カテゴリ:Entertainment( 359 )

土曜日は、久しぶりに映画を見に行きました。

”ジーザス・クライスト=スーパースター”(以下、JCS)というミュージカルがあることは知ってはいました。同じタイトルの映画があるのも知ってはいたけど、一度も見たことがない。ただ、来月からパク・ウンテさんが韓国でそのミュージカルに出演するというので、気になっていたところでした。

たまたま、Yahoo映画みてたら、すごく評判が良かったのが”JSC”でした。昔の映画を上映してるのかと思ったらそうではなくて、ミュージカルだって。「レ・ミゼラブル 25周年記念コンサート」、「オペラ座の怪人 25周年記念公演 in ロンドン」などのミュージカル公演のライブ映像化を手がけた撮影チームが結集して、2012年10月5日にイギリスのバーミンガム・ナショナル・インドア・アリーナでおこなわれたミュージカルのライブを映画館で公開するというものらしい。ううう、これはすごそうだ!

映画公式サイト: http://www.jcs-movie.com/

お恥ずかしながら、全く知らなかったんですが、これ、ALWさんのミュージカルだったのね。そして、作詞が、Tim Riceさん。大好きな ”Beauty and the Beast”の方でした。JCSデビューしろってこと?

と思ったまではよかったが、この映画、公開は去年の12月からでほとんど公開が終わってた。ガーンと落胆してたら、4月13日から川崎チネチッタで1週間だけやるって。これは、導かれてるとしか思えん・・・。

予習なしで行きました。この日は、朝から頭が痛くて、体調絶不調だったのですが、この日しかなくてね・・・。そんな状態で、この激しいロックミュージカルはなかなか荒行でした。

キリストの話だというのに、普通の服を着た若者がいっぱい出てきてよくわからないし、曲も知らないし、大画面画面&大音響の中で何度か意識を失ったりもしてたんですが、出演者の歌のすごさに知らず知らず引き込まれてました。

21世紀バージョンという新しい演出だそうで、映画や、以前のミュージカルの演出とは違ってるらしいです。設定が斬新でした。キリストがユダに裏切られて十字架に貼り付けにされる7日間を描いた話なのですが、その話をインターネットやスマホが使われてる現代に持ってきてるわけです。とにかく凄かった。。。(表現力があまりに貧弱なため、凄いとしか書けない・・・・)。

一番印象的だったのは、ユダを演じた。Tim Minchinさん。オーストラリアの方らしい。コメディアンでもあり、自分でミュージカルの制作もされているそうです。あの、ロアルド・ダールさんの”マチルダ”のミュージカルの作詞作曲してるらしく、すごく評判が良いとか。

この方が、ビジュアルも非常にインパクトがあるんだけど、歌もすごい!!!ドレッドヘアに太いアイラインのユダに最初はびっくりしたけど、全身で歌い上げるのです。声がいい!裏切りものなのに、ユダに気持ちが入っていきそう。

イエスは落ち着いた雰囲気で、濃ゆい感じのセクシーな人。この人もうまかった。ラテン系の方かと思いきやイギリスの方のようです。

マグダラのマリアは、スパイスガールズの人だって。ちょっと変な刺青入れてるのが気になったけど、歌はうまかった。マドンナみたいに腕がムキムキだったので、女性という感じはしなかった。すさんだ生活をしていたマリアがイエスに出会って、自分が前向きに変わっていくという歌詞のところで、厚化粧を拭き取るシーンがあったのけど、そのシーンが現代的でいいと思った。

いや~~、すごいものを見たって感じ。あれよあれよという感じだったので、もう一度落ち着いて見てみたいです。劇場は大きくて、入りが3割位だったのかな。もったいないです。でも、見る方はゆったり出来て良かったけど。

このアリーナツアーのDVD&ブルーレイが5月22日に出るらしい。あ~~ん、欲しいかも(買っても見ないくせに・・・・)。もちろん、家で見るより、大きなスクリーンで見る方がいいと思う。これ、特別興行ということで、2000円もしたよん。でも、行ってよかった。

