<   2006年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧

b0021101_10475384.jpg"すべては愛のために”を見直しました。

これを見たときは、まだブログをはじめていませんでしたが、公開時に招待券をもらって見に行きました。一緒に行った友人と、最悪のメロドラマだったと話していた印象があります。ジョリーが、似合わないニットのアンサンブルにパールのネックレスなんかしちゃって、貞淑な上流階級の夫人を演じている姿に非常に居心地の悪さを覚えたのを思っています。また、当時はクライブ・オーウェンのことを知らずにいたので、かっこいいけど、男くささがプンプンする、B級俳優っぽい人だなぁと思ってました。評価するとしたら★でしょう。邦題が悪すぎる。Beyond Borders(国境を越えて)がどうして、すべては愛のためになんて陳腐なタイトルになるかね?

この映画を見てから数年たち、Gerryと共演するTR2で、勇敢でかっこいいジョリーを見て、また慈善活動に取り組むジョリーもみて、そして、細いくせにめっちゃんこスタイルが良い姿にも好感を持つようになりました。そして、何気なく見ていたB級俳優さんが、実はとても素敵な人だと判明して、再び鑑賞してみることにしました。

ここには、2つの話があります。貧困に苦しむ人の姿。映画で出てくる痩せ細った子供、貧困にあえぐ姿は非常にリアルで胸につまされます。こういう自分の命を顧みずこういった草の根の活動をしている人たちの姿を描いているという意味で、非常にメッセージ性のある映画だと思います。こっちは文句はつけられません。

もう一つは、一歩間違うとハーレクインロマンスに成り下がってしまいそうな愛の話。確かに、ひとつの愛を貫いた2人というのは美しいですが、捕らえようによっては、お金持ちの上流階級の奥様が一時の感情で慈善事業に燃え、かわいい息子も出来たのに夫は後に失業して浮気。かたや、奥様は慈善事業でであった医者に恋をして、トロイメライを弾き、最後にはチェチェンまで家族を捨てて追っかけて行くというどうしようもない不倫ドラマ。

この二つのあまりに高尚と低俗なコンビネーション。非常に評価が難しい。しかし、純粋に入り込んでしまえば、この医者(クライブ・オーウェン)は耐え難いほど魅力的だ。正義感に燃え、難民の救済に命を賭け、自分が傷つかないように心を麻痺させて日々戦う姿。んでもって、ワイルでハンサム。いいじゃないですか、ハーレクインでもどうでも、という気になってしまう。最後のラストも、ちょっとびっくりだったけど、私は甘くなくて好感。しかし、ほとんど話をまたしても忘れていた。

ということで、評価は、キング・アーサーに引き続きアップしました。★から★★★に評価上げます。さて、このあとは、クローサー、ボーンアイデンティティ、シンシティの再鑑賞が待っています。
[PR]
by the_big_blue | 2006-11-29 10:48 | Entertainment

John Owen Jones's new websiteが出来上がったようです。

JOJのメーリングリストからの情報です。新しい写真や、昔の未公開写真、21回レミゼコンサートの音源、リンク、Newsがあるそうです。ざっと見てみましたが、フラッシュを多用しているので、ちょっとウザい気がする。まだ、建設中の部分も多く、情報量はまだそれほど多くありませんが、楽しみですね。彼の新しいソロアルバムが12月に出るようです!聞いてみたいな。タイトルは”ハレルヤ~”だとか。”5-track E.P.”と書いてありましたが、いったいどういうものなんだろうか?販売は、ここのサイトだけで当初の販売が行われるみたい。ゆくゆくは英国密林で売ってくれるようになると買いやすいんだけどね。
[PR]
by the_big_blue | 2006-11-27 11:45 | Entertainment

