<   2005年 11月 ( 44 )   > この月の画像一覧

大学時代の同級生と早い忘年会。会うのは半年ぶり。痩せたでしょと言われた。会社でも久々に会った人に同じこと言われた。まだまだ、太いんだけどさ。こまめに切れながら(苦笑)頑張ってますけど・・・。

昨日は、銀座のタイ料理の"サイアム"でタイスキを食べました。大分昔、ここでタイスキを食べた時は凄く美味しいと思ったけど、今回は感動がなかった。美味しかったけど、もっとホットでスバイシーな味付けを期待していたが、ソースが甘くて、香草も効いてなくてかなり物足りなかった。具も普通。あたくしの口が肥えたのかしらん?

とにかくここは、辛いのが苦手だけどタイ料理食べたい人向きかもね。値段は手頃。ランチのバイキングは有名らしいよ。千円くらいだって。お店の人はタイの人みたいだが、みんな感じ良かった。すれてなくて、恥ずかしそうにしてるひとが多くて、なんか新鮮。

やはり、タイスキなら"コカレストラン"に行けば良かったと後悔。コカのタイスキは、スパイシーで美味しい!有楽町の再開発で異国情緒がありいい雰囲気の店が壊されて移転したので行かなかったんだ。

そのあと止めようと思ったけどスタバでコーヒーとジンジャーケーキ。このケーキ、私の好きなキャロットケーキの味だよ(^-^)/。他にも美味そうなスイーツ沢山あり。あたしはここのアップルクランブルパイを食べたいとずっと企んでいるのだ。今度、カメラあるときに食べますわ。


友人は通訳ガイドをしている主婦。ガイドの仕事が入ればするので、毎日通勤をしたり、大半の時間を拘束されるわけではない。旦那は超有名コンピュータ会社で働いてるから、私みたいに毎日アクセク働かなくても彼女は十分食べていけるわけです。知的な仕事を月に何回。あたしには、理想的な仕事の形に見えるのです。ちゃんと時間かけてご飯作ったり、パンやケーキ焼いたり、梅干し漬けたりできるじゃない?今は、そんな時間がない。

彼女に言わせれば、毎日出かける所が有るのは羨ましいと。そうかねぇ~(ノ゜O゜)ノ
アタシの生活が決して良いとは思わないが、他人の芝生は青く見えるのだろう。

あともうすこしで、師走。
[PR]
by the_big_blue | 2005-11-29 08:00 | Gourmet

b0021101_9573474.jpg"アナザー・カントリー”をこの前TSUTAYAで300円ゲットしました中古ビデオだけど、レンタル料金と変わらないから買っちゃった。前から見たかったから期待高かったんですが・・・。

昔、イギリスの美少年映画が大ブームだったころに”モーリス”は見ていましたが、これは見るチャンスが無いまま長い月日が過ぎておりました。主演のルパート・エヴェレットも当時美形俳優といしてかなり有名でしたよね。最近だと、"恋に落ちたシェークスピア”にちょっと出ていましたね。コリン・ファースも嫌な役で出てたけど。

映画は、ぜんぜんわけわからんかった。簡単にストーリーを言うと、エリート街道を進むガイ(ルパート)は、金髪の美しい青年ハートコートに恋をする。それを別の学生のとがめられたことから、処罰を受け、学校でのエリートが選ばれる代表にも選ばれず、ジャッド(コリン)の傾倒する共産主義のはまっていき、イギリスを裏切るロシアのスパイとなる。

イギリスの1930年代の特権階級に属する師弟が通うパブリックスクールが見られると言う点では興味深い。しかし、鼻持ちなら無い奴らだ。特権階級にいたらいたで、学生でも政治的出世対する思惑が渦巻いていて、嫌らしい。この作品はもともと、ルパートさんが、舞台で主役を演じていたそうですね。話も実話に基づいているらしい。だが、ストーリーも、面白くないのよ・・・。特権階級、エリート、挫折、同性愛、共産主義、それがなんだかどれもしっくり絡み合ってない気がするんだわさ。

ルパート・エヴェレットは神経質な美形。あんまり好きな顔ではないなぁ。でも、退廃的な美を持った人だと思う。ガイが恋する相手役の金髪ハンサムハート・コード君は、スカーレット・ヨハンセンに似てた(笑)。

やっぱり、掘り出し物は主役の親友役のジャッドでしょう(笑)。”コリン・ファース”は、びっくりするほど若くて、美しかった。髪の毛ふわふわで、めがねなんかかけちゃった日には、かわいぃ~と思っちゃったもんね。ヤッパリ、ハンサムだったんだなぁ最認識。体も今ほどぶくぶくふとってなくて、青年のほっそりした華奢な体型で、背も高くて、素敵だった。

5点満点で★★(変わる多いにいにあり→下記参照)

