<   2006年 02月 ( 41 )   > この月の画像一覧

かわいい奴

b0021101_840361.jpg
手帳用に使ってる小さい消しゴム。姪っ子からもらいました。使っていくうちに姿が変わっていくのです。なんとなく丸まってきました。
[PR]
by the_big_blue | 2006-02-28 08:40 | Life

b0021101_1936253.jpg今日は、映画デイだぜ。イギリス密林でゲットしたDVD、 Les Miserables -- Two Disc Collector's Edition を見たよん。

"オペラ座の怪人”に関しては結構詳しいですが(笑)、レミゼについては、バリバリ初心者です。レミゼに興味を持ったのは、元ロンドンファントムの John Owen Jonesがファントムの後にバルジャンを演じると知ったから。でも、今年の6月位で終わっちゃうような話もある(未確認)。辞めるみたい。ミュージカルは一年前に、帝国劇場の今井さんバージョンを見ました。元ファントムの今井さんの声が好きなので、生で見られて大感動したなぁ!

ロンドンオリジナルキャストであるコルム・ウイルキンソン(バルジャン)は意外と伸びのある、若々しい声。元ラウール役のマイケル・ボール(マリウス)も出ています。彼の安心できる温かい声と、ほっぺのえくぼが好きです。アルン・アームストロング(テナルディエ)も再演。

ブロードウェイからは、ミスサイゴンで有名になった、アラジンのジャスミン姫もやっていたリー・サロンガ(エポニーヌ)。彼女は上手いし、すごい迫力。ジュディ・キューン(コゼット)とマイケル・マグワイア(アンジョルラス)もアメリカから参加。後のロンドン・キャストからルーシー・ヘンシャル(ファンテーヌ)。フィリップ・クォスト(ジャベール)が上手い。オージーらしいよ。映画”マスター&コマンダー”のシンデレラマン(誰のこっちゃ)に似てる気がする。

バックコーラス(Choir)でJohn Owen Jonesも出ていたそう。探してたけど、見つからず。さすが世界のレミゼ、キャスト全員の歌唱力は抜群。日本の密林でこのDVDを買うと、6300円(字幕付き)もするだけど、英国密林だったら、ディスク2枚のコレクターズエディションが半額(字幕はないが)だよん。150分の本編と、57分の特典付き。買ってソンはなし!

アマゾン(日本)の説明より一部抜粋します:

世界中にセンセーションを巻き起こしたミュージカル『レ・ミゼラブル』の10周年記念コンサートビデオである。1995年の本作は夢の競演とも言うべきそうそうたる顔ぶれなのである。ロンドンからオリジナルキャストのコルム・ウィルキンソン(バルジャン)、マイケル・ボール(マリウス)、アルン・アームストロング(テナルディエ)らが再演を果たし、ブロードウェイからはジュディ・キューン(コゼット)、リア・サロンガ(エポニーヌ)、マイケル・マグワイア(アンジョルラス)らが参加。後のロンドン・キャストからルーシー・ヘンシャル(ファンテーヌ)、オーストラリアからフィリップ・クォスト(ジャベール)も名を連ねている。このコンサートの形式は、いわゆる舞台劇というよりは劇仕立てのカンタータ、といった趣で、スタンドマイクの前で歌う役者のバックにコーラスとオーケストラを配している。役者たちは衣装を身につけており、ちょっとした演技も披露するし、クライマックスのバリケード・シーンに代表される要所要所では劇中の場面にも切り替わる。ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団の演奏は素晴らしく、200名のコーラス員(ロゴ入りTシャツを着用)が立ち上がって歌う「One Day More(ワン・デイ・モア)」などの全員コーラスは感動で身の毛もよだつほど。

PS
Disk 1の最後に世界のバルジャンが集まって合唱するシーンがあるんだけど、日本からは鹿賀丈史さんが出ています。アジア唯一のバルジャンです。真ん中で歌わせてもらってて、立派に歌手間した。なんか、感動しちゃって胸が一杯になったわ。
[PR]
by the_big_blue | 2006-02-25 20:00 | Entertainment