ほかのバージョンを全く知りませんが、最初にこんなにすごい飲みちゃったら、ほかの見ても大丈夫かしら?
昔の映画版も良いらしいです。日本では、映画版はVHSしかないんですって。でも、今度発売されるブルーレイのスペシャルボックスには、映画版も入るそうです。うまいな~、商売。

Tim Minchinさんの歌。すごい~~!
これはアリーナツアーの映像ではなくて、ALWさんのミュージカルの記念番組の映像です。

映画の最後にALWさんが出てきて挨拶してました~~~。まだ、売れてない頃の作品だったそうですね。
[PR]
by the_big_blue | 2013-04-15 22:47 | Entertainment

聞きくらべシリーズ、新旧ボーカル編。

この歌が、洋楽で一番好きなんです。

3月に来日していたJourneyのコンサートに行った友人から、新しいボーカリストさんがものすごく上手だって聞いたので気になって聞いてみた。

確かにうまい。そして、そっくり。知らないで聞いたら、Steveの声だと思うかも。

彼はフィリピン出身で、youtubeでニール・ショーンに見出された歌手らしい。2007年から加入。そのミラクルストーリーは映画にもなっているそうです。バンドを続けて行くには、ボーカリストが必要だし、違う声だと違和感があるだろうし、(だいぶ前に来日した時に行った時は、スティーヴ・オージェリーで、彼も似てたけど、ここまで似てなかった。)、どうしても似た声を求めてしまうのは仕方ないのかもしれない。

確かに、うまい。すごいうまい。



彼の声が評価されてるのは、もともとのSteveの声があってこそだと思うんだよね。だから、やっぱりSteve Perryが最高だと思う。でも、ファンはコンサートでSteveの声を聞きたくても聞けない・・・。



カバーではこれが大好きです。最高の取り合わせだと思います。
RW, Onewはもちろん前から大好きだけど、これでベッキョン君とチェン君の歌唱力の凄さを彼らにもっとちゃんと歌う機会を~~!


[PR]
by the_big_blue | 2013-03-26 22:24 | Entertainment

映画:レ・ミゼラブル

映画 レ・ミゼラブル見てきました。噂通りよかったです。



しかし、やっぱり 重いっ

ロマンチックな”オペラ座の怪人”みたいに、何度も見に行っちゃうという気にはなれませんが、映画ならではの迫力のある映像で、このミュージカルを見ることができるのはとてもありがたいことです。舞台だと高いし、劇場まで行かなきゃならないし、ましてや海外なんてそうそう行けない。だけど、こうして映画になることで、見ようと思えば何度も見ることができます。(でも、舞台には舞台の良さがありますよね。)

レミゼの魅力は、やっぱり楽曲の力が大きいと思います。On My Own、I dreamed a dreamとか、Bing him homeなどの名曲はたまりません。(偉そうにわかったようなこと書いてますが、そんなにレミゼは知りません。日本の舞台1回しか見てないのと、あとは10周年と25周年記念コンDVDみただけ。)やっぱり、ミュージカルは、歌詞を理解して見ないともったいないなとも実感致しました。英語と韓国語勉強しないとね・・・・でも、今更もう進歩は期待できないです。

舞台では再現できないシーンや情景を、映画では再現することができます。そして、役者の表情、感情表現を画面いっぱいにみることができます。どアップで、主人公たちのシワ、苦悩の表情、涙のにじむところから、流れる涙の一粒でさえ見ることができます。これは舞台にはない魅力です。