顔シリーズ

道端で見つけた顔。

b0021101_238414.jpg


家庭菜園で取れた冬瓜たち。

b0021101_238301.jpg


冬瓜に顔がついていた。

b0021101_2385053.jpg

[PR]
by the_big_blue | 2006-11-26 23:09 | hand-made, cooking

今日は、招待券をもらったので、江戸東京博物館で開催されている”ボストン美術館所蔵 肉筆浮世絵展 江戸の誘惑”を見に行きました。

せっかく両国へ行くのでその前にランチ。人形町の美味しいハンバーガー屋さんに行ってきました。ネットで発見し、かなり評判が良いので期待でワクワク。

b0021101_22342565.jpg
人形町のA3出口をでて、右側に歩くと左にNTTが見えます。そこを反対側の道路の右側に折れて少し歩くととあります。このあたりは日曜のせいか閑散としていて、突然お店があるという感じ。赤くて可愛い。

Brozers'(ブラザーズ)というお店で、巨大なハンバーガーが売りです。人気のお店らしく、列待ちこそなかったけど、お客さんが絶えず入ってきていました。わざわざ食べに来ている人ばかりだと思います。

ハンバーガーは40種類近くあります。900円から1450円の間。ロットバーガーとかチーズバーガーが人気みたいです。マックのバーガーが100円で食べられる時代ですから、安くは無いけど、このボリューム感がいいですよね。でっかい口をあけてガブリという豪快感とお店の雰囲気で、たまにはこういうのもいいでしょって気分になります。パンは表面はパリパリで中はふんわり。癖はなく、食べやすいです。(個人的には、クアアイナのハンバーガーのほうが好きかな)

b0021101_22401297.jpg
これはアボカドチーズバーガー。美味しかったですよl味は意外とシンプルです。1150円です。アメリアンスタイルの内装で、大好きでなつかしの CHICAGOがかかってて、幸せだった。アメリカも好きだわなんて思ったりしてね。

そのあとせっかく来たので水天宮がどんなもんかとちらりとお参りだけして、清澄庭園へ。150円。あまり庭園とかには興味がなくてあまり行かないのですが、一緒に行った友人が庭園ファンなので行ってみた。だだっ広い池でした。

b0021101_22433360.jpg
江戸の豪商、紀伊国屋文左衛門の屋敷跡と伝えられているそうです。全国から取り寄せた名石をちりばめた回遊式林泉庭園だそうです。美しい庭園のはずなのに、池では、巨大な鯉と鴨たちとぎゃぁぎゃぁうるさいユリカモメたちがえさの争奪戦をやっていて、戦場のようであった。

b0021101_2245519.jpg
きれいな鴨さん。いろんな種類の鴨がいましたよ。 アオサギ、カワウ、ユリカモメ、マガモ、キンクロハジロなどなど。意外と庭園に来る人がおおいのですね。びっくり。

そのあと、展覧会へ。でもね、この展覧会めっちゃめっちゃ混んでいたけど、あんまり面白くなかった。肉筆の浮世絵はそんなにないから貴重なものだのだけど、綺麗過ぎて面白くないの。現存する唯一の”百鬼夜行”を見られたのは良かったけど、1メートル分しかなくて、残念。あれだけを巻物全部見せてもらったほうが面白いんではないかと思います。

常設展示場でアラーキーの”東京人生”というモノクロの展覧会をしていましたが、これのほうが面白かった。モノクロの写真で、これならだれでもとれるんじゃないかと思ったりしなくも無いが、やっぱり素人は撮れないのだろうね。たぶん、被写体を選ぶ目がすごいんだと思う。

b0021101_2258731.jpgついでに、江戸東京博物館のトイレットペーパーは”街”という名前のあやしいペーパーでした。
[PR]
by the_big_blue | 2006-11-26 23:00 | Gourmet

