<   2004年 11月 ( 47 )   > この月の画像一覧

ラッシュのコンディショナーの中でもファンが多いという”アメリカンクリーム”(略称:アメクリ)。店頭で匂いをかいでみたけど、とても人工的な変な匂いがしました。友人が買ったけど家族に不評ということで、頂いちゃいました(ラッキー!)。
実際に使ってみると、それほど人工的もはなく、甘いバニラの香りがします。でも、どことなく癖のある香りがまざっているのはいかにもLushらしくて良いかも。
でも、この匂いが好きって感じる人達年齢層は若いんだろうなぁと思います。ちょっと私には、若すぎる匂い。。。。思ったよりは嫌いじゃないですけど、大好きな匂いというわけでもない。匂いで希望があるとすれば、”えん”のコンディショナーを是非作って欲しい。
Lushさん、もし読んでたら願いを聞いて!

南の島のココにくらべると、髪につけたときにしっとり感があります。”ココ”はどちらかというと、髪に吸い込まれてひきしまる感じですが、これは油分が入っているなという手触りです。洗い流した後も、髪がしっとりします。静電気を減少させる手助けをするハニーウォーターと、輝きを与えるイチゴとオレンジが入っているそうです。

今回は、しっとりめのシャンプー"ジキルとハイド”と併用だったのでWしっとりコンビ。
乾かした後は、つやがでてさらさらだけどしっとりでいい感じです。このつやは、ジキルと杯殿ゴマ効果なのか、それともイチゴとオレンジ効果なのか?

アメクリは噂どおり匂いが残りますね。ちょっと私には似合わない匂いかもぉ~~^^;
静電気防止効果があると書いてあったけど、静電気が起きている。。。なして??
[PR]
by the_big_blue | 2004-11-30 23:26 | UK、LUSH, NARNIA

久々にラッシュのレポートです。

今日は、ソリッドシャンプー(固形シャンプー)の”ジキルとハイド”です。
真っ黒い塊です。今まで使ったソリッドシャンプーは”ロンドンハード”(空気が入ってやわらかい)と”トライコマニア”(堅いバターのよう)のようなやわらかいシャンプーだったので、”ジキルとハイド”は固い!と思ったのが第一印象。髪に擦り付けてもなかなか溶けにくく、泡も立ちにくい。あまりこすると髪が痛みそう。言い換えれば、減りにくいと言うことですが・・・。
また、壊れやすいと聞いていましたが、包み紙を開けたらすでに二つに割れていました。ぼろぼろになるという噂も聞くので気をつけなきゃ。

コンディショナー入りとあっても”ロンドンハード”の時は髪が爆発してパサパサになりましたが、これは結構しっとりします。ゴマペーストが入っているのがポイントかも。これが痛みに効きそうです。見かけは濃い灰色の塊でいかついですが、匂いは柑橘系で爽やかです。でも男性化粧品の匂いに似ている気がして、香りはいまいち好きじゃない。泡立ちはあまり良くないですね。泡切れは良く、しっとりめのシャンプーだけあって、洗い流すときのきしみは少ないです。

ここまでの印象は、まぁまぁかなぁと思いましたが、乾かしたら結構いいのです。
黒い髪がさらに黒々としているような気がします(最近はヘアカラーを止めて黒に戻し中)。しっとり、さらさらになった気がします。
今回は”アメリカンクリーム”(リンス)との併用だったのですが、この組み合わせが良かったのかも。リンスのレポートはこの後。
[PR]
by the_big_blue | 2004-11-30 23:11 | UK、LUSH, NARNIA

エイミー・ロッサム

来年公開の映画”オペラ座の怪人”のクリスチーヌ役はエイミー・ロッサムという若い女優さんがやられるそうなのですが、彼女は”ミスティックリバー”に出てたんですって!
昨日、文庫本読み終わったばっかりなんで、スゴイ偶然。もしかして、殺されちゃった娘さん役かしら?こっちの小説のほうは思いもかけない展開でした。つらい結末ではあったけど、読み応えあり。是非ミスティックリバーの映画を見なくては。

今、オペラ座の怪人の映画のサイトで、サントラの歌が聞けますね(Overture, Think of me, The Phantom of the Opera)。ファントムもクリスチーヌも上手ですが、声が若いせいか、ちょっと線が弱いような気もします。Phantom of the Operaはロック調でした。
12月4日から映画の前売り買うと、スワロフスキーのなんかプレゼントがあるみたい。
買いに行こうっと!
[PR]
by the_big_blue | 2004-11-29 21:56 | POTO-JOJ, Gerry

劇団四季のオペラ座の怪人ってそんなに人気だったの?やっととれました。
ロンドンのオペラ座の怪人は、2日前に前から8列目が取れたのに。

E+の先行販売にはずれてしまい、一般販売にトライ。
あいにく、発売日の土曜日は出勤日。会社からこっそりネットに繋いでトライしましたが、全然繋がらない。特に四季サイトのほうは全然繋がらない。
E+でやっとつながったのが10時半。ばれないうちに早く買わなくちゃ。

しかし、土日のS席全然取れないジャン。一度取れそうなときがあったのですが、2人ていれたら取れなかった。くやしぃ!
悩んでるとどんどん席が取れなくなりそうなので、3月の土曜の昼間のA席で手を打ちました。S席で見たかったのにな~。そんなに人気なんだぁ?
四季の会にでも入ればいい席が取れるのかな?
とりあえずチケットがゲットできたので安心。

昨日はケンヒル版を見に行って、1月はALW版の映画がくるし、3月は劇団四季の公演。
うはーはははははは(怪人風に笑う)

のこるは、ブロードウェイだな!(はぁ・・・・、いきたいよぉ。休みを取らせて・・・)
[PR]
by the_big_blue | 2004-11-29 14:10 | POTO-JOJ, Gerry

b0021101_11594823.jpgオペラ座の怪人 ケン・ヒル版を見てきました。
いまいちという評判を聞いていたのですけど、けっこう面白かった。
今日が公演最終日。座席はほぼ満席。

CDを聞いて行ったので、少しは余裕がありました。ピーター・ストレイカーの声がCDとおんなじ(当たり前か!)で感動しました。しかし、彼はいま何歳なんだ?
CDの中には台詞の部分が大分カットされていたので、舞台を見て初めて流れが分かりました。会場ではCDは売り切れで、予約販売となっていました。私は、パンフを購入。結構売れていましたよ。

予習はしていったものの、やっぱり字幕みないと話がみえない!字幕を見ながら舞台を見るのはけっこう忙しい。子供の頃からの夢、”映画(舞台も含めて)を字幕なして見たい”という夢はなかなかかないません。

アンドリュー・ロイド・ウェバーのはこてこてのラブストーリーですが、こっちはどちらかというと軽いタッチです。意外とファントムの出番が少ないのです。クリスチーヌが一番歌っているかも。怪人や他の出演者はコミカルで、笑わせてくれる場面が多々ありました。また、会場の通路に出演者が走り回ったりして、近くにくるとうれしかったりして。舞台が結構良く出来ていて、狭いのにいろいろなシーンが出てきたのにはびっくり。
最後はやっぱり涙が出てしまいましたが、一緒に行った母親は”これでは泣けないわね”と言ってました。

それにしても、みんな歌が上手です。音が全然外れない。口パクしてるんじゃないかと思いましたもん。クラシックの名曲を使って替え歌をしているというのが特徴だとおもいます。私はあまりクラシックは詳しくないのですが、メロディが印象的なものが少ないので、見た後の印象が軽いかもしれません。(ALWのovertureみたいなこれぞテーマソングのようなインパクトの強い曲があるといいのに)

帰りに、銀のぶどうから出しているお気に入りの”どらやき「正彦」作”を買って帰りました。洋風のどらやきなんですが、どらやきの皮が厚めでおいしいです。皮だけ食べたいと思いますもん。
[PR]
by the_big_blue | 2004-11-28 23:22 | POTO-JOJ, Gerry

今、ミスティックリバーを読んでいる。

この前のアカデミー賞で、”ミスティックリバー”がアカデミー主演男優と助演男優賞を受賞していたのは知っていたが、そのときは映画のことを全然知らなかったので興味がなかった。暗く辛そうな映画はわざわざ見たくない。

たまたま、本屋で見かけて巻末のコピーにひかれて読む気になった。
”少年時代を懐かしむすべての大人たちにささげる感動のミステリ”
これって陰惨な殺人事件の話じゃないの?

今は、まだ途中で、どんな展開になるのか思いもつきません。でも、ぐいぐい読めて、すごく面白いです。表紙にはショーン・ペン、ティム・ロビンス、ケビン・ベーコンの写真が。
一体だれがどの役を演じているのか想像しながら読んでます。読み終わったら、映画みてみよっと。監督は、クリント・イーストウッドなんですよね。

予想では、
ショーン・ディヴァイン(刑事) → ティム・ロビンス
ジミー・マーカス(娘を殺された父親) → ケビン・ベーコン
デイヴ・ボイル(2人の幼馴染) → ショーン・ペン

しかし、主演はショーン・ペンのはず。デイブ・ボイルは原作だと主役っぽくはない。
うーーわからない。とにかく、この小説はなかなかよさそうです。
[PR]
by the_big_blue | 2004-11-27 21:46 | Entertainment

土曜日なのに仕事

土曜日なのに仕事です。
昔は週休二日だったのに、不景気のせいでアトランダムに年間10日ほど土曜出勤日があります。そりゃ、やることは探せばいろいろあるけれど、わざわざ土曜日出てきてやらなきゃいけない程の仕事は無い!

うさばらしに、お気に入りの薬膳中華や(芝大門 味芳斉)でピーマンレバー(オススメ)とライスを食べてきた。土曜日でも繁盛しています。
ここの牛肉飯が一番有名なのだけど、辛い物好きの私でも、水を飲みながら死にそうになりながら完食したしろもの(意地でも残したくなかった)。
しかし、これを乗り越えるとはまるらしく、周りには牛肉飯を食べている人が沢山。
また、トライしたくなりました。

独り言のようなブログでした。
[PR]
by the_big_blue | 2004-11-27 13:48 | Life

最近は、今度の日曜の”ケン・ヒル版 オペラ座の怪人"に向けて彼のCDを聞いている。
いきなり観て、字幕を追って終わりたくないから。3日ほど通勤で聞いていたが、ずっと同じ物を聞きつづけるのは辛いかも。とりあえず、日曜日が愉しみ。

ついに本家本元”オペラ座の怪人(ロンドンオリジナルキャスト版)”を聞き始めました。マイケル・クロフォードとサラ・ブライトマンの組み合わせ。これがロンドンの初演カップルです。これがサラを有名にした作品でもあります。

やっぱ素晴らしい!すっごい面白い!
臨場感があり、シーンが目に浮かびそう。少し前まで、ALW版のストーリー理解の為に”劇団四季版”を聞いていましたが、哀しいかな比べ物にはならない。もちろん劇団四季も頑張っているとは思いますが(今日、四季のオペラ座の怪人のプレオーダー外れた。人気なんだねぇ・・)、やはり英語の音の素晴らしさ、声の良さ、全体のレベル、雰囲気、どれをとっても傑出しています。

マイケルクロフォードの声も意外と合っています。なんたって、世界中で売れているCDですもんね。中年男のいやらしさ、若くて美しいクリスティーヌへの固執、嫉妬心、悲しみといった感情が良く出ています。初めて聞いたときは、”じじいの声で気持ち悪いぜ”と思いましたが、きれいな高音の声をしているのですね。この気持ち悪さと、やさしい声との使い分けがまた上手いのです。もしファントムがハンサムだったら、間違いなくクリスチーヌはぼんぼんラウールなんか捨ててファントムについていくでしょう。クロフォード氏が演じることによって、たとえ声は素晴らしくても、こんな醜い中年の怪人にはついていきたくないという嫌悪感を観客もクリスチーヌと同じく感じることができ、気持ちが同化できるのでしょう。醜いじじい VS 若くてハンサムのぼっちゃま。ファントムが勝てるわけがない。しかし、まったく勝ち目がないのならば、こんな物語にはならないはず。クリスチーヌは全くファントムが嫌なのかというととそういうわけでもない。あああ、哀しい Love triangle・・・。クロフォード怪人はただの醜い怪人ではなく、なんとなく哀愁を感じさせるのです。嫌いだけど、嫌いになれない。。。
原作を読むとファントムは、それなりの年齢を重ねていると思われます。多分40代後半かそれ以上。それを考えると、原作の雰囲気に合っているのは、怪人クロフォード氏ではないかと思います。

サラ・ブライトマンは、私が語る必要もなく、これほど澄み切った声があるのかと思わせてくれます。今のクリスチーヌの基本をつくりだした張本人という点でもすごいですよね。

Phantmer にとっては、いろいろな俳優さんがいろんな怪人を演じるのを見るのも楽しみですよね。先日、ブロードウェイの怪人のビデオクリップを見ましたが、聞きなれない声でちょっと違和感がありました。いつかブロードウェイでも見たいもんです。

といっても"My best phantom"はやっぱり John Owen-Jones (London)です。
彼は歴代のファントムで一番若いそうです。確か33歳かな(2人の子持ち)。少し彼のファンの人から、彼のサウンドクリップを数曲送ってもらいました。全然知らない人なんだけど、こんな嬉しいofferがあるなんて感動です。これは、何度聞いたかわからない。パワフルな怪人といったところ。ちょっと力みすぎのきらいもありますが、ささやくような歌声がまるでビロードのよう。彼のファントムは色っぽいんです。私なら間違いなく、ついて行っちゃいます(苦笑)。高音がとても伸びやかで素晴らしい。彼の声のよさは私のボキャでは表現しきれん!彼は現在はオーディションを受けているそうですが、レ・ミゼラブルには落ちたという噂も。願わくば、2月で辞めないで、私がもう一度ロンドンに行くまで、ファントムやっててほしいな。
あー、一人で興奮して書いてばかみたいね。
[PR]
by the_big_blue | 2004-11-26 13:56 | POTO-JOJ, Gerry

b0021101_21283515.jpg最近のヒットです。
石澤研究所のマンゴークリーミートリートメント。
マンゴーの匂いが好きで引かれて買いました。蜜蝋が入っているのも珍しいので、どんな感じになるのかと試したたくて。

使ってみたら、匂いがすごい美味しい!
本当に美味しくて、いいにおい。それだけで癒されます。小さいお試しサイズを買ったのですが、大きいの買っちゃおうかと思いました。セミロングで、お試しサイズで3回使えました。
洗い上がりは、しっとりというよりさらさらになります。
同じ石澤研究所から出しているエンジェルマジックというトリートメントを使っていたのですが、乗り換えちゃおうかなという感じ。
トリートメントって、同じのを使っていると髪が慣れてしまうのか、効かなくなる気もするし。

マンゴーといえば、ボディショップのボディーバターのマンゴーとオリーブも気になります。
買いたいんだけど、Lushのボディーケアも在庫があるので我慢我慢。
[PR]
by the_big_blue | 2004-11-24 21:28 | Life

この前ロンドンで買ってきたパンフレットの表紙です。なかなか素敵でしょ?
中身も上手くとれたらアップしますね。


b0021101_21132299.jpg

[PR]
by the_big_blue | 2004-11-24 21:13 | POTO-JOJ, Gerry