けど、ぶっちゃけ歌だけ聞くのであれば、やっぱりミュージカルの方の歌の方がうまいと思いました。

見ていて非常に消耗します。私は、出だしに神父さまがコルム・ウィルキンソンさんだったのをみて、そこで泣けました(笑)。

”ニューヨークの恋人”ではとても素敵なジェントルマンで、憧れのオッパだった彼が、いつの間にかおじさんになっていたのは時の流れを感じてかなりショックでしたが、骨太で、真面目で、愛情にあふれたジャンバルジャンはヒュー・ジャックマンにぴったりでした。華奢過ぎてもダメだし、ムキムキだと繊細さが出せないけど、彼は両面演じられる、そして歌える役者さんでした。

アン・ハサウェイのフォンティーヌは壮絶としか言い様がない。凄かった。素晴らしかった。

後から歌を載せるのではなくて、撮影の時そのままのライブの歌なので、余計臨場感が増しています。役者さんは大変だったと思いますが。CGでイヤモニターを消したんですってね。

マスコミでは騒がれてますが、マンマミーアも見てないし、コゼットは、あまり興味持てませんでした。ちょっと、ケイト・ウインスレットに似てる。

私が、全く期待してなかったのに感動したのがグラディエイター兄さんラッセル・クロウでした。姿といい、歌といい、なぜかジャイアン、いやカンインを思い出してしまいました。ジャベールのいやらしい感じがすごくよく出てて、そして、歌が上手くてびっくりしたんです。ロックバンドやってた(る)そうですが、すごくいい声なのです。この映画のジャベールは、私は是非注目して欲しいです。

そして、やっぱりレミゼは、エポニーヌでしょ。映画版はエポニーヌがハリウッドスターじゃないキャスティングだったからなのか、プレミアにも来ないし、扱いが地味ですよね。舞台挨拶に来るのも、派手で目立つ3人だけ。バルジャンが天に召されるシーンも呼びに来ない。この映画で不満があるとしたらそこです。

25周年記念コンサートでエポニーヌを演じた Samantha Barksさんが映画にも出ています。下のインタビューで言ってた、Cameronさんがやキャスティングを発表したシーンがyoutubeにあるっていうので、探しましたよ。彼女のOn My Own、そして、マリウスの腕の中で息を引き取るシーンは泣けます。

ナチュラルな感じが魅力ですね。ロンドンWEでエポニーヌを1年間演じていいたそうです。インタビューアーは、男性?


これが選ばれた時のシーンだと思います。


マリウスの俳優さんも、とても知的で素敵です。ソバカスがとてもキュートです。


13日のゴールデングローブ賞では、「レ・ミゼラブル」(トム・フーパー監督)がミュージカル・コメディー部門の作品賞など最多の3部門を受賞したそうです。アカデミー賞はここ数年見てませんでしたが、今年はちょっと楽しみです。

とりあえず、必見です。ぼろぼろ泣きまくってました。個人的にもっとエポニーヌを押して欲しかった。そして、私が大好きだった”眺めのいい部屋”のイメージをどんどんぶち壊していくヘレナ・ボナム・カーターさんのマダムテナルディエがこの世と思えない感じで、Tim Burtonさんの映画に出てたほうが似合うじゃないかなと思ったので星を一つ減らして★★★★。
[PR]
by the_big_blue | 2013-01-16 00:07 | Entertainment

映画のレ・ミゼラブル見てきました。
これは別にレポ書きます。とてもすばらしかったですよ!


でもね、この映像が見たくなりました。
リーサロンガのOn My Own。大好きなんです。でも、映画のSamantha Barksのも良かった。


Michael Ballも、今は大分大きくなっちゃったけど若い頃は美しいよね。ラウル様もやれる王子顔。


スーザン・ボイルさんの歌をちゃんと聞いたことなかったので改めて聞いてみる。これも、レミゼの映画化を具体化させるのに一役買ったという話がありますね。


やっぱり、歌詞がわかるともっといいよね。
字幕なして、歌だけで聞き取れたらいいんだけど、だめだなぁ・・・。

PS: 私はDisneyの Araddin が大好きで、 A Whole New Worldも大好きで、映画で声と歌を歌ってるのも Lea Salongaさんなんですよね。この映画のOSTも若かりし頃買って何度も聞いたわ(遠い目)。