台所においてあった人参。あまりに形がユーモラスで思わず写真に撮ってしまいました。父親の力作です。

b0021101_22261338.jpg

[PR]
by the_big_blue | 2006-11-26 22:26 | hand-made, cooking

韓国語を10月からちょぼちょぼやっています。でも、独学だとなかなか進みません。11月から、4回だけハングルを読む講座に通っており、来週で終わります。その後どうしようかな。せっかくはじめたから、簡単な日常会話が出来るぐらいまでにはなりたいなと思っています。

最初はドラマが理解できるようなれたらいいなと思ってたけど、長年つきあっている英語でさえ未だにドラマは理解できないから、韓国語もそんな簡単にはいかないかなという気がしてきた。とりあえず、1年ぐらいはやってみようかなと思う。

確かに、韓国語は日本語と似ています。似たような単語も多いし(漢字起源のもの)、文法も日本語とかなり近い。ですので、日本人にとっては学びやすい語学であるとはいえると思います。

しかし!そんなに甘くないのだ~~。韓国語は発音が難しいのです。日本語にはない音、日本人には聞き取れない音があるのです。あと、濁音と濁音でない音の区別があいまい。ハングルも一文字ずつ読むだけだったら、4回で確かに出来ると思います。しかし、単語や文章になった場合、日本語のひらがなのように一文字一文字を読めば発音できるのではなく、発音のルールがいろいろあって、難しいのだ。書き言葉と、発音が全然違うんですよ。それは全く知らなかったです。

3万近くも散財して(無)、10月からのNHKのラジオ講座を録音しているのですが、毎日学ぶ寮が膨大で、びっくりデス。とても一日で頭に入る量じゃないんですよ。あれ、毎日付いていける人を尊敬します。とても私の頭じゃ駄目。いま10月19日の講座を聞いています。追いつけるのかな。すごく不安になってきましたよ。

ハングルの文字読むのにも、すごい時間かかるの。2文字ぐらいでも、幼稚園の子供がはじめてひらがなを読むときみたいな感じなの。自分で笑っちゃうよね。語学って才能だっていうからねぇ。無いのは分かってるから努力でカバーしようとは思ってるんだが、トホホ。

韓国語は食べ物がすごく好き。俳優さんも結構好きだし、近いからこれから行こうと思えば簡単に行ける国だから、学びたいと思っているのだ。お隣の国だしね。だけど、やっぱり一番好きなのは、英語とイギリスとなのだ。でも、英語は行き詰まっちゃってる。先日、Gerryの”300”の記者会見を見てたんだけど、わかんねぇ。悲しい。Gerryがなんかジョークを言ってるみたいんだけど、笑えない。どうしたらあれが分かるようになれるのかな?脇にネイティブの人を置いて、いちいち解説でもしてもらわない限りムリよ~~~~~~~。

しかたない、やっぱり韓国語をやるか。
[PR]
by the_big_blue | 2006-11-25 21:09 | Language, health

b0021101_1952384.jpgクライブ・オーウェン主演の映画 "グリーンフィンガーズ”を見ました。
英国映画。1時間半なので、軽く楽しく見られます。実話だそうで、刑務所に入っていた受刑者達が、矯正作業としてのガーデニングに目覚めてるという話。まるで、文部省推薦のような、正しく良いお話です。イギリスの綺麗な風景や建築物(コッツウォルズ!とサリーで撮影)や自然やお庭が見られるので、私はとっても幸せでした。

クライブさんは、人生を諦めたちょっと屈折した受刑者の役。でも、彼が園芸に目覚めて、人を再び愛する自信を持ち、人生に希望を見出していく姿が微笑ましい。安心してみることが出来る映画です。

ゴスフォードパークでも共演していた、ヘレン・ミレンが有名園芸家の役ででていますが、コミカルでなかなかいい感じ。そして、共演の俳優さんたちも、地味ながら良いです。特に、クライブ氏を導いていくおじいさんがいいイ!誰なんだ彼は?