書くのも恥ずかしいのですが、記録の為に書いておきます。

リバウンドダイエット(苦笑)のおかげで、この2ヶ月でがっつりダイエット前の体重近くまで戻ってしまいました。すごいよ、やばいよ!たった二ヶ月でこんなに太るなんて。見かけもぐぐっと変わりました。体も重いし。体中が毒だらけという気がする。

自分で言うのもなんだけど、私は不完全な完全主義者なのですよ。完璧にやってるときはそれでよいのだけど、一旦できなかったばあいに、それが許せなくなって反対側の完璧主義者になっちゃうんです。このリバウンドは、それが原因です。

極端な例だけお、たとえば一日800キロカロリーにしようと追ってるとします。たまたま、宴会があって、一日2000キロカロリー食べちゃったとします。その日は、一日仕方ないとやり過ごして、次の日からまた800キロカロリーに戻せばいいのですよ。普通の人はそうだろうと思います。しかし、この馬鹿な不完全主義者は食べちゃった日に、やけくそになって5000カロリーまで食べちゃうわけですよ。気持ち悪くなるまで食べる。でも、あんまり気持ち悪くならないから余計始末が悪い。ま、こんな日が続くと毎日5000キロカロリーの日々が続くというわけ。まじに、一種の摂食障害かもしれないなぁ。

あとは、ベーグルの食べすぎだね。絶対!毎日最低一個、多い日は3つ食べてたりするから。
そういえば、スポーツクラブにも全然いけてない。今月も4回クリアできるかどうか。最後は自分の意思だけですね。頭で食べないとね。また、がんばるしかないわね。
[PR]
by the_big_blue | 2006-02-25 19:30 | Entertainment

b0021101_1555411.jpgいまさらですが、昨年の10月末にテルムマランに行ったときの記事を書き忘れてたことを思い出しました。もう、4ヶ月も前なので、記憶が薄まりつつありますが、写真をみて思い出しながら書くことにします。

父を置き去りにして、1泊2日で母と行ってきました。パラサイトなもんで、たまには親にごほうびでもと思ったのがきっかけ。つうか、自分がテルムマランに行ってみたかっただけとも言うけど・・・。館内では写真を取れなかったで、お見せ出来ないのが残念です。

テルムマラン・パシフィークでは、タラソテラピー(海洋療法)を提供しています。フランスのブルターニュ地方に本家があります。愛知の蒲郡にも同じ系列の施設があります。千葉の勝浦にあります。アクセスは、東京駅からの直行バスもありますし、JRでもいけます。JRのツアー”びゅう”では、お手軽な日帰りパックもありますし、テルムマランでもパックをいくつか準備しています。今回は、テルムマランの宿泊パック”2daysまるごとプラン”で行きました。このプランはお勧めですよ。2日間テルムマランで愉しむという欲張りなプランです。もちろん、日帰りでも楽しめますが、リラックスに来たのに勝浦から家まで眠らずに運転する自信がなかったので私は1泊しました。時間があれば、1泊することをお勧め。2日目は、タラソしてもいいし、房総の観光してもいいしね。これから春になると、お花も咲き始めてよい季節になると思います。

b0021101_15554831.jpgこのタンクで海水を運び込んでくるのでしょうね。受けたのは下記のプログラム。

・アクアトニックプール 2回 (海水の温泉プールで、結構これだけでも楽しいのだ)
・個室トリートメント 2回 (アルゴパック、シルクラ)
・グループトリートメント 3回 (ビシーナジェット、エアロゾル、ピシーナキネジ)

アクアトニックプールは海水の温泉プール。結構楽しくて、何時間でも入っていられそう。個室受けるトリートメントの、海水をシャワーで勢い良くかけてくれるシルクラが良かった。リンパの働きを良くしてくれるそう。海草パックは時間が短くて、ちょっと物足りなかった。海水のスチームの部屋で寝るエアロゾルは面白かった。母は、アクアビクスのようなピシーナキネジや、ピチーナジェットが物珍しかったようで、楽しんでたみたい。