どさくさにまぎれて、ギュとシャニースのA Whole New World。ギュの昔の目のもようつべにあったけど、こっちのせとね。


[PR]
by the_big_blue | 2013-01-15 00:00 | Entertainment

b0021101_20532556.jpg

あけましておめでとうございます。

今年もお付き合いくだいね。

2日夜現在、全く年賀状に手をつけておりません。社会人的に出さねーとは言えませんので、最悪4日の出勤時投函予定(笑)。

新年の一発目は、ちょいと趣向を変えましてて昨日届いたばかりのゴールデンボンバーの”Dancing My Generation”をご紹介したい所ですが、金額合わせに注文した”レミゼラブル25周年記念コンサート”DVDです。

約3時間ですが、見応え有りすぎます。

10周年記念コンサートのDVDも持ってますが、こちらもとても良いと聞いたので購入。
ちなみに、今読み返すと痛い感じがする当時のブログはこちら→
レミゼラブル 10周年コンサートを堪能!

25周年記念コンのDVDはちょっと前は高くて手がでなかったががっつり値下がりしました。なんと定価で1500円。映画見に行くより安い!これ見にロンドンいくこと考えたらありがたすぎる価格設定(涙)。

ミュージカルとしては暗いのであまり好きではないのですが、長い間愛されているミュージカルには訳があると思います。

私の好きなリー・サロンガさんがフォンテーヌで出ています。 On My Ownを彼女が歌うの見たかったな。(10周年で歌ってますがめっちゃ若い)

バルジャン役の初めて見ましたが、アルフィー・ボーさんは声が深くて落ち着いていてとても素敵です。これはぐだぐだ書かずに見ていただきたいです。歌の力って凄い。

オペラ座の怪人のキャストとかぶりまくりですが、アンコールは必見!最高です。アンコールも泣ける。つうか、私アンコールで一番泣いたかも。コルム・ウィルキンソンさん、JOJさん(個人的に、怪人もこれも彼に記念コンサートで主役をやってほしかった!!!!)、マイケルボールさん、そしてラミンさんでオペラ座の怪人を歌って〜と錯覚しそう(爆)。

POTOの25周年記念コンのレポはこちら→
見てきました!: オペラ座の怪人 25周年記念公演 in Royal Albert Hall。レミゼのプロデューサーでもあるキャメロン・マッキントッシュさんって素晴らしすぎます。


コンサートなのでストーリーは少し端折らざるを得ないところはありますが、生ならではの臨場感は素晴らしいです。

今、映画も公開中ですね。これも見たいですが、是非とも、こちらもオススメです。オペラ座の怪人記念コンとともに見る価値ありです。
[PR]
by the_big_blue | 2013-01-02 20:53 | Entertainment

映画”ロボット”の公開に全く気づかず、悔しい思いをしましたが、来年キネカ大森で上映されます!

今月は渋谷でやってましたが、時間あわず行けませんでした。

b0021101_8391851.jpg


久しぶりのラジニ様に銀幕で会えますように(笑)。
[PR]
by the_big_blue | 2012-12-18 08:39 | Entertainment

12月21日公開の映画、レ・ミゼラブル、絶対見たいです。ミュージカルバージョンとは思わなかったからスルーしてた。

監督は、英国王のスピーチの監督さん。
製作は、キャメロン・マッキントッシュさん。オペラ座の怪人の製作もされてるすごい方です。これは、ミュージカル仕立てってことですよね。

トレーラー


バルジャンは、ヒュー・ジャックマン。彼はもともとミュージカルされてますよね。
あと、アン・ハサウェイもでますね。映画版オペラ座の怪人のクリスチーヌ役は彼女も有望視されてたと聞いた記憶が。スケジュールがあわなかったんだっけ?
そして、ひさびさのお騒がせグラディエーターのラッセル・クロウは意外。