ちなみに、greenfingersとは、園芸の才能があるひと、という意味です。優等生映画ですが、5点満点で★★★★。たまには、こういうひねくり回さない正しい映画もいいです。
[PR]
by the_big_blue | 2006-11-25 20:40 | Entertainment

b0021101_1392630.jpg前回の "キングアーサー”の感想

クライブ・オーウェンは好きなんですが、見た映画はイマイチのものが多い。だって、”キング・アーサー”でしょ、”すべては愛のため”にでしょ、”クローサー”でしょ。映画がイマイチだったのに、彼に魅力があるということは、見るほうの私に問題があるのかなと思って見直しプロジェクト開催。まずは、”キング・アーサー”レンタルしてきました。

以前見たときは、ちょうどイギリスに興味を持ち始めた頃で、”アーサー王伝説”について知りたくて見ました。今も詳しくは無いですが、当時よりは大分イギリスに関する理解や知識が増えました。この映画を見たときは、クライブ氏はたまたま出ていたイギリス俳優というレベルでの認識。さて、今見たら自分はどう感じるのでしょうか??

前回の感想はブログを参照してください(上記リンク)。とにかく、話を覚えてないんです。意味不明、退屈な映画で、主役がダサくて、カリスマ性のない、地味で、暗かったという印象しかなかった。最悪じゃんね。

今回見直してみたら、全然飽きなかった。だって、ストーリーをほとんど覚えてないから、新鮮だったんだも~ん。今回はクライブ氏のことが気に入っているので、姿を見るだけでもわくわく。なんて現金なんでしょう。ただ、前回と同じく、”まじめな騎士のお話”だったという印象は変わりません。

キーラ・ナイトレイは好きな英国の女優さんですが、この映画にはミスキャストかもね。痩せすぎで胸なさすぎ(胸入れたら、かなり魅力は増すでしょうね)、色気がなさすぎ。撮影当時は10代だったから仕方ないか?でも、”プライドと偏見”では、高感度の高い知性と色気をかもしだしていて良かったですけどね。

この映画で、アーサー王より目立っていたともっぱらの評判のランスロット役の ヨアン・グリフィスは確かに素敵ですね。海版”炎の英雄シャープ”と言われている、彼の”ホーンブロアー”のホレイショーを見てみたいです。TSUTAYAにはレンタルは無かった。「オスカー・ワイルド」「タイタニック」「ブラックホーク・ダウン」はどれも見ていますが、全く彼の記憶はなし!

前回は、不完全燃焼で見終わりましたが、今回は歴史ものとして楽しめました。見る方の知識がないと宝の持ち腐れになる場合もありますよね。確かに、地味なアーサー王ではありますが、監督がアーサー王の人間性を描きたかったと言うのを聞いて、それならば伝わっていると思いました。クライブさんは、あまり馬術や剣術には慣れていないようで、戦う姿はちょっとたよりない・・・(苦笑)。Gerryのアッチラ大王に負けてましたよ。でも、惚れた目で見ると、落ち着いた声、誠実な瞳、優しい心にじーんときますね。しかし、どの話も西洋の騎士ものは一緒だな。指輪物語も似たようなもんだし。

特典映像に、別バージョンのエンディングがありました。こちらのほうが甘くなくて好き。前回の星は★★でしたが、今回は★★★まで増やします。でも、やっぱり冒険活劇ものには、主役にカリスマ性と、内容にスペクタクル性が欲しかったと思います。ちと真面目すぎた。
[PR]
by the_big_blue | 2006-11-24 11:22 | Entertainment

b0021101_11183633.jpgここ数年、素敵だと思う俳優さんはなぜかエゲレス人ばかりなのだ(途中で、韓国に浮気したりはしていますけどね)。特に、ショーン・コネリー、ジェラルド・バトラー、ショーン・ビーン、コリン・ファースそして、クライヴ・オーウェンはもろツボです。並べてみると、おっさんばかりか?

