K.will JAPAN TOUR ~Amazing 2013!~ @中野サンプラザ

b0021101_8395976.jpg

昨日、2月24日に中野サンプラザで開催されたK.Willのコンサートに行ってきました。前回は去年の6月だったので、7ヶ月ぶりですね。忘れないうちに書くよ〜。

今回は生バンドとヨジャダンサーが4人での構成です。今回は通訳さんが逐次通訳してくれました。K.Willくんは早口だから大変だったと思いますが、タイミングよく訳してくれるからテンポが崩れずにトークが進みました。

おとといは神戸、明後日福岡の日本ツアーです。私がK.Willくんのコンサートに行くようになりこれで4回目になっちゃいました。年1回のコンサートだからいける限り行きたいと思ってるアーチストさんです。

今回の座席は後方でしたが真正面だったのでバランスよく見えました。K.Willのコンサートは座席に関わらず絶対に満足できると思います。とにかく、歌が素晴らしいです。彼の声は伴奏なんか要らないぐらいの武器だと思います。会場が轟く感じです。

会場も回を重ねるごとに大きくなり、人気の高まりを感じます。今回の日本青年館は2200人収容。ファンも若い子が結構来てて、平均年齢がぐっと下がった気がします。すこしは居場所残してね・・・・。ペンライトは今回から公式のみのアナウンスが流れました。つうことで私は手ぶらで応援。すいません。

今回のK.Willくんのコンセプトは”バンパイア”。マイクにドクロがついてた(爆)。ティムバートンみたいな奴。

大人の色気漂うバンパイアなんだけど、そこはK.Will君なのでただのバンパイアじゃない。クリスチャンで、キムチを愛し、明るいライトの中でコンサートをしてしまう、十字架もにニンニクも日の光も大丈夫な普通のバンパイアと違うし、独特の少しドジで可愛いバンパイヤなのでした。

途中に歌と歌の間に映像がいくつか使われているのですが、どれも秀作。前回のコンサートでも感じましたが、やっつけ仕事じゃないのです。まるで映画みたいなハイクオリティ!もしかしたらソウルコンで使ってる映像かもしれないけど、日本語ナレーションがついていたり、日本仕様になってて、頑張ってくれたのが分かります。笑えるし、でもちょっと胸がキュンとなるような映像でした。

コンサートは2時間20分位。前よりちょっと長いかな?ソロコンで2時間越なんて、喉の負担も大きいだろうし凄いね。

BTW, 水を飲むと大絶叫になるのお約束なんでしょうか?(笑)それも半端ない叫び声が聞こえるんですけど・・・。

コンサート前半は新しいアルバムから歌いました。今回は英語の歌はなし。日本語歌は、小田和正の”言葉にできない”。日本語の発音も綺麗。優しい歌い方のK.Willくんも良いですね。

K.Will君は、ライブならではのパワフルで切ない声が魅力です。歌うと首が真っ赤になるのがセクシーです。そして、やさしくしっとりとバラードも歌い、強さと柔らかさをもったステージです。

途中でK-POPの話を始めたので何だろうと思ったら、自分の歌にはノリノリ曲が少ないから友達の歌を借りますと。Beastの最近流行った歌→Bigbangのファンタスティックベイベに変わり会場凄い盛り上がり。後ろにいた韓国人グループはすごい盛り上がってました。結構、コンサートでYGの歌歌うよね?勝手にテソンとのコラボを夢見ながら聞いてました。江南スタイルでさらに盛り上がり。踊るK.Willくん!いろんな姿を見せようと頑張ってくれています。

毎回思いますが、K.Willくんのコンサートは雰囲気が熱くては暖かい。毎回かなり熱狂的ファンさんかいらっしゃってて熱心に応援されてます。まわりの観客も最初は恥ずかしがって大人しいけど、段々乗って来る感じ。

K.Willくんも曲紹介は日本語で頑張ってくれました。カムバックの頃、ダイエットしてて痩せすぎかなって感じでしたが、それよりはふっくらしてて、カッコよかったです。髪は最初はモップヘアだったけど、途中からきれいにブローして出てきました。

歌もいいけど、トークも楽しみ。若干自虐的でシニカルなんだが、彼の暖かい人柄とうまい感じに合わさり、オモロい〜。会場からは、可愛い~~って声があちこちから聞こえました。

ノリノリも楽しいけとバラードは座らせてくれてじっくり聴けるのがいい。コンサート用にアレンジも変えてきます。CDより上手いというライブの神髄。聞き入っちゃいます。そのせいで逆に眠くなるときかあった・・・(汗)。

SE7ENやK.Willくんのような一人でがんばる素晴らしいアーチストさんたち、ほんとに大変だろうし、凄いと思います。

最後に日本語で手紙を読んでくれました。コンサートでは明るい自分が、アルバム制作やコンサート準備の時はとても神経質な人間になると言ってました。半端ないプレッシャーから逃げ出したくなるし、期待に答えられるだろうかと押しつぶされそうになることもあると。でも、歌手になる夢がかない、想像だにしなかった日本ツアーまで出来るなんて、一番幸せだと言ってくれました。(記憶をもとに書いてるので少し違うかも)

イェソンペンにしか関係ないですが、あと、歌の途中で、いきなり日本語で”起きたら電話して”言うからびっくりした。”帰ったら電話して”かと思って焦った。そういえば去年もここの歌詞を日本語で歌ってたかも(笑)。

ドラマ”最高の愛”のOST曲も歌ってくれました。ライブ曲のレポが無くてすいません。どれもすばらしかったけど、曲名とか把握してないし、細かく覚えてない・・・。でも、デビュー曲を含む過去の有名な曲を沢山歌ってくれましたよ。支離滅裂レポートですが、堪能しました。また、日本にきてくださいね。

明日の初福岡公演の大成功を祈っています。
[PR]
by the_big_blue | 2013-02-25 08:39 | K.Will