トリートメントの間に、エッセンシャルオイルを炊いたお部屋で休むこともできます。館内では、水着を着ているか、ガウンにビーチサンダル。特筆すべきはここのランチですかね。とってもヘルシーで美味しい!!もう、これが毎日楽しみでした。一人で来ている女性の人も、見かけましたね。エステのようなプログラムもあるしね。ランチを食べるが為に、また行きたいと思ってます。バランスが良くて、美味しくて、カロリー控えめで、こんないいところが千葉県にあったんだと嬉しいです。

b0021101_15564042.jpgテルムマランの近くの興津港。この近くのペンションに泊まりました。夏は、、海水浴客で一杯だそうですが、さすがに10月終わりの海ともなると、人気も無くて、なんだかとっても寂しい感じ。早朝散歩したときの写真です。とっても寒かった。さびれた漁村みたいな雰囲気でしたが、それはそれでよい。

b0021101_1613073.jpgテルムマランのあるところは、分譲の別荘地もあり、高台になっていて、とても明るくて、リッチなエリアです。たぶん、外から来た人ばかりが集まってる別の世界です。地元の人たちが住む世界は、昔ながらの質素な暮らしですが、そのままの自然がのこされていて、素朴でよいなぁと思いました。どんどん開発が進んで洗練されていくのもいいけれど、それと引き換えにもとの姿が消えていくのは寂しいです。ここは鵜原漁港。自然の造形美が美しいです。

b0021101_1625954.jpg帰りは、大多喜にあるハーブアイランドによりました。オフシーズンのせいか、あまりお花は咲いていませんでした。お客さんも少なかった。ここに行くならやっぱり花の多い季節ですよね。ハーブアイランドの近くには、同じ系列の無料で入れるベジタブルガーデンというところもあるのですが、個人的には、こっちのほうが好き。お土産やさんもこっちのほうが充実してたりします。

1泊2日の旅ですが、期待通りとっても楽しかったです。観光があまりできなかったのが残念。次回は、一日はタラソテラピーを受けて、もう一日は、房総をのんびりドライブというのもいいなぁと思いました。道の駅を巡るのも楽しいし、また是非近いうちに行きたいです。
[PR]
by the_big_blue | 2006-02-25 16:12 | travel, diving, ovtd

b0021101_1330573.jpg必読! ”英語の訛りの特徴を分析する” にいくべし!というALCのサイトの記事を読んで、見たくなっちゃった映画、"ゴスフォードパーク”の話題です。先月、これが1260円で売ってたので、即買いしました。この手の、映画批評家が好きそうな映画って、評判は良いけど、実際に見たらイマイチだったという映画が多いですが、さてこれはどうだったでしょうか?

そもそもは、”英語のなまりをききわけたいという身の程知らずの下心がこの映画との出会いでした。1930年代の上流階級とその召使たちの英語がいろいろ出てくるらしいのです。が、はっきりいって違いが良くわからなった。アメリカ人とイギリス人ぐらいがいいとこ。

映画はとても面白い。これは、掘り出し物でした。きじ打ちの為にある、カントリーハウスに集まった貴族たちと、その召使たち。そこで殺人が起きます。まるで、ポアロ(アガサ・クリスティ)の小説を読んでいるよう。ポアロとの違いは、謎解きがメインではなく、その館にいる人たちのどろどろとした人間模様。クリスティの小説のように、みんながそれぞれ怪しい。この人は何もないでしょうみたいな人に限ってい、すごい秘密を持っていたりして。ただ、出てくる人が多すぎて、誰が誰やらわかんないうちに終わった。また、見直すともっといろんなことが分かりそう。

監督はロバート・アルトマン。この人の映画は、高尚過ぎていまいち入り込めなかったのですが、この映画は、良い!!アカデミー脚本賞を受賞。キャストもすごい。

なんだか憎めない”眺めのいい部屋”の、 マギースミス。
凛として美しい ”イングリッシュペイシェント”の、 クリスティン スコット トーマス。
なつかしや、でも美男ぶりはいずこに、”モーリス”の、 ジェームス ウェルビー。
やっぱりいつでもいい男、 クライヴ オーウェン。
こんなところに ”修道士カドフェル”さんがいるよ、 デレク ジャコビ
”キューティブロンド”のだんなさんもいたそ、ライアン フィリップ。
”奇跡の海”でもすでに演技派、 エミリー ワトソン。