今は、クライブ・オーウェンモードに入り中。先日見に行った、”トゥモロー・ワールド”のセオはちょっと人生に疲れた男、でも心に秘めた誠実さが印象的。映画は、いま一つだったけど・・・。フィルモグラフィー調べてたら、地味に彼の映画見てましたねぇ。

・すべては愛のために → タダ券でたまたま見た。近年最悪の陳腐なラブストーリーだと思った。ジョリーはクラシックな女性を演じようとしたいたが、虎に着物を着せるみたいに似合っていなかった。だ、その時の相手役の俳優さん(クライブ氏)を素敵と思ったのは覚えている。

・ボーン・アイデンティティ → 見たけど、クライブ氏がどこにいたのかも記憶なし。

・キング・アーサー → 退屈した。鳴り物入りのブラッカイマー製作だったが、カリスマ性の無いイモくさいキングアーサーだと思った。ランスロットのほうがハンサムで目を惹く。

・シン・シティ → Cartoonを劇画にしただけあって、今までに無いタイプの映画。Niseに近いサウンドと漫画チックなモノクロの画面がかっこいい。ここでのクライブさんはめちゃ渋い。ミッキーロークが見ていて辛かった。

・クローサー → 賞関係で一番評価されているのはこの映画。だた、期待外れ。今思えば人間の情けなさを描いたという意味では興味深い映画だったのかも!?クライブ氏は、舞台ではジュードロウの役を演じていたらしい。ジュード・ロウが苦手。超スケベな医者役のクライブ氏は、いやらしさ全開で、嫌なのに魅力的だった。

・ゴスフォードパーク → ロバート・アルトマン監督、最近お亡くなりになりました。この映画が大好きです!!とにかく、話も面白いし、文化的にも面白い。お勧め作品。ここでのクライブ氏は寡黙で謎めいた人物。しかし、押さえた色香がとめられないって感じ。この映画で落ちた。

ただ、クライブさんって、とっても微妙なラインにいるんですよね。一歩間違うと、とってもイモくさいんだよ。しかし、黄色が買った緑色の瞳がなんだか寂しそうでいいです。若いころの姿は、濃すぎ~。顔立ちが綺麗なハンサムでなく、内面からにじみ出る魅力(とっても地味だが)があるんですよね。ナショナル トレジャーの”ハゲ”さんにそっくりだとか、サタデーナイトにフィーバーしている人に似ているとか失礼なコメントもよくネットで見かけますが、一緒にしないで~~!!見ていない作品(下記参照)、まだあるので、楽しみです。

・グリーン・フィンガーズ→たぶん、私好み。今週末見ます。

・インサイド・マン→豪華キャスト&スパイクリー監督。近日中に見る予定。

・すべてはその朝始まった→未公開映画だがDVDレンタル始まったので、近日中に見る予定。

・ブラザー・ハート→アマゾンで1500円。でも、値段なりの内容らしい。

・ベント/堕ちた饗宴 (レンタル調査中)

・ルール・オブ・デス/カジノの死角 (レンタル調査中)

・クローズ・マイ・アイズ (英国密林にはあり)

・ブルーム (英国密林にはあり)
[PR]
by the_big_blue | 2006-11-24 09:10 | Entertainment

ジェラルド・バトラー と クライヴ・オーエンファン は絶対必見

久々に、英国モードに戻っています。急にこのサイトのこと思い出しちゃってね。GerryとCliveの超ジュルジュルサイトです。比べるとさぁ、やっぱりGerryのほうがハンサムでかっこいいよねぇ。映画界での地位はクライブ氏のが高くなっちゃったけど。上のリンクをクリックしてください。

お楽しみあれ。

あと、おまけです。動画のすごいのみつけちゃった!これも、GerryとCliveの画像。嬉しすぎ~~。アッチラ大王は半端じゃなくかっこいい。下をクリック ↓

Just a little crush
[PR]
by the_big_blue | 2006-11-23 00:04 | POTO-JOJ, Gerry