ミュージカル自体は、生は見たこと無いです。いや、日本の東宝だっけかな、それを一度見たことあったな。でも、イマイチ好きにはなれなかった。自分が好きな John Owen Jones(イギリスのミュージカル俳優さん)がバルジャンやってる時に見に行きたかったけど、韓国さえ行くのがままならないのにイギリスなんかとうてい行けない~なんてやってるうちに、またファントムに戻っちゃいましたよ。10周年コンサートのDVDはDVD盤は買ってよかったと思ってます。暗いから苦手だと思ってたけど、ちょっとレミゼにはまってみたいなと。

因みに、JOJさんの Bring Hime Homeはこちら。



これ、NHKでやってたの見逃して超くやしい。25周年記念コンのDVD買おうか迷ってる。でも、SE7ENのDVDも絶対に買わないとならないし、KRYの記念すべき初CDがでるし、ゴールデンボンバーのCDも買ってみようかと思ってて、ああああああ。



このブログでも何回も紹介してる大好きな曲 On my own


韓国でもレミゼのミュージカルやる話があるみたいですね。やるなら是非見に行きたいな。

PS: 25周年のDVDとブルーレイが明日から1500円位で買えるぞ。安い安い。あああ、またぽちりそう。
買っても見ないくせに。
[PR]
by the_big_blue | 2012-12-04 13:02 | Entertainment

自分は別にそっち系をこのんで見ているわけではないが、思い出してみれば、

モーリスを見たし、

b0021101_044889.jpg


ほぼ同時期に話題だったアナザーカントリーも見たし、

b0021101_0111168.jpg


覇王別姫もみたし、

b0021101_051781.jpg


マイビューティフルランドレットもみたし、

b0021101_054556.jpg


ブエノスアイレスもちょっと衝撃的だったけど見たし、

b0021101_061436.jpg


ブロークバックマウンテンも見たし、

b0021101_091018.jpg


あと、一番好きな映画忘れてたけど、王の男も見た。

b0021101_22175577.jpg


映画が大好きで、昔は結構映画を見てました。だから別にこっち系が好きというわけではなく、その中のいくつかというだけで、上記の作品は、名作と言ってもいいと思います。ただの男vs男の愛情がテーマではないです。

そして、私は先日、どうしても見たくて、わざわざDVDを買ってしもうた。とても上の名作とは比べ物にはならないんだけど、違う意味で素晴らしかった。面白すぎて、笑い転げてました。話は、シリアスです。

剃り残した夏 (主演:ゴールデンボンバー)
b0021101_0361051.jpg


画質は悪いし、時間もそんなに長くないし、役者さんもとても役者とは言えない感じだし、低予算っぽいし、高校生が文化祭の為に撮った8ミリみたいな感じなんですわ。そして、男と男と男と男の愛の物語だとキャッチフレーズにも書いてるぐらいで、とても家族のいる居間で見ることはできない映画なんだが、娯楽に徹していて素晴らしい。

なんだか、いままで見たことが無い世界で、おもしろかった。でも、金爆に興味が無い人には、耐えがたいかもしれん。手作り感が半端なくて、出演者が面白すぎる。

いやいや、この私、ゴールデンボンバーが気になってしかたない今日この頃なのでした。



ただのオバカ集団かと思ってたんだけど、そうではない。かなり、頭がいい人達です(紙一重のライン)。キリショーさんは、才能すごいよ。歌上手いし、歌詞もいい。今回の脚本もそうだし、あのメイクといい、見せ方を知ってる。

ほかのメンバーもパフォーマーとして素晴らしいのですわ。照れないであそこまでエアでやれる凄さ。ちょっとついていけない自由過ぎる世界もありますが・・・。とにかく凄いとしか言いようがない。

今年の紅白の楽しみが出来ました。
NHKにでちゃって大丈夫なんでしょうかね、ちょっと心配になりますが、ニャンちゅうにも出るぐらいだから、ま、いっか。

人気が出すぎて、これから良い事も悪いことも経験していくだろうけど、ゴールデンボンバー、目が離せません!
[PR]
by the_big_blue | 2012-11-29 00:33 | Entertainment