多分一度見ただけでつまんないとは言っていけないかもしれんと思い始めた。これは同性愛がメインではないのだ。エリートが持つ屈折した悩みについてもっと目を向けてみないと面白さがわからないのだと好意的に解釈する。なせ、タイトルが ”Another country”なのか。これは、イギリスのこと、ロシアのこと、それとも考えの違う人たちが住む世界のことか?イギリスを裏切ったくせに、机の上には Harrodsのマグカップ、学生時代の写真、飲むのがスコッチウイスキーとイギリスから逃れられないガイ。いろいろ細かい疑問が沸くし、つっこみどころがありそうだ。奥深い映画かもしれん。
[PR]
by the_big_blue | 2005-11-28 10:21 | Entertainment

b0021101_21493431.jpg東京ばな奈ってしっていますか?東京のお土産として有名だそうです?とにかく、東京駅とか行くと、いつも大声張り上げて売り子さんたちが売っています。でも、こっちに住んでいる分には、話題にもならないし、食べることもないんですよね。

前に一度、岩手の友達に買って来てくれと頼まれて買っていったことがあるんですよ。そのときは、バナナは嫌いでもないけど、大好きでもないというとときなんだけど。食べてみたんですけどね、人工的なバナナ味に安っちいカステラで、”まずいじゃん”と思った記憶が焼きついているのです。でも、それから何年もたつけど、相変わらず派手に売られているから、人気あるのかな?もしかしておいしかったのかな?という疑問がわいてきたのです。

今、バナナ関係の食べ物(おやつ)を食べて、(すでにたべてるんですけどね)勝手にレポートしようとたくらんでますが、やっぱり”まるごとバナナ”ももう一度食べてみなくてはと思っております。

東京ばな奈、食べたことある方々、よかったら感想をコメントしてみてね。
[PR]
by the_big_blue | 2005-11-26 21:54 | carrot cake, bagels

土曜出勤と読書について

b0021101_982511.jpgまたしても土曜日出勤。稼働日だけ勝手に増やされて給料は増えない。勝手だわ。クリスマスカードの準備でもしますかね。去年のデータ、パソコンが死んでパーになったし。

ま、今朝は入らなくなったジーパンをはいたら、すっと入ったからすこし気分はいいのだ。これで、ランチに味芳斉(薬膳中華、牛肉飯が有名、ピーマンレバーは絶品!)に行けたら、今日は良としたいわね。

土曜日の電車は空いていて、途中からすわれました。今、私はE・アニー・プルーの”シッピングニュース”(集英社文庫)を読んでます。映画化もされており、結構好きな作品です(ラッセ・ハルストレム監督)。地味ですが、なんか悲しさの中に小さな幸せの火が灯もるような映画。私は好きです。この監督の作品は”サイダーハウスルール”もそんな感じです。

小説には映画では描ききれない部分もあり、映像を思い出しながら楽しく読んでます。話は決して楽しい話ではないんですけどね。読み終わったらまた映画みてみよう!

ケヴィン・スペーシーって、俳優としてはピカイチだと思う。ユージャル・サスペクツの時から毎回感嘆してます。アメリカン・ビューティはイマイチでしたが。映画では超ダサい中年男の役がはまりすぎ!しかし、原作を読むと映画の配役ハマりすぎというくらいイメージが合ってます。

すっぴんじゃないかと思うジュリアン・ムーアがこれまた凛とした強さが美しいのだ。赤毛になりたくなったもんね。あと、少ししかでないケイト・ブランシェットの妖しい美しさ。ジュディ・デンチの石のような力強さ。それにしてもデンチさん、あちこちにいるわ(笑)。

といまふと隣をみると学ランを来た高校生が本読んでます。おい~、洋書だよ。なに読んでるかと思ったら”ダ・ビンチ・コードでした。うっひゃ~。美術や歴史の知識も必要だけど、意味わかるのかなぁ?帰国子女かもしれないしね。がんばりやさんなのかもしれない。

学章みたら開成だった。成程・・・。
[PR]
by the_big_blue | 2005-11-26 08:42 | Entertainment

クリスマスプディングがどうしても食べたい!本場のやつが食べたい。
クリスマスプディングだけではなく、本場のイギリス料理を出すレストランもないかと探しているけど、いまいち見つからない。ブリティッシュ(アイリッシュ)パブは結構ありますが、メインはビールやウイスキーなので、下戸には行きづらいのです。クリスマスプディングについてはここのサイトがとても面白いです。

