<   2014年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

"X-MEN シリーズ見てます:ウルヴァリン見ました"でブログをかいたのですが、5月30日に公開されたばかりの X-MEN: フューチャー& パストを見てきました。

六厘舎でつけMENで腹ごしらえした後に、X-MEN(笑)。発想がおっさんくさいね、私。

飽きることなく一気に見られましたね。とても面白かったです。132分もあったようですが、長いとは感じなかったです。何度も見るのはキツイと思いますが・・・。この映画の存在を映画館で知り、プロフェッサーXの若かりし頃の役でJames Mcavoy君が出ているということだけで見ようと決めていました。映画とソフトで世界で7000億円の売り上げを記録しているX-MENシリーズですが、過去作品を見たものの、X-MENのファーストジェネレーションと、ウルヴァリン以外は(SAMURAIは見ていません)私にはじいさんどうしの念力争いの映画にしか見えなかったです。正直言うと、X-MENシリーズはあまり好きじゃなかった。同じマーベルのアベンジャーズの方が好きです。ですが、マカヴォイ君が出演したX-MEN ファーストジェネレーションが凄く面白かったので、今回の映画には期待していました。

過去の作品を見たその苦労が実りました!この映画は、登場人物のプロフィール、人間関係を理解していたほうが絶対に楽しめます。多分、何も知らないで見たら、訳が分からない気がします。最低でも、X-MEN ファーストジェネレーションを見てからの方が良いと思います。これは、ファーストジェネレーションの続編にあたるそうです。

マカヴォイ君は、いろんな訳が出来る役者さんです。童話の登場人物から、アクション映画の主人公、女性のが焦がれの男性も出来るし、どうしようもない奴まで演じられます。真面目一本やりにしか見えないつるつるのプロフェッサーXと、頭ぼさぼさふさふさの若かりしマカヴォイチャールズXが同一人物とは思えないのですが、それはそれとして、魅力一杯ですね。マグニートーに撃たれ、歩けなくなり、特殊能力を失い自堕落になっていた彼も魅力的。ファスベンダーさんも素敵なので、アメコミファンだらけでなく、女性にも人気が出る映画ではないかと思いました。

この映画は、プロフェッサーXとマグニートーの痴話げんかとも書かれてるのを良く見ます。ファンアートも多く、あちらの腐女子(?)にも人気がありそうですね。私は、腐女子じゃないですけどね。

今回大活躍だったのが、ウルヴァリンでしたね。レミゼの時は、がりがりに痩せておじいさんぽくなってたヒュー様は、このときは筋肉もりもりで頼もしいです。ミスティーク(ジェニファー・ローレンス)もスタイルが良くて、うらやましいと思って見てました。

途中、マグニートーがヘルメットをかぶったあたりから何をしたいのかが良く分からなくなっちゃったんだけど、あの2時間は現実世界から離れて、リフレッシュできました。最近、CG技術が進みすぎて、なんでもかんでも作れちゃうから敵は全然死ななくなるし、似たような感じのものが多いのは事実ですが、アクションシーンだけではなく、人間ドラマも上手く絡ませていたので他とはちょっと違うドラマになっていたかな?

ちょっとしか出てこないんだけど、クイックシルバーー役の子のキャラが凄くいい感じでした。


じいさん同士の念力争いとか失礼なこと書いていましたが、重厚な二人の存在も重要です。全員並ぶと壮観。いろいろ分かってくると、自分の持っていたX-MENの印象も変わっていきます。



3人が仲良さそうでいいですね。何言ってるかわかんないけど・・・。


でも、見に行くならある程度予習していってくださいね(しつこい)。
[PR]
by the_big_blue | 2014-06-01 18:54 | Entertainment