韓国エンタにどっぷりつかり過ぎの私ですが、久しぶりに全く韓国と関係無い一日を過ごしました。

12月1日期限の映画の招待券があり、今日夕方から岩盤浴に友達と行くのでその前に映画を見ようと思って探していました

”声をかくす人”

ってよくわからないタイトルがあって、映画情報を見てみたら、主演が

James McAvoy

無条件に、映画決定!

グラスゴー出身の彼、大好きな俳優さんです。最近、洋画見なくなってたのでなにしてるか知らなかった。ナルニアのタムナスさん、つぐない、ペネロペ、ウォンテッドなど出てます。ひげをはやすと、一時どハマりしていがGerard Butlerを思い出す…。

そういえば、新聞広告で見た気がする。リンカーンを射殺したという容疑で、アメリカで最初に死刑になった女性の話ですね。監督はあのロバートレッドフォード。実話だそうです。



2010年の作品。社会派の重い映画でした。アメリカの歴史に詳しくないのと、最近アジア人の顔ばかりみてたので、正直、ほんと違う世界過ぎて感情移入はしずらかったものの、正義感にあふれる若い弁護士の姿がすがすがしく、いい映画でした。

b0021101_23263436.jpg


マカヴォイ君、やっぱり上手い。どんどんいい男になっている。小柄だし、凄いハンサムってわけじゃないんですが、あの眼がとてもいいですね。吸い込まれそう。やむなく南部の女性を弁護をすることになった北部の絵リーと弁護士が、南北対立を超えて、自分の将来の出世を捨ててまでも、一人の人間として、一人の弁護士として、人権がきちんと裁かれることを求めて、戦う姿をリアルに演じていました。

b0021101_23255769.jpg


弁護される側の女性は、ライトペン。ショーン・ペンと前結婚してましたよね?ほぼすっぴんと思われる姿で、でも、あまり愛想もないんだけど、意志の強い女性を演じてました。木で鼻をかんだような女性なんだけど、じわっと魅力がでる、そんな女性を好演していました。

オリジナルタイトルは、The Conspirator。日本語だと共謀者でしょうか?これがなんで、“声をかくす人”になるかよくわかんないですが、見応えのある映画でした。正直途中で、意識失ったのも事実だけど、見て損はなかったな。


映画の予告編久しぶりに見たけど、あれ見ると、また映画見に行きたくなりますね。やっぱり、映画は、劇場の大画面で見るのが良いですね。

これ見たいな、ファーストポジション。


これも辛そうだけど、興味がある。予告編を見て、涙が出た。


岩盤浴へ行くのは2回目。代謝が悪いのか、あんまり汗が出ませんでした。でも、終わったら、血行が良くなった気がしました。普段顔色があまり良くないんだけど、お肌もいつもよりもちもち。たまに、行こうかな~~と思いました。

たまには韓国と関係ない生活もいいなと思ったけど、帰り道には無性にK-POPが恋しくなってしまいました。病気ですね。
[PR]
by the_big_blue | 2012-11-23 23:37 | Entertainment

散財 (追記あり)

さきほどKRYコンより帰宅。


買わないはずが、グッズいくつか購入。六千円超えててしまった!

帰宅したら、これも届いてた。

b0021101_23493856.jpg


すぐポチる今日この頃。

自分にお灸据えなきゃ(笑)。せんねん灸も買ったしね~!

さて寝る支度します。

●追記します●
写真はSuper Juniorでも東方神起でもSE7ENでもSHINeeでもありません。恥ずかしくてはぼかしました。でも載せる(笑)。








衝撃の事実:キリショーとYesungとSE7ENはタメなんだ・・・(汗)。
[PR]
by the_big_blue | 2012-11-21 00:41 | Entertainment