英国大使館クリスマススペシャル

今月初めに、三越本店のフォートナム&メイソンでクリスマスプディングが買える聞き、行ってきました。しかし早すぎた。聞いたら、クリスマスプディングが入荷するのは13日以降だそうです。ということで、今頃は入荷しているはず。クリスマスティも入ってるかなぁ。フォションのクリスマスティは高島屋にあったけど、フルーツティという感じで、あまりスパイスが入っていなかったのだ。

b0021101_22494812.jpg
三越で肩透かしを食らいましたが、もう一つ奥の手があるのでした(^o^)丿
あのクッキーで有名なWALKERSのクリスマスプディングが成城石井(輸入品をいろい取り扱ってるスーパー)で買えるのです!最悪、どっか海外からメールオーダーしようとまでとまで思いつめていたので(食い意地はりすぎ)うれぴ~~!カスタマーに問い合わせをしたら、親切なメールをいただきました。

成城石井はクリスマス・プディングの発売を来週10月31日より各店舗にてスタート致します。今回は2サイズ(150g、454g)を予定しております。が、各店舗にて入荷数に限りがございますのでお気をつけ下さい。お取り置きなどの手配もさせて頂きますので是非ご連絡をお待ちしております。

ウォーカーリッチフルーツプディング
150g 720円
454g 1390円

お取り扱い店舗
大きなサイズ:全店舗
小さなサイズ:成城店、青葉店、町田店、恵比寿店、横浜店、立川店、東横店、舞浜店、新宿店、北千住店、茅ヶ崎店

お気軽にお問い合わせお待ちしております。㈱成城石井 お客様相談室


ふぉふぉふぉ、買いましたよ。454gの大きいサイズ。いったいどんな味がするんだろうか。箱の外には、一緒にアイスクリームや生クリームをかけてたべるとよいと書いてありました。

そういえば、Lushのクリスマス用カタログに、クリスマスプディングと、上にかけるブランデーバターのレシピも載ってたなぁ。今年のクリスマスは楽しみです。たとえ不味くても許す!
[PR]
by the_big_blue | 2005-11-25 22:54 | Gourmet

お買い物

帰りにTSUTAYAでレンタルDVDを返してきた。中古ビデオで"アナザーカントリー"めっけた!\(~o~)/

300円。とりあえず、買いでしょう。若きコリンくんもでてるしね。ルパートエベレットが当時美形だと話題になってましたが、みそびれてたので、うれしい!

今日のお買い物報告終わり「(・o・)
[PR]
by the_big_blue | 2005-11-25 21:53 | Entertainment

b0021101_1332895.jpg

前から一度食べてみたかったチーズケーキファクトリーのチーズケーキ。会社帰りにお店を見つけてふらっと吸い寄せられてしまいました。買ったのはチーズバー。ダイエットですかい、Forget it!

1.5センチの正方形を長くしたバー状のチーズケーキ。長さが15センチ位。これがキャンディみたいに紙につつんであるの。買うと、保冷剤を入れて小さくてかわいいビニールの手提げに入れてくれます。味も大切だけど、こういう演出もお客さんをつかむのに重要なんだよね。ちょっとした手土産にいいなぁと思いました。値段も手ごろで1本210円。

味はプレーン、オレンジ、ストロベリー(11月12月の限定商品でこちらは250円位だった)の3種類があります。オレンジは試食しましたが、オレンジの味が人工的だったので買わず、プレーンとストロベリーを買いました。私はトップスのチーズケーキのような濃厚系のチーズケーキが好きなので、これはまさに大好きなタイプ。

下にしいてあるグラハムクッキーが、キャラメルのような味がして美味しくて、ほどよいまろやかな甘さがチーズの味にメリハリをつけてくれる。チーズケーキは、濃厚だけど決してくどくないし、コクがあって、なめらか。オーストラリア産のクリームチーズを使っているそうです。コーヒーと良く合うのですよ(^o^)。自分にはストロベリーを買ったのだけど、新鮮ないちごの香りがとっても幸せ!サイズ的にはあともうちょっと食べたいとというぐらいの量です。

たまにレアチーズケーキを作るけど、とてもこんな味にはならない。ヨーグルトや生クリームを入れると、滑らかだけど、ゆるくなっちゃう。シンプルに作ってもこんなにどっしりとはならない。どうやってこんなに濃厚なのが作れるのか知りたい。確実に、リピートしてしまいそうです。ホール売りのの抹茶のチーズケーキもとても美味しそうでした。大きいケーキは何かのお祝いイベントがないと買えないけどね。
[PR]
by the_big_blue | 2005-11-25 13:33 | Gourmet

b0021101_11545413.jpgナルニア国物語シリーズもだんだん終わりが近づいてきました。後ろから二番目のお話となる"魔術師のおい”です。

この物語は、最初の作品”ライオンと魔女”の前の時代の話で、なぜ、ナルニアが出来て、何故魔女が現れ、たんすの謎、街灯が森の中にあるのかという理由が明らかにされます。今までの、ナルニアのシリーズとはちょっと趣が違います。