b0021101_13504038.jpgそして、大注目は、超可愛い、純朴なケイト・ウインスレットのような、ケリー マクドナルド。彼女は準主役です。な、なんと!グラスゴー出身だそうです。彼女の英語は変わってるとおもいましたが、スコティッシュアクセントだとは分からなかった。"トレイン・スポッティン具”に出てたんですって。覚えてないけど、まじ可愛いです。えええ、”銀河ヒッチハイクガイド”にもでてるんだって。うっそ~~~、ますます見なくっちゃ。

他にも、名前は知らないけど、見たことがある人が出てきました。アルトマンに選ばれるだけ合って、皆さん名優です。映画のなかでも、みなさん、演じてるんですよ。本当の姿と、貴族だったり、召使の役を。5点満点で★★★★。満点つけたいくらい。イギリス映画好きにはたまらないと思いますよ。
[PR]
by the_big_blue | 2006-02-25 13:31 | Entertainment

これからの公開が楽しみな映画、”The Da Vinci Code”のウェブサイトが更新されたようです。USのサイトですが、雰囲気を味わうには充分。雰囲気は怪しく、重厚凝った作りになったサイトです。日本公開が5月20日、US公開は一日前。すごいねぇ。ほぼ同時公開ですねぇ。

髪の毛が伸びた”アメリ”のおねぇちゃんと、”ユー・ガット・メール”を見た後にみると年を感じてしまうトムハンクスさん。もうちょっと痩せたらかっこいいのいなぁなんて思います。
[PR]
by the_big_blue | 2006-02-25 10:37 | Entertainment

今日は、昼間に用事があって虎ノ門にいったのですが、お昼になり、何たべよかな~、近くに店はあまりないし~とあるいてたら、ベーグルランチの名前が!なんかわかんないがとりあえず入ってみました。しかし、虎ノ門って、あんまり食べるお店とかないねぇ。

b0021101_034158.jpgb0021101_034211.jpg






”Cup's”というデリの店。虎ノ門2丁目にありました。ベーグルランチは、デリを2種類選べてベーグル付きで550円でした。悪くない値段です。飲み物は付かないけどね。私は、茄子とホタテのトマト煮とサーモン&クリチのデリを選びました。付いてきたベーグルは、な、なんとベーグルはH&Hのセサミ。うひゃひゃ!デリも量があるし、美味しかった。


b0021101_035849.jpgb0021101_0362564.jpg






なにより嬉しかったのは、H&Hのベーグルが食べられたこと。通販とか、自由が丘まで行かないと食べられないのかと思っていたけど、虎ノ門にあるとは。やっぱりここのベーグルが一番好きかも。そこそこハードで、たべごたえがあり、ムチムチして、でも、キメが粗い生地もワイルドでよい。生地も美味しい。


11時半ごろ入ったせいもあるんだけど、とっても目立たないお店で、お客さんもほとんどいないの。12時ごろからポツポツお客さん増えてきたけど。ランチのカレーも美味しそうだった。タイカレーを出しているようです。ネットで見たところ、お昼のテイクアウトがあのあたりのOL様方に大人気だとか。ベーグルって、夜行っても食べられるのかしら?しかし、H&Hのベーグルを出すなんて、お目が高い!予想だにしない、嬉しい出会いでしたわ。
[PR]
by the_big_blue | 2006-02-25 00:41 | carrot cake, bagels

今年はヘルシーに生きるはずなのに、新年明けてから、ヘルシーで無い日のほうが多い。ジャンクな食べ物、体に悪い食べ物って美味しいのです。Lawsonでパンを買うことはあまりないのだが、おいしそう(やばそう、健康に悪そう、カロリー高そう)なのを見つけたので買ってみた。

