかんない詩の世界で最悪だったのよ。怪人は私もオリジナルの歌詞を知ってたから、もう歌詞が違和感ありありだった。DVDは普通の字幕でホットしたの覚えてる。

四季に馴染みがある人はいいのかもしれないけど、JCSはただでさえクリスチャンじゃない人にはわかりにく世界。それにあんな字幕つけたら、せっかくの良さが減ってしまう。映画版の字幕を付けて欲しかった。

字幕はさておき、アリーナツアーは素晴らしいです。これと、ほかの2枚を見比べるのが楽しみです。

ところで疑問: なんで日本語のタイトルが 

ジーザス・クライスト=スーパースター  って公式みたいに書いてあるの?

英語版だと Jesus Christ Superstarなのに。
[PR]
by the_big_blue | 2013-05-26 00:29 | Entertainment

b0021101_813353.jpg

いやややや、朝から衝撃的発見です。ガラケーでブログ書くのって、こういう時はイライラする。ネットでもっと調べながら書きたい。パソコンで打ちたい!

SMAPの草薙くんが主演の今週土曜日から公開されるクドカンの映画”中学生円山”が激しく見たくなった。前に映画館で予告編を見て変わってて面白そうと見に行きたいとまではね…。

何で急に見たくなったかというと、ヤン・イクチュンさんが出てるから。

ヤン・イクチュンさんといえば、かなり衝撃的で心が揺さぶられる映画”息もできない”の監督兼俳優さんです。決して幸せな映画とはいえないが、素晴らしい映画です。”牛の鈴音”といい、強くお勧めしたい韓国映画です。

そして今気づいたさらなる衝撃的事実。先日のSamsung GALAXYのTim出演のショートフィルムの監督さんが、ヤンイクチュンさんでした!

おーまいがー!




2分すぎてからの映像見てください。監督が出てきます。最後に変なダンスしてるのも監督さんだ。いわれてみたら、監督の名前が目立つと思ってたんですが、とてもスタイリッシュな映像でしたので、まさかあの方だとは思いもしませんでした。
[PR]
by the_big_blue | 2013-05-14 08:13 | Entertainment

b0021101_23571313.jpg

イェソンの入隊とは絶対に関係ないと思うんですが、ほぼ同時期に体調を崩し珍しく数日寝込んでおります。

blogは放置してますがもう少し多めに見てください。

今後は、夜更かしを減らし、運動も定期的にして、多少食べるものに気を使い、まともでつまらない生活を送ろうかなと。貯めてたドラマはかなり消化出来そうだわ。

とにかく、狂ったようなオタクライフからは二年はをお休みしとすごそうと思います。

気分を変えるために前から見たかった洋画をみました。

携帯からだから細かくは書けませんが(今、忍耐力がない)
この映画を見て、凄く感動した~(月並みすぎ)。

黒人差別が強かったミシシッピ州のメイドとして働く黒人達のお話です。

b0021101_23571382.jpg

白人と差別され、仕事は生まれたときから召使いと決まっていた、そんなひとりのメイドの話を聞き出して本を書こうとする白人のお嬢さんとのお話です。

泣けます。
強くお勧めです。
[PR]
by the_big_blue | 2013-05-09 23:57 | Entertainment