一言で言うと、ナルニア版”タイムライン”かな?今までは、ナルニア国とその周りの世界を旅するお話だったのですが、今度は時空を越えていきます。主人公の少年ディゴリーと少女ポリーがこの世と別の世界を移動できる指輪を使ってこの世界とナルニアの世界を移動します。これを発明したのが少年の叔父です。今までの謎が解き明かされるので、結構楽しく読めます。でも、原書は1章読んだだけでやめちゃった。時間が無かったもんで。結局、日本語のほうが楽で早いんですよね。成長が見られないなぁ。シリーズ終わる頃には楽々読みこなせるようになっている予定だったのに、全然ダメだね。結局、原書って私には敷居が高い。だったら、読むのあきらめればいいのに、読もうとだけする自分がふがいない。

さて次は、これで最後のシリーズとなる”さいごの戦い”です。
[PR]
by the_big_blue | 2005-11-25 11:56 | UK、LUSH, NARNIA

b0021101_1619332.jpgロードショー公開時から見たくてたまらなかった映画、 "ナショナルトレジャー” です。ニコラス・ケイジは、やっぱりあんまり好きではないけれど、映画自体は面白かった。タイトルが、”国宝”だったのでついつい、いかめしい正倉院の御物かな?みたいなイメージがあったんだけど、アメリカで国宝っていったら、そんなに古くないもんね。アメリカの独立宣言の裏側に隠された秘密のメッセージをめぐるトレジャーハンティング!

ニコラス君、絶対かつらじゃないかなぁ。妙に、ふさふさしてるんだよね。それが気になって仕方が無かった。色もなんか妙に茶色っぽくてあやしかった。ま、それは映画に関係ないんだけどね。

相手役のダイアン・クルーガーはLUXの宣伝だと美人に見えないが、映画だとなかなか綺麗だった。しかし、あんな美人で若くてDr.持ってる古文書の専門家なんているかいな~~(-_-;)!

ニコラスの親友役の男の子、名前忘れちゃったけど、ジャスティンなんとかだったかな、かなりかわいいです。ちょっと注目かも。

ニコラスの父がジョン・ボイド(アンジョリーナのお父さん)がミスキャストかな。なんであんな100パーセント強気の娘が生まれたのかと思うぐらい、中途半端。とても、ニコラスと親子には見えなかった。

あと、ハーベイ・カイテルは大好きな俳優ではあるんだけど、FBI捜査官とか、あんまりインテリの役は似合わないなぁと思いました。目が妙に赤いのが気になった。お酒の飲みすぎじゃないのかなぁ。スーツまじめに着てるとやくざにしか見えない。ちょっとこれもミスキャストっぽい?悲しいが。

ショーン・ビーン氏は最近頭のいい悪役が多いけど、もっとクールに立ち回ってほしいなぁ。コミカルでもなく、クールでもなく中途半端だった。そろそろ彼をメインに置いた映画つくってほしいねえ。セクシーだしさぁ、ハンサムだしさぁ、使いようによってはかなり良いと思うんだけど。

内容的には今はやりの(トム・ハンクスで撮影中)の”ダ・ビンチ・コードに通じるところがありますね。テンプル騎士団だの、フリー・メイソンだの出てきます。カタコンベ(地下墓地)好きなのと、NYの都会でのアドベンチャーが斬新だったのでとりあえず、娯楽映画としては満足です。5点満点で★★★★。


ダ・ビンチ・コードがかなり楽しみですね。
[PR]
by the_big_blue | 2005-11-24 16:50 | Entertainment

b0021101_161651.jpg

ヴィン・ディーゼル祭り。前回”リディック”で異常に退屈してしまい、”キャプテン・ウルフ”でかっこいいかもなんて思ったのが気のせいかと思い始めてました。お口直しになるか、"トリプルX”

これをみて、ま、いいんじゃない位まで持ち直しました。後の作品で気になるのは、”タイムライン”のポール・ウォーカー主演の”ワイルド・スピード”かな。中身は無いです(笑)。完全に娯楽映画だと思って楽しみましょう。凶悪犯人を倒すのに、FBIが民間の凶悪な奴から選び出し、刑を軽減するのと引き換えに、エージェントとして働くことを誓わせるというありがちな設定です。大根役者みたいな棒読みの台詞だけのでくの坊のような”リディック”に比べたら、とっても人間的な役で、丸くて黒い瞳が結構かわいいなんて思ったりして。とにかく、パラシュートで飛び降りてみたり、スケボーで岩山を駆け下りたり、アクションシーンは凄い。ヨーロッパ美人とのちょっとラブロマンスもあり、それなりに楽しめました。わざと007のパクリっぽく作ってあるのかな?彼は、エグゼクティブ・プロデュサーなんですよね。”リディック”もそうだったけど。ただのアクション俳優に終わってほしくないな。5点満点で★★★。
[PR]
by the_big_blue | 2005-11-24 16:17 | Entertainment