予想どおり、なかなかいい。認めたくないが、先日食べた、健全そうな温泉パンがより美味かった。♪そうよ私は、B級グルメの女~♪。

ベーグルが好きなのはあの"モチモチ"感のせい。そのモチモチ感が満載のパンを二つご紹介しましょう。

一つめは見かけがまさにミスドのポンデリング。これって、パクリだと思うけど、許可をもらっているのだそうか。でも、天下の山崎パンだから、それなりの手順は踏んでいるのだろう。名前は、”モッチリングメープル”。たぶん、メープル以外の味もあると思われる。123円、394キロカロリー。カロリーがとっても高くて、油っぽくて、甘いんだけど、このジャンクさがそそる。このももちもち感覚ははまる。

もう一つめは、”チョコチップもっち”。120円で284カロリーです。こちらのほうが、若干健康的?こっちも山パンだぜ!かなりモッチリですが、油っぽくは無い。チョコチップの甘さと、もちもちひとくちサイズ(ポンデケージョタイプ)が食べやすくて良い。腹持ちもよさそう。

どちらもでん粉が入ってる。これがもちもち感を作り出しているのか?ところで、でん粉とは何?東京電力のデンコちゃんじゃないよね。てんぷんのデンコ?あああ、ちょっと興ざめ。ローソンにいったら、探してみてね。
[PR]
by the_big_blue | 2006-02-23 23:10 | Gourmet

パウル・クレー展

東京の大丸ミュージアムで開催されているパウル・クレー展に行ってきました。オレンジ系を基調とした(チュニジアを旅してこういう色使いに目覚めたとか・・・)色使いが暖かくて、ユーモアもあって好きな作家です。

彼の美術館(パウル・クレー・センター)が生まれ故郷であるスイスのベルンに開館したのを記念して開催された展覧会でした。スイスの人だということさえ知りませんでした。

今回は展示数が少なかったのと、クレーの絵というと、いろんな色に塗られた抽象画を想像しますが、それに至る前の素描やスケッチ、晩年の絵、美術館に関する情報が多くて、ちとびっくりしたが、これはこれで面白かった。彼の絵の変遷、家族、遺された絵の行方などがわかりました。

彼は  "何を描くかでなく、描いたものがどうみえる"  かを考えたと説明にありました(表現はちょっと違ってるかも)。言葉と絵のコンビネーションも見所なのかもしれません。絵のタイトルを見ずにはいられませんでしたもの。
[PR]
by the_big_blue | 2006-02-22 20:42 | Entertainment

b0021101_13534427.jpg温泉パンって知っていますか?成城石井やThe Gardenやスーパーで見かけます。3個パックで、410円ぐらいで売られています。お安くはないですね。

でもね、数年前、友人から”すんごく美味しいパンがあるから”ってこれのいちじくのを一袋いただいたことがあるのですよ。そのときは、そのまま食べたせいか、ぱさぱさしてて、そんなにおいしいかなぁという印象でした。先日、The Gardenをふらついてたら、”抹茶あずき”があって、抹茶色のパンをみたらついつい手が伸びてしまいました。ついついが多い私・・・。

b0021101_141168.jpgこのパンは、栃木県の喜連川というところで作っていて、温泉水を使っているそうです。だから、温泉パンなんだって!一つあたり、抹茶あずきは350キロカロリー程度。価格もカロリーもベーグルににていると思いませんか?温泉パンは20種類ぐらいあるようです。これもベーグルに似ている。天津甘栗とか、アーモンドキャラメルのを食べてみたいなぁ。

b0021101_22531761.jpg袋の裏に食べ方が書いてあります。

1.レンジでチン
2.トースターで焼く
3.ミルクにつける
4.そのまま

3. 以外を今朝やってみました(牛乳が苦手なので3はパスさせていただきやした)。
まずは、スライスするのがポイントだと思います。ダントツ1が美味しい。チンすると、ふわふわでやわらかくなり、小豆の甘味が引き出されます。トーストより美味しい。そのままはやっぱりぱさぱさしちゃう。見かけはベーグルに似ていなくもないですが、ベーグルのようなむっちり感はないです。小豆の甘さがGoodでした。抹茶の香りはあまりしなかったなぁ。ベーグルみたいにドはまりはしないけど、たまに食べるのは楽しいかも。
[PR]
by the_big_blue | 2006-02-22 14:17